■活動時期:6月下旬
■ねらい:絵の具遊びを楽しむ
■材料用具:画用紙(白茶)、絵の具(青の多い紫、赤の多い紫、茶色+黒)、タンポ、筆
■導入:ぶどうの写真を見てから描く。
■東京都東村山市秋津幼稚園の実践です。
 2歳児のこの時期では筆と絵の具では塗りつぶしてしまう子がいても当然です。タンポはポンポンと叩くだけなので、そんな子にも適した用具と言えます。
 2色のタンポは同時に出して、茶色の軸の絵の具と筆は時間差で出しています。時間差で絵の具を出すのは禁じ手ながら、まだ経験の少ないこの時期なら「絵の具遊びを楽しむ」程度のねらいで充分でしょう。1枚目の作品は軸を描いた後からもタンポを楽しんでいる様子が見えます。
 この実践の良さは指導者が準備した絵の具の色です。実際には両方の色ともやや濃いですが、どちらにしてもリアルなぶどう色ではありません。また、一房にこれだけ色調の違う実を付けるぶどうも存在しません。でも、「色遊び」として見ると綺麗な仕上がりになっています。軸の茶色を加えるだけでぶどうの房に見えるのも絶妙な工夫です。
■活動時間:2分〜6分

楽しいから好き!が合い言葉。子ども達も保護者も通いたくなる幼稚園を目指して