墨+コンテ(年少) 2学期(年少) 描画年少

年少・オニ(墨+コンテ)

■活動時期:11月上旬
■ねらい:墨での線描 コンテの使い方の確認
■材料用具:画用紙(ミルク)、墨、コンテ(黄、赤、緑)(黄、赤、青)
■導入:写真を見て特徴を話し合う。
■2クラスの実践です。設定のコンテの一色が緑か青の違いだけです。
 今年度(2021年)の描画展でこれまでに公開していない作品をクラス全員分を写真撮影してもらい、公開予定だったのですが、全員分を見ると、形が整っていない作品も多く含まれていました。その技法がパスでの線描後の彩色でした。パスなら描きやすそうだからと考えた結果、テーマ設定が難しかったと判断できます。確かに年少とは思えない作品もありました。それらが描画展で展示されていたのでしょう。描ける子のためには良い作品でも、クラス全体を考慮すると公開してはいけないと考えました。
 墨は子ども達にとって難しそうです。でも、このテーマも顔が描ければ形になります。指導者は描ける子、描きづらい子の両方に配慮しなくてはなりません。この時期の「パス+絵の具」の実践そのものを否定しませんが、テーマ設定時に「パスは描きやすい」と考えるのは問題がありそうです。
■活動時間 線描:7分〜15分 彩色:8分〜20分

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。