お時間があれば

園長のこぼれ話

 一日目終了(2022.1.22)
■9時スタートで終了は6時の拘束時間は9時間。途中、30分の昼食と、5分程度の休憩を数回挟んだだけなので実質でも8時間。でも、この程度で収まるようになったのは最近のこと、勉強会が始まった頃は、2日間、ホテルに缶詰。昼食も夕食も部屋内で食べ、翌日もレイトチェックアウトぎりぎりの4時近くまで。園長先生方は2日間のどちらか参加されますが、私は2日間連続。当時は参加園も今より多かったのと、現場の先生方の理解が不十分で、ビデオを何度も戻したり、ときには狭い部屋で実演して見せたりでした。まず、音楽、音楽と何度言ったことでしょうか。そんな指摘はもう必要ありません。小さなアドバイスだけで済むので、ビデオを拝見する程度で済みました。それだけでも8時間かかるのですから、音楽に捉え方まで言及していたのでは、こんな時間には終われません。継続の力ですね。
■夕食後、立川市のホテルまで送っていただきました。明日は国分寺市の幼稚園でDVD研修です。
■今日、参加園が取り組まれた作品は次の通りです。
 満三歳:ブレーメンの音楽隊、オズの魔法使い、桃太郎
 年少:一寸法師、シンドバッドの冒険、金太郎、さるかに合戦
 年中:ムーラン、白雪姫、くるみ割り人形、ライト兄弟
 年長:母を訪ねて、フランダースの犬、ヘラクレス、山下清、ルパン三世
 昨年度、当園で取り上げた作品が中心です。明日の園はどの作品でしょうか?

 プレビュー?(2022.1.21)
■年中が講堂で発表会の一部をご覧いただきました。大勢お越しいただきました。当日が益々楽しみになられたのではないでしょうか?今日の年長のつぶやきに「発表会、緊張する」とありました。講堂での発表会活動だけでも緊張するのは何故でしょう?私が見ているから?それだけではないでしょう。出入りや小道具の準備など、作品が出来上がる毎に複雑になります。その子に対して、「まだ本番じゃないから大丈夫!」と別の子。舞台裏では、いろいろあるんですね。
■今日も一日、いろいろありました。歯のトラブルで放課後歯医者に走ったのが一因。発表会の反省会をしての終礼後、2月、3月の予定表を修正すると、短時間で出張準備。忘れ物はないか、頭をフル回転させるも空回りしていたようで、パソコンの充電器等を忘れて、コンビニで購入。
■都内にいます。一番ハードな研修会です。関東地区の園の発表会をビデオでチェックします。予定では8時間。集中!集中!明日、一日では終わらないので、日曜日には園に直接伺います。発表会漬けの毎日は続きます。

 分かることが増えると…(2022.1.20)
■何故か分からないことも増えるようです。動画とWebの話。
■昨日購入したビデオカメラで撮影するも、あるクラスの音声が途切れていました。カメラの所為ではないでしょう。SDカードもほぼ新品。納得がいかなくて、データを直接再生すると、キチンと音も出ます。カメラは成長に機能しています。どうも、SDカードからPCへコピーする際にトラブルが生じたようです。カードリーダー?かも知れません。明日は手持ちの他ので試みますが、動画のデータってとてつもなく重いはずなので(4K撮影などとんでもない!)、無理もないかなと、アナログ的に納得。
■もうひとつはホームページ。発表会の動画はトップページから入られる方が多いでしょう。でも、「園児達の今日」のプルダウンメニューには全クラスのアイコンが貼られていて、そこから各クラスのページに飛べるようにしています。ところが、数日前からリンク切れ多発!ハッカー攻撃?まさか。原因は分かりました。各クラスのページを更新する際、トップページで表示できるように「投稿日」を毎回更新しています。リンク先がそれで変わってしまうようです。リンク先の更新はそれほど手間のかかる作業ではないので、トップページに表示する方を優先します。ところが、何故か投稿日を変更してもリンクが切れない場合もあるのです。新しい疑問点。まあ、これも時折の幸運だとアナログ的に納得。システマティックに学んだのではなく、行き当たりばったり習得だから、問題の解決と疑問が交互に来るようです。
■お母さん方の疑問は今日の年少参観で解かれたのではないでしょうか?「最近、訳の分からない歌を歌ったり、突然奇妙な動きをし始める」との疑問が。身近で大勢の子ども達が動くと、かなりの迫力でしょ?次回の講堂での活動では舞台を使ったり、出入りの動きも入れるそうです。2歳児のポッケが、取り敢えず入場から退場まで講堂で行なっていました。

 どちらのミス?私かな?(2022.1.19)
■発表会DVDの購入調査アンケートに重大なミスがありました。昨年度のアンケートをそのままコピーして文章を多少手直して公開したところ、送信対象が園児ではなく、保護者だったからか、昨年度卒園の保護者も対象者に含まれ(実際はアプリの使用期限は卒園まで)、逆に今年度年少の保護者に送信されなかったのを保護者さんからの指摘で判明。既に回答下さった方には二度手間をおかけして申し訳ありませんが。宜しくお願いします。なお、最初のアンケートの削除もできるものの、最初に回答されて、2度目にされない方の結果も手元に残しておきたいので明日の作業後、消去します。
■アンケート作成作業は私がすべてしていましたが、SOSのアンケートは主任の一人に任せています。今後、購入等を伴うアンケートは事務に頼むことにしました。それほど難しい作業ではありません。ちょっと自身のキャパも見定めないと。
■ビデオカメラを買い換えました。今日も1クラスの音声が途中から消えていたので決心、家庭用としては大きめのサイズ。ズームはとても滑らかに。明日、すぐに使えるように設定して、画像編集ソフトでも確認済みです。
■満三歳児の発表会前参観でした。これから月曜まで参観が続きます。「保護者の方も通いたくなる幼稚園」をこんなご時世でも可能な限り目差します。

 トラブル続出(2022.1.18)
■世界の惨事から見たらナノレベルのトラブルながら、いろいろ。まずは、またもやビデオカメラの音声トラブル。1クラスは音声が画像とが完全にズレてしまい、2クラスは全く録音されず仕舞い。SDカードは今回新たに購入したのを使っているのでカメラの不具合なのでしょう。何とかしなくては。だから今日も3クラス分がアップ出来ませんでした。時間的な余裕はあったのですが…。
■3学期の「こんな歌、歌う」の年少、満三歳児用を印刷し終わったので、明日持ち帰ってもらうように伝えると、教員から、年長、年中の分の印刷がまだだと。これは全く思い込みのミス。印刷済みだと。なので、急遽、印刷開始。刷り終わった分を紙折り機に掛けていると、普段、まずない紙詰まり。余分はあまり印刷していなかったので再度印刷の予定。ところが、今度は印刷機自体が普段起こりえないトラブルが発生。業者に電話で問い合わせても解決しません。なので印刷中断。
■100ナノmが暴れ出しています。陽性だけではなく、濃厚接触者にならないために不織布のマスクを着用しましょう。
■ブタが夜行性だとは思えないのに、元気にしているか覗きに行くと、必ず小屋に近付く前に待ち受けています。今夜もそう。臭覚が鋭いから?私ではなく、手にしたおやつを嗅いででしょう。

 とうとう…(2022.1.17)
■常なら、「とうとう終わってしまった」と惜しみながら言うところを、今年は「終われて良かった」と安堵の方が強いです。年長の新春お茶会も、お母さん方への一服は控えたものの、ほぼ例年通りに行なえました。この先の行事もつつがなく終えられることを念じて止みません。
■何と今日は講堂での活動を全部動画でアップできました!講堂での1クラスの活動時間が少し延び、途中で、5〜10分ほど空き時間が出来たら、SDカードを交換して3階自室で少しずつ動画の作業に取りかかったから、放課後の反省会に1時間半ほど時間を取られても、6時頃には完了。動画再生回数は手元で確認できます。かなり見ていただけているようなので、極力当日講堂で活動した全クラス分をアップするように努力します。再生回数で生活してはいませんが、励みになります。
■前日と違っている所がアドバイスした点です。是非見比べて下さい。ゼロから完成までの過程を理解していただけるでしょう。

 我々もエッセンシャルワーカー(2022.1.16)
■濃厚接触者になって2週間の隔離だと幼稚園も大混乱になります。6日目に検査して陰性なら解除される方針は歓迎です。幸いにもオミクロン株の実態把握を政府もしてくれているようです。現在の二類感染症から五類に引き下げるのが難しくても、いくつかの自治体ですでに実施しているように、保健所経由でない検査、治療に切り替えるべきでしょう。自宅療養中に失われた命を尊ぶなら。
■風呂の蛇口を交換しての初めての冬。給湯器の温度を高めに設定しても、この気温では温く感じつつも我慢して入っていました。昨夜、もしやと、蛇口の温度を上げて溜めると適温に。何でも試みるべきですね。で、今夜もポカポカの湯船に浸かれました。明朝は今朝ほどの冷え込みはなさそうですが、風邪を引かないように温かくして休みましょう。

 進化していました(2022.1.15)
■楽譜作成ソフトでの入力が終わりました。手元には約25年前に購入した際の分厚いマニュアル本があり、そこにバージョン3と書かれていました。現在使っているのはバージョン26。かなり進化していて当然ですが、当時から歌詞入力方法は2パターンあって、当時は良いとされていた方法でずっと行なってきました。その作業上での改善もなくはなかったのですが、今回、別の方法を試みると、とんでもなく進化していて作業時間の短縮につながりました。基本的な考え方は当時と変わらないものの、キー操作が実にシンプルになっていました。今まで行なっていた方法と立場が逆転していました。長い間、バージョンアップしていなかったので(日本でのライセンス取得会社がコロコロ変わっていたのが原因)、いつからシンプルになったのかは浦島太郎。以前、習得した技術や知識に固執していたら化石になりそう。
■午後から、満三歳の大きな場面の動きをチェックしました。満三歳児の教員達は主婦が主で普段は時短勤務。なので旦那さんが在宅中に子ども達を見てもらって出勤。ひとつのクラスの動き(ステップ)はとても複雑。でも、音楽は充分表現できているので満三歳児がどう捉えて動けるか、多少実験的な要素もあって、楽しみです。

 ドキッ!(2022.1.14)
■今週の子どものつぶやきを入力していて、一瞬、ドキッ!それがこの言葉。
 「発表会 ささっと 終わりたい」
 発表会が嫌なのかと思いきや、友達が「なんで? 発表会 いっぱい やりたいじゃん」と言うと、その子、「だって 早く ママに 見せたいんだもん!」
■年中女児達の会話です。採録した担任も一瞬驚いたのではないでしょうか?最後はオチのようで安堵。まだまだ始まったばかりなのに、早くもお母さん達に見せたいのは作品そのものではなく、楽しんでいる自分の姿なのでしょう。
■今日、舞った雪の話題も採録されています。「雪だるま」「食べたい」は雪をあまり知らない子ども達の憧れですね。北海道のメル友からの写真です。非日常の雪だから憧れるでしょうが、生活者にはこの上ない邪魔者。でも、それで生活している人も。人の営みの深さでしょう。

 トラブル、続々(2022.1.13)
■SDカードで動画を撮影している際、トラブル表示で「検証中」が出て、短気な私には堪えられないほど無機質なマークが動くだけ。それでカメラの内蔵メモリに切り替えて撮影。ところが、編集中、あるクラスの音声が途中から消えています。波形で見ても底辺に一直線だけ。「検証中」が出たのがそのタイミングではなかったはず。まあ、容量の大きなSDカードはかなり働いてくれていたので、万一のため、予備のつもりでネットで購入していました。明日はそれを使います。カメラ内蔵のメモリだと、カメラ毎、移動させなくてはなりません。三脚に固定しているので手間です。
■舞台の幕は自動操作。入り口付近の放送機器の中に固定のコントローラーがありますが、普段は誰もそこにはいません。ピアノを弾く教員が開閉できるようにリモコンをピアノに置いていますが、それが昨日から見当たりません。見つかっても予備用にと業者さんに昨日頼んで、今日の放課後教員達が再度家捜しするとピアノの中に落ちていたとか。注文した予備用は私が管理しておきます。
■全く私的なトラブル。数日前、コーヒーメーカーのポットからコーヒーが漏れていました。よく見ると底の一部が欠けていました。ネットでポットだけ注文して、今日届いたので明日から使えると喜んだのに、型番が違っていました。きちんと調べたはずなのに。それで再度発注。でも電化製品の付属品って本体に比べて高いですね。
■単なるボケだけではないものの、その他、ボケと思われても仕方のないミスが続いています。気を引き締めます!

 水曜日だから(2022.1.12)
■講堂での活動時間も短いし、逆に放課後の時間は1時間半長いので、反省会の前に動画編集をすべて終えられました。ただ、今後も全部はやはり無理なようです。まだ一度もアップしていないクラスを選んで編集します。どの場面をしているかは子ども達からお聞き下さい。ぼかしをかけていても、分かりますよね。昨日と全く違っているクラスもありますが、放課後の反省会で手直ししたからです。年長や年中は音楽が入っていたらすぐに切り替えができるのは不思議です。完成までに紆余曲折があるのが動画でならお分かりいただけるでしょう。
■年少と満3歳児の挿入歌、エンディングの歌の替え歌をFinaleという楽譜作成ソフトで作り始めました。何でもできるソフトって、それだけ面倒で、はるか昔の導入時は作曲家のプロに電話で何度尋ねたことでしょう。今、教員達が使っている楽譜作成ソフトはPDFデータを読み込むだけで、そのまま楽譜にしてくれます。歌詞を入力すると歌ってもくれるらしいです。でもマック版はありません。ただ、マックユーザーはその疎外感がたまらないというひねくれ者が多そうです。

 ごめんなさい、初日から(2022.1.11)
■毎日の講堂での発表会をアップするなんて言いながら、ごめんなさい、一部しかできませんでした。ひとつはSDカードに録画したつもりが、カメラの設定が内蔵ディスクになっていたようで、そこから引き出すコードを探し出すのに時間がかかり、しかもハードディスクにコピーする時間もかかりました。最初の動画を見ると、どう考えても今日のものではありません。各クラスにタブレットを導入してからは担任達各自がクラスのタブレットで録画しているので、もうかなり前のデータ。今日だけでも21クラス分。結局今日の活動の最後から編集しました。ところが、何故か音声が出なかったり、音と画像が微妙にずれていたりで、ギブアップ!他の仕事もあるので、時間の許す限りということでお許し下さい。新年早々、嘘をついたようで心苦しいです。

 初出勤(2022.1.10)
■今夕のテニスで、3日出勤して、また3日休みで調子が上がらないとぼやいている人がいました。長めの休みをいただいて、祝日の今日が初出勤でした。
■午前中は各自の仕事をして、午後からそれぞれに発表会の準備をしていたようです。私も2歳児、満3歳児、年少の作品の下準備状況をチェックしました。ほぼ完成したクラスもあれば、選曲のし直しをしたクラスも。経験年数の少ない教員達は音楽をどう表現に結びつけるのか苦労します。今日は解答は出さず、ヒントだけ。
■明日、登園するなり発表会活動が始まります。全クラスが10分刻みで講堂に来るのをチェックします。毎年初日が一番キツいです。今年から講堂での発表会活動はすべて動画でアップします。
■ブタ君達は園庭に引っ越ししました。小屋にも防風対策を施して。今夜、テニスの後、見に行くと、廊下の電灯をつけると2匹とも待ってくれていました。園庭を1往復走りました。もちろん、手にしたおやつ目当てで。

 心配事は尽きません(2022.1.9)
■1年前はワクチンの予防接種も始まっていなくて、年末の人流増加によって感染者数も増え、不安ばかりが募っていました。状況は当時とは違うものの、欧米では航空業界関係者が陽性になって欠航する事態も。吹田市からの通達ではこれまで通り授業を再開するとのことですが、教職員が万全の体制でいられるかどうかの不安は拭いきれません。7日の金曜日、博多駅近くの飲食街を通ると、どの店も満員でした。もちろん入店はしていませんが、人流の増加は喜ばしくも、不安も募ります。3学期が無事に過ごせますように。明日から教職員達が出勤します。

 暖かな一日(2022.1.8)
■保育園なので土曜日は基本お休みですが、事前に園から頼まれていて多くの子ども達が登園し、舞台で発表してくれました。基本、1学年1クラスでも、年少までは2クラスに分けて、それぞれ違った作品を作られています。0歳児も単独で2作品。まだ充分歩けない子もいます。それでも音楽に少しは反応してくれています。以前のというより今でも0歳や1歳の発表会は、保育者に手を取られて舞台に座って、名前を呼ばれたら手を挙げる程度。それよりは、しっかりと教育的刺激は受けているようです。
■拝見して、その場で修正が必要ならやり直しをしなければなりません。やり直しは昼食後なので、時間はあまり取れません。真剣勝負。
■帰りは最寄り駅の始発電車で終点が福岡空港駅なので寝過ごす心配はないものの、何度もうつらうつら。

 吹っ飛んだ!(2022.1.7)
■ちょこっと正月気分の最後に昼食を摂っていると、取れました、あの前歯。1ヶ月ほど前にも取れました。歯医者さんは新しい方法を考えておられるようですが、詳細は分かりません。なので正月気分も吹っ飛んで歯医者さんへ直行。帰宅後、着替えの時間程度しか残っていません。何とか間に合いました!
■今夜は博多駅付近で泊まっています。初出張恒例は隣の糸島市の保育園。発表会を拝見します。この時期にはほぼ完成されています。
■スマホを買い換えた際、時計も一緒に変えました。前回の九州出張では電車や買い物の実証実験。買い物は上手くいきません。でも、飛行機も電話もスマホで対応できました。その際、時計で改札を通る人を見かけたので、設定方法を友人に尋ねて、できたつもりでも、実際に作動してくれるかドキドキ。通れました!買い物も手間取ってますが出来るようになりました。そうそう、今日は違う航空会社を利用。アプリ操作が別の会社と違います。検査所でモタモタしていると後ろの人が教えてくれました。販売元のサポートセンターへの電話に始まり、いろんな人に教えてもらって出来るようになりました。Z世代並みとはいかなくても、Z世代にバカにされない程度には使えます。

 ちょこっと正月気分(2022.1.6)
■スーパーで買ったおせち料理だけで三が日が過ぎました。もしかと、ちょくちょく行く食事処に電話で問い合わせるも、どこも満席で断られました。昨年の正月は簡単に取れました。それだけ人の往来が増えたのでしょう。今夜の食事処は1ヶ月ほど前に予約しておいたので、伺って正月を味わいました。雑煮も白味噌。向付にはおせちに入っているような珍味がいろいろ。普段は車なので御神酒はもちろん控えています。なので、近くのホテルに車をおいて出かけて御神酒も頂戴しました。明日は大阪に戻って荷物を詰め替えて出張です。ちょっこと正月気分を味わいました。明日からは通常モードに切り替えます。
■教員達も発表会の準備のために出勤していました。子ども達も早く幼稚園へ行って発表会をしたいと行っているのではないでしょうか?

 何度か試みるも(2022.1.5)
■昨日、おやつをあげようとブタ君達の小屋に近付いても気付かなかったので、声をかけるとノソノソとまずピー君が出て来ました。なかなか可愛い。でもカメラはなし。それならと今日、彼らが小屋で寝ている時間を狙って、おやつを持って音を立てないようにドアを開け…を何度か試みるも、レンズを向ける前に飛び出してきます。ピー君から遅れてルル君が出てくるのでカメラを向けたままでも良いでしょうけど、ピー君の突進を避けられません。なので今日は失敗。
■もうひとつ撮影したいカットがあるのですが、一日中、彼らに気付かれないように待機するのは無論、無理。私だけの楽しみで終わりそうなので、文章で。
 パティオにあったレンガ一片をピー君は鼻で押してズルズル移動させる遊びに興じています。まあ、たまにですが。
■昨夜、楽しみにしていたスキージャンプ週間の3日目が強風のため中止に。この日、小林陵侑選手が優勝したらジャンプ週間の王者に確定すると期待していたのに。
■なので「こうもり」のDVDを見ました。Batmanではありません。Fledermausの方。年末年始にトスカの上演はないと言いましたが、その代わりに演じられるのがこの喜歌劇。結構ドタバタ喜劇でも、DVDはミュンヘン国立歌劇場で、実際にその舞台も見ているので、場所も時間も戻された気分で楽しみました。指揮者が超一流。画質が劣っても一見の価値あり。
■明日こそ、目覚ましを2台セットして、予定の時間通りに起きます!

 Before&After(2022.1.4)
■塗装前と塗装後です。綺麗になりました。子ども達、気付いてくれるかな?

■そして今日は植木屋さんが大勢で剪定をして下さっていました。年末は新年を迎える前に剪定されますが、正月行事のない幼稚園は三が日明け。塗装屋さんが三が日なのに来て下さったのは、今日、植木屋さんの車両が邪魔にならないようにとの配慮とか。別段、私が連絡したのではないのに、どこでそんな情報交換があったのやら。

■2階の廊下を歩いていると、まだ堅いですが梅の木の蕾が少し膨らんでいました。植物はいつも季節を先取りして準備するのですね。

■これは昨日撮ったピーのひなたぼっこの写真。

■決して夜更かししているわけではないのに、朝寝が酷すぎます。目覚ましをググッと早めて体内時計を戻します。世間は動き出しているのですから。

 そして誰もいなくなった(2022.1.3)
■これはアガサ・クリスティの作品名ですが、そんなオペラがあります。「トスカ」です。主要登場人物がすべて亡くなるのです。だから、記憶では、年末年始の上演はしないとか。何故そんなオペラを正月早々に鑑賞?
■今まで一度も見なかったDVDから「アンドレア・シェニエ」と言うオペラを見ていると、トスカに類似していたのです。政治犯として捕まったりのストーリーだけではなく音楽にも。調べると、ほぼ同時期の作品で、アンドレア・シェニエの台本作家はトスカの台本を担当した一人に加わっていたらしいです。なのでトスカを久し振りに見ることに。そんなに長い作品でもないので、異なるキャスティングのを聴き比べました。指揮者の違いが色濃く出ていて楽しかったです。学生時代はよく聴き比べをしたものでした。当時はレコードでしたけど。それにしても20年、30年前の公演を家で見られるなんて、レコードしかなかった時代から考えたら夢のような時間でした。
■興味のある方はこちらから。
 ベーレンス×ドミンゴ×シノーポリ  グレギーナ×リチートラ×ムーティ
リチートラの日本公演リサイタルの様子。
■この他に時間があるときにと、マイナンバーカードに健康保健証を紐付けしました。他の人のコメントにもあるように、面倒な画面です。無料のニュースサイトの広告のように手続き方法などの動画が何本も貼り付けてあります。とても不親切な使い勝手の悪いサイトです。PCで最初行おうとすると、カードリーダーが必要とか。そんなの誰が持っている?何とかスマホで完了。しかし、健康保険証の携帯は不要でもマイナンバーカードを携帯しないといけないので財布の整理には全く役立たず。そもそもマイナンバーカード自体がゴチャゴチャしずぎ。新生デジタル庁殿、どうぞ頑張って下さい。

 出たいでしょうね(2022.1.2)
■園庭の小屋よりは広くても、駆け出すほどの広さはない所に閉じ込められているのですから、階段を降りて園庭で出たい様子です・ブタ君達。塗装も丸二日以上空いているので乾いてはいるでしょうが、あの蹄。工事はまだ完成していません。傷を付けられては大変です。人様だって長い自粛生活から正月ぐらいはと、初詣はかなり賑わっているとか。気持ちは分かるけど、もう少し辛抱してね。
■昼間、2匹ともひなたぼっこをしていました。写真をと思った瞬間、こちらに気付いて歩き始めてしまいました。そう言えば、先代の写真を古いホームページで紹介していたと思い出し、データを探すも見つかりません。その代わり、丁度、今のホームページに移行する前の、その月のページがほぼ完全な形で見つけたので添付します。もうすでに5年前…。9月の運動会が終わってから、夕方、講習に出かけていました。最初のページがこちら。試しだからか、年少と年中のページしかありません。

■カレンダーの日付をクリックするとそのページに飛べますが、このリンクは全て手作業でした。そう、毎年一年分のページを作って、コツコツとリンクを張っていました。写真を貼るのも毎日手作業。それを考えると今のソフトはとんでもなく効率的です。写真加工ソフトも今のは便利です。もう戻れませんね。

 頌春(2022.1.1)
■新年、あけましておめでとうございます。担任達からの年賀状は無事届いたでしょうか?ブタ君達も元気ですよ。トラには乗ってませんが。
■独身者には便利な時代になりました。おせちに詰める食材が2切れずつの3種盛りで2種類。それを1切れずつ皿に並べると、朝食には豪華すぎるほど。そうそう、雑煮セットも。ただ、残念ながらお澄まし。生家では白味噌でした。まあ、それでも形ばかりの迎春。
■Numbersってご存知ですか?Mac用の表計算ソフトです。PCを買い換えるまではMac版のExelを使っていましたが、新たに買い換えるのも癪なのでNumbersに家移りしました。Exelで作製したデータは問題なくNumbersは開いてくれるので、古いデータを書き換える程度で対応していましたが、今回全く違う表計算をさせたくて四苦八苦。Excelも使いこなしていたわけはなくても、どうしてもExcelの知識が邪魔をします。時間のあるときだから、いろいろ試しながら何とか仕上げました。
■そんな訳で、外に一歩も出ず、PCの前に座っていたので、夕食後、元旦ウォーキングを決意。久し振りに公園の周囲を2周。仔犬の散歩の老夫婦以外には会わなかったです。池には沢山の水鳥が泳いでいました。ジムがほぼ通常営業を始めて以来でした。

 今夜は早めに(2021.12.31)
■いつもは日を跨いでの更新も度々ですが、今夜はそうならないうちに更新しておきます。
■新学期は始まると、とびっきり忙しくなるので、2月3月の予定表を作成していました。そうですね、発表会は大幅に人数制限を実施したようです。配布した資料を見て何となく思い出しています。それで写真の客席がゆったり。今年も状況によれば1家族1名に限定しないといけないかもしれません。そうならないことを願いながら、取り合えず作り終えました。
■スーパーに行くと店頭で花を売っていました。売り場には正月の飾り物も。しかし浄土真宗の末寺に生まれた人間には門松やしめ飾りは無縁。クリスマスツリーも無縁だから地味な宗教?除夜の鐘は寺院ですね。でも当寺には半鐘程度のが2階の軒先にぶら下がっているだけで梵鐘はなく、除夜の鐘をついていた記憶もあります。
■そんなことをぼんやり考えながら帰路につくと、花ぐらいは飾ろうと急に思いつき、途中の花屋へ飛び込みました。食卓に飾って正月準備完了。

■皆様、どうぞ清々しい気持ちで新年をお迎え下さい。

 一年の締め括り(2021.12.30)
■今年最後のジムへ。1年間、つつがなく通えたことに感謝しながら、いつものルーティンを食事時間だからか、貸し切りで過ごせました。出張が入ると週2回のペースは崩れても継続こそに意義があると言い聞かせながら来年も通えますように。
■廊下や階段の塗装工事の写真です。塗り終わった上を歩くと不思議な気分。水藻で覆われた湖面を歩いているようです。


園内の至る所に進入禁止の印。まだ乾いていない箇所。

塗料が剥げると水がコンクリートに浸透します。

いつもは野菜栽培等のプランターを置いているベランダ。

1階の廊下も見違えるようになるでしょう。

青色はマスキングテープ。この作業だけでも大変そう。

 ほぼ幽閉状態(2021.12.29)
■月曜日、工務店さんから1日どこかへ行ってくれないかと言われました。時計塔の階段の塗装をするので1日通行ができなくなるとか。ホテルにでも逃げ込もうかと考えましたが、階段が使えないならブタ君達の食事はどうなる?ホテルに泊まっても1泊なら昼前には追い出されるから2泊!年内に済ませておきたいこともあるしで、幽閉を選択しました。ただし、正面玄関のシャッター部分はコンクリートを剥がして塗るとのことなので1日以上通行止め。工務店さんと相談して、もし、2階まで降りられるのなら、2階の廊下を伝ってスロープで1階に降り、裏門から一旦外に出てから正面に入る動線が確保できると提案して、その行程で工事を進めてもらうことに。今夜の夕食はだから不審者のようにバスの隙間を通り抜け、歩道を歩いて正面から入って車を出しました。これなら雲隠れでも良かったのにと、非現実的な夢想。で、現実に戻って、ブタ君達に食事を与え、撮影。
■動画編集ソフトで、やりたくてもできなことがひとつ。左から右にテロップをスクロールさせる方法。以前はできていました。でもその文字入力機能が将来使えなくなるとの告知があるので、それ以外の機能を使ってタイトル等は入力しています。でもスクロールが!ウエブ上には動画での説明があり、その通りするも出来ない!クラウド版なので最新のバージョンが作動しているのでウエブ上の説明が古いことも屡々。かなりの時間ゴチャゴチャしてると偶然にも今まで隠れていた機能が現れました。それを試していると、動き始めました!歓喜の瞬間です!でも、どうやって?まあ、大体の流れは分かったので次回もあれこれ試みたら覚えるでしょう。是非見てやって下さい!ブタ君達の食事風景を!

 一日が短い!(2021.12.28)
■冬至からまだ1週間なので昼間が短いのは分かります。でも別の理由で短いのです。朝寝坊。目覚ましをセットしても、繰り返しスヌーズが鳴っても止めるとすぐに木阿弥。いつになったら日の出と共に目覚める正統派の老人になれるのでしょうか?
■そう言えば、ショッキングな話。男性の健康寿命は72.68歳、女性でも75.38歳。普通に生活ができる人の年齢。健康に感謝です。普通どころか、コーチからは足が遅いと叱咤されてもテニスも水泳もできているのですから。
■とは言うものの、身体のメンテナンスは必要で、夕方、鍼治療に。睡眠はタップリなのに、刺されたままの針を背中に感じつつもうたた寝。
■鍼灸師さんとの話で、新しいスマホを車内で使うための設定を忘れているのに気付き、帰宅後設定。ここでも新しいスマホの賢さを実感。マックの製品哲学は使い勝手の良さ。それをスマホで再認識しています。

 一安心(2021.12.27)
■寒波でかなり冷えました。昨夜もブタ君達、組み立て式の小さな犬小屋に2匹とも入っているものの、ピーちゃんのお尻は出ています。寒風を直接受けないものの、この気温。心配していました。
■先代ルルとピーの前に、実は1匹、黒いミニブタを飼いました。ある園長先生がミニブタを飼われ、とても賢くて飼いやすいといわれて早速その園と同じ業者に頼みました。来たとき、すでに今のルルより一回り大きかったので動物小屋で飼育していました。ところが寒くなり始めた朝、教員がそのブタ君が横たわっていると報告。すぐに獣医さんに連絡するも、往診に来られたときは息がありませんでした。見立てでは皮下脂肪が少なく、寒さに耐えられなかったのではとのこと。業者は餌を与えすぎると大きくなりすぎるので、掌に乗る程度のドッグフードを1日2回で良いと言われて、それを守っていて悲しい結末になってしまいました。だからではないですが初代ルル、ピーはメタボ体型に。
■今夜は大丈夫そうです。組み立て式の犬小屋を外に出し、吠え癖のあった犬用に作ったブロック小屋全体に小さなカーペットを敷き、その上に犬用の寝床を裏返しにすると、園庭の小屋同様に2匹仲良く潜り込んで休んでいます。防風対策は大丈夫。

 2年前は…(2021.12.26)
■昨夜、5年連用日記の上段を見ると、雲隠れ先の友人達と食事に出かけていたと。その1年前も。Lineで今年の会食の写真を送ってくれました。川沿いの屋外レストランだからでもありますが、20名ぐらいの1名を除いてマスクなし。確かに一時期より感染者は減少しているし、ワクチン接種率も65%ほどに達しています。写真を見る限り、以前と変わりがないよう。それでも政府は公務員のテレワークを正月4日から実施するようにとの通達を出したとか。接種証明書があればすぐに入国できる制度も廃止。雲隠れ先で2週間、帰国後2週間の隔離が必要なら観光客など行けはしないです。ご隠居さんになるのが先か、コロナ禍が収まるのが先か…。
■ブタ君達の食事風景が面白い。おやつを上げても、マイクロブタ専用の食事は運転手さんや教員達があげているので、その面白さを知りませんでした。明日は撮影します。
■ホームページのトップを飾っていた写真でスライドショーを作りました。iMovieで。写真は全部ではありません。私のパソコンに残っているものだけです。あしからず。
■先ほどまで、南座顔見せ公演を見ていました。見たのは2演目で、ひとつは人形浄瑠璃でも見た「曽根崎心中」。私は人形浄瑠璃派。と言っても、もう長い間、劇場には足を運んでいませんが。歌舞伎でも文楽でも、公演時間があまりにも中途半端で、ご隠居さん以外は平日には行けません。イタリアのオペラなど、夜の9時から開始なんてザラ。芝居小屋時代の、食事をしながら一日楽しむ娯楽の習慣を伝統と呼ぶべきかどうか。

 ブタ君のお引っ越し(2021.12.25)
■理由はふたつ。ひとつは寒波。園庭の小屋では風を防げません。動物用のフワフワベッドを裏向けにして、その中に潜り込んで寝てはいますが、心配です。もうひとつの理由は月曜日から緑の廊下部分の塗装。工事が始まると自由に園庭で遊べません。園庭の小屋だけに閉じ込めておくのは可哀想です。
■なので、3階のパティオにお引っ越し。ここは以前、ゴールデンレトリバーが2匹住んでいました。そのうちの1匹が深夜に吠えるので、夜だけ閉じ込められる小屋をパティオの一角に作りました。その中に小屋を置けば風雨は避けられます。この場所、ブタ君達が5月初頭、東京から連れて来られて数日過ごした場所です。
■その後も遊びに来てる場所なのに、何故か落ち着きがありません。園庭の小屋が恋しいかのように、ブーブーと鳴き続けます。多分、ルルの方でしょう、仔犬が甘えるような甲高い声もあげます。でも、ここの方がきっと過ごしやすいよ。
■日が暮れる前にジムに行き、食事も済ませて戻ると、パティオは静かです。様子が見られる廊下に立つと、気配を感じてか、いつものようにピーが先に小屋から出てきました。寝床は確保したようです。おやつを与えた後、ゴールデン用に作った水飲み場は縁が高いのでブロックで階段を作っておいたのを伝い歩きして水を飲んでいたので、これも安心。暫くは、このPCの作業台と壁を挟んでの生活です。

 描画アップ完了!(2021.12.24)
■2歳児から始めた描画アップがようやく完了。ただ、画像処理後、ホームページに貼り付けてクラス全体の作品を見ると、教員の意図が充分伝わっていない実践は残念ながらボツにしました。良い作品もあります。ひとつのテーマに数枚のアップなら可能でも、充分に描けない子が一定数いると実践として何か問題があるはずです。描画テーマは他園の先生方も参考にされているので涙を飲みました。
■他園からデータを送っていただいてた作品も完了、したつもりですが、万一公開されていなかったら是非ご一報下さい。事実、1学期に送っていただいてたもので公開を忘れていたのがあります。
■工事業者さんが朝から夕方まで作業をされていました。今日はどうやら下準備のようです。どんな工事かはこのページでお知らせします。

 何とか(2021.12.23)
■無事、2学期を終えられました。心残りは運動会の中止。それでも他の行事は予定通り進められました。OB会も予想以上の盛況で好評でした。造形参観の混雑を避けるための工夫は平常に戻っても続けた方が良さそうです。皆様のご協力もあり、細々ながらエプロンママも復活。年少の貸出図書も始められました。これからも従来の進め方でない、改善できる点は改善していければと考えています。
■子ども達の姿が消えるとこのホームページのアクセス数も激減します。でも、時折は訪問して下さい。園長は毎日更新します!

 OK出た?(2021.12.22)
■講堂の活動後、年長の子ども達が担任にこう尋ねるそうです。今日の4クラスのうち3クラスは大幅な変更を頼みました。なので「NG」。ごめんね。最初の場面は今後のストリー展開に関わります。登場人物設定、状況設定など、見ている人にしっかり伝わらなくてはなりません。かなり以前は教員のナレーションを挟んでいましたが、いつの間にかナレーションなしで通すようになりました。
■見ている人だけではなく、子ども達が物語に没頭できるかどうかは、この後の表現にも左右されます。1クラスで私の声が入っています。何故、そうするのかを子ども達にしっかり知らせると表現も深まります。そんな小さな積み重ねでひとつの作品が仕上がります。今後も勇気を持ってアップします。
■年度で一番長い学期も明日が最終日。講堂での活動は2歳児だけです。

 方針決定!(2021.12.21)
■1月のせっせっせで毎年紹介していますが、年少までと年中以上では発表会に向けての取り組み方が全く違います。年少までは子ども達が楽しめるステップの場面から始めます。これは指導者がその音楽をどう理解するかの勉強にもなるし、それよりも小さな子は一度覚えたことを修正するのが難しいからです。なので、年少までの動画では何をしているのか全くお分かりにならないはずです。もちろん、教員達はどの場面かもしっかり計画を立てて実践しています。
■年中、年長は物語の最初から始めます。なので、音楽の使い方は勿論、舞台とフロアーの使い方、話の展開方法などのチェックを瞬時に行なっています。完成形をアップしようと昨夜までは考えていましたが、静止画の処理、貼り付けも結構手間がかかります。それをなくして、講堂での活動は随時アップすれば「How to make a drama」になって他の園の先生方の参考にもなるかなと一人納得して、方針決定です。担任達はピアノの音も勿論拾ってしまうのでプレッシャーになるかもしれませんが、子ども達にその場面を下ろすまでに充分弾けないといけません。多少のミスタッチは多めに見てもらえるでしょうから良しとしましょう。
■明日は年長が4クラス。これで一通りチョコッと見ることになります。

 始まりました!(2021.12.20)
■講堂での発表会。子ども達は10分刻みで講堂に来ます。まず最初に来たのは2歳児のグリーンポッケ。まだ教員の動きに合わせて動いていますが、音楽をすでに意識して早めに動いている子もいました。今日は2歳児、満三歳児と年少。もちろん先日まで造形遊びをしていたので、ほんの1曲ずつ。それでもディレクターの園長からOKが出るクラスもあれば、選曲自体、また曲の処理の仕方などを放課後担任達に伝えたクラスもあります。この作業は2月上旬まで続きます。
■動画の方が絶対良いですよね。でも、事情があって園児の顔が出せないクラスが年長と年中にあります。遠目からの撮影で、全体をぼかしてアップしようかなとも考えています。
■予防接種完了証明書をスマホでゲット。やっとマイナンバーカードが役立ちました。このアプリ、世界標準らしく、海外に渡航する際は切り替えボタンを操作してパスポートをスキャンさせるだけのようです。まあ、当分は使わないでしょうが…。

 終わりました!(2021.12.19)
■描画展で飾られた作品からホームページで公開するのを選んで、撮影してもらった枚数、700枚以上!その全ての処理が終わり、2歳児から順に3作品をアップしました。
■今回の作業中、加工が終わっている作品が未公開のままだったのに気付きました。他園の1学期の作品です。偶然にも当園では2学期に実践していて、また新たな見方が見えて来ました。1学期と2学期の半年間でも子ども達は我々の予想以上に成長しているのが伺え、大変興味深かったです。年長の作品をアップできるまで多少時間を要しますが、是非見比べて下さい。
■途中、息抜きのため、ブタ君達に会いに行きました。手にはおやつなし。それなのに、ドングリを目指すのではなく、2匹とも私の後を付いてきます。階段上りはピーちゃんの方が遙かに速く、私を抜き去ります。ルルはマイペース。3階でおやつをあげて暫くしても、ネコドアを開ける気配はありません。重しでブロックされているのを学習したのでしょうか。2匹とも姿を消していました。ドングリを食べに行ったのでしょう。
■陽が傾き始めたので園庭に降りて2匹の名前を呼ぶと、今日はルルがいち早く駆け寄ってきました。休みの日の園庭はドッグランならずピッグラン。散歩に行きたい衝動をグッと我慢しています。そうそう、報告を忘れいました。金曜日に保健所の方が来て、ブタ熱の予防接種を受けました。ニンジンの餌をもらって夢中に食べている間に、耳の後ろにチクッ。何事もなかったように食べ続けていました。イヌは登録の鑑札代と狂犬病の予防接種代で結構かかりますが、ブタ君は登録ではなく申告だけで、予防接種代金は300円だけ。ブタ熱は野生のイノシシから感染するもので、狂犬病のように人体に影響がある病気ではありません。念のため。

 出張と体重の関連性について(2021.12.18)
■出張から戻り、体重を計ると、2〜3kg増えていることが多いのです。その原因をいろいろ調べました。まず、食事。朝食は検査日以外、抜くことはありませんが、たとえバイキングでも普段より少し多め程度。夕食の接待を受けても、満腹までは食べないようにしていても、普段より多め。それに、どうもホテルで夜を過ごすと何故かつまみ食いをしたくなります。就寝前のおやつ。これも体重増加に繋がっているようです。
■もうひとつのデータは歩数。移動日の昼間は園にいて3階までの階段を何往復もするし、空港内でも歩かされます。でも、指導日は送迎付きで、園内でも保育室の巡回程度。たまには子ども達と一緒に動くときもありますが、頻度はかなり少なくなりました。歳の所為ではなく、保育ジャックをする必要が以前ほどないということ。なので消費カロリーが少なくなるのです。とても単純明快な関連性。カロリー摂取量が増え、消費量が減るので、脂肪として蓄えられてしまうのです。

 誕生会(2021.12.17)
■満三歳児のつぶやきです。年少の誕生児が壇上に上がるのを見て、
 「にじ(クラス名)も 行きたい! 明日は 行ける?」と尋ねたそうです。
 実は、このことが今の園長の懸案。来年度の最年少組の誕生会をどうするかと。3年保育で年少をスタートさせた時点からかなり長い間、4月の誕生会だけ、年少は保育室のみでのお祝いでした。侵入早々に一堂に会するのは無理ではないかとの判断でした。ポッケや満三歳児保育を始めて暫くすると年少の4月でもかなり落ち着いてスタートできるようになったのを見て、年少も4月から講堂でのお祝い会を始めました。満三歳がスタートする9月にはほぼ全員の子が3回目の誕生日を迎えているからとの理由で満三歳児クラスの誕生会は行なわずに、年少児の全体会だけに参加していましたが、来年の4年保育では毎月誕生児がいます。4年保育は5月スタートです。月齢によるクラス編成を考えているので、4,5月生まれの子ども達だけで20名以上。壇上に上がるとしたら、年少全体の誕生児とほぼ同じ。それよりも保育室でのお祝いに保護者の方が20名以上になると大混雑。何か良い方法がないかと思案が続いています。そんな折りの満三歳児のつぶやき。誕生会は絶対してやりたいし、月齢によるクラス編成は譲れないし…。

 今年最後の出張(2021.12.16)
宮崎市の幼稚園に伺いました。最年少から年長まで1クラスなので午前中に発表会の作品、午後からは歌や合奏。この園では最年少からプログラムの最後に舞台で歌います。当日はどうなるか別として、最年少児達の張り切りようでついつい頬が緩みます。
■この園での作品は最年少がブレーメンの音楽隊、年少がさるかに合戦、年中がムーランで年長が母を尋ねて。昨日の園同様に造形遊び後の取り組みで、進み具合もほぼ同じ。また、残念ながら研修会での指導に問題があったようで、昨日の園と同じミスを犯されていたので、作品の一部を先生方に動いてもらって、リズム・バリエーションで音楽をまず知らせる方法をお教えしました。当園の教員達もそこが一番苦労したはずなのに、指導の際、飛ばしていたようです。再度お詫びします。
■11月上旬から産休に入っている年長の先生が予定日まで10日を切っているのにわざわざ駆けつけて子ども達の様子をご覧になられていました。作品のピアノは録音です。テンポや弾き方が正しいかどうかもチェックされたかったようです。録音とは思えないほど子ども達の動きはスムーズでした。胎教にも良いかな?
■年長の造形遊びも終わりました。木片は解体して、また次の年長さんに渡すからと、釘を一本ずつ抜いていました。ただ、これからも遊べるものは取っておき、壊れるまで遊びます。すっかり片付いた部屋は広く感じるようです。
■宮崎からの最終便で8時20分着が9時の門限までに発着する便が多く、30分近く上空で待機させられました。奈良の山間部の上空だったのでしょうか、眼下には灯りひとつ見えません。遊覧飛行にもならず、CO2だけを排出しているのだろうと、ぼんやり考えていました。

 難しい(2021.12.15)
■北九州市の隣町、水巻町の姉妹園2園を巡回訪問。発表会活動が始まってまだ5日ほどですが、ほぼ順調でした。0,1歳児は「桃太郎」、2歳児は「ブレーメンの音楽隊」、年少は「金太郎」、年中は「白雪姫」、そして年長は「母を訪ねて」。こども園に移行された年に入園した赤ちゃん達に、どんな運動会が出来るか先生方に子ども達の様子を聞きながら、活動を決めた日から6年。もちろん、全員ではないですが多くの子ども達にとっては発表会もお手の物。今日も一人一人が自身を持って、感情の変化を歌声でも表現していました。
■ただ2歳児の動きが音楽を充分に把握していません。子どもに音楽が伝わっていないのです。夏の研修会に参加された主任先生と話をしていると、どうも研修会で、最初に子ども達に音楽を知らせるリズム・バリエーションの指導を簡単に済ませたようです。大人には単純でも、子ども達、特に年少以下の年齢の子ども達にはリズム・バリエーションのステップで音楽の構造をしっかりと知らせなくてはなりません。その部分なかったので、放課後、先生方にステップで動いてもらいました。年少も同じです。音楽をステップでまず知らせてから表現です。お忘れなく。
■最寄り駅の折尾から博多までの特急はいつもより混んでいました。九州全体の感染者数は落ち着いているので人流が戻っているのでしょうか?博多駅で地下鉄に乗り換えて空港へ。今夜は宮崎です。明日の最高気温の予報は18度。冬衣装では暑そう。明日はこちらの園での発表会です。

 今日も大賑わい(2021.12.14)
■年長の造形遊び最終参観は勿論大賑わい。なかなか釘を打ち込めなくて苦労した日から今日のために知恵を出し合って、協力して作ったのですから大賑わいも当然です。お母さんもお父さんも上客になっていただき子ども達を盛り上げて下さいました。ありがとうございました。是非動画をご覧下さい
■午後からは年下のクラスが遊びに来てくれました。年長の作品にきっと驚いているでしょう。来年度は始まっています。
■年中は年長形式のリレーに初挑戦。ここでも来年度が始まっていました。初めてならではのハプニングも当然です。3学期のリレー大会の頃はどんな走りを見せてくれるのでしょうか?
■年少、満三歳児のジャガイモ掘りも賑やかでしたね。今年は農作物が不作で例年のようには持って帰られなかったですが、子どもって雀のお宿のように小さいのも可愛いから好きなんです。
■3階和室では今年度最後の赤ちゃんサークル、バギークラブ。昨日は今年度最後のマックプール…。年長の造形遊びの解体も間もなくでしょう。そう言えば、降園時、「あろがとう拍手を」の歌声が聞こえてきました。そんな時期なのです。
■最終便で福岡まで飛び、新幹線で小倉へ。遅い時間でしたが、ホテルにチェックインする際、数名の出張者らしき人。同じ新幹線で博多から移動されたのでしょうか⁈明日は1日、発表会尽くしの研修です。

 ドドドドッ(2021.12.13)
■階下の講堂から勇ましい足音が響きます。体育遊びではありません。動画でも紹介した「発表会に向けて」の遊び+注意事項です。動画を編集しながら興味深く思ったのは、坂を滑り落ちるのにも2歳児、満三歳児、年少児でも違う点。月齢の違いは身体的な発達にも当然現れますが、2歳児のちょっと緊張したような注意深い滑りから段々大胆になるのが手に取るように分かります。是非、3本立てでお楽しみ下さい。
■昨日の日曜日に数名の担任達が来ていたようです。発表会の内容の詰めでしょう。今日と明日は東京からお呼びしているピアノの先生のレッスン。実際に活動に入る前の最後のチェックです。ドドドドッの足音は3学期終わりまで続きます。

 A世代でも(2021.12.12)
■Z世代が生まれたときからデジタルに囲まれて育った世代を指すなら、我々はアナログのA世代でしょうか?デジタルに対する抵抗感はないものの、そのスピードと規模には遅れを取らないようにするのに必死です。私の対応策?それは人に尋ねること。ネット上でも親切に教えてくれるサイトがいくつもあります。それを頼りに解決。また、作業中に偶然見つけることも屡々。今回の描画加工作業中も新しい方法を偶然見つけました。使っているPhotoShopは膨大なソフトで、その機能をどれだけ使っているかと考えることさえ無謀なほど。Z世代に「この機能、知ってる?」なんて言うとバカにされそうなので言いませんが、色調調整には便利な方法です。そんなに高品質でないデジタルカメラで室内の灯りだけでの撮影なので実際の色調とは微妙に違います。特に画用紙の色が難しい。データ自体が正確でなかったら尚更不可能。そんな作品もありましたが、何とか今晩中に年中作品も全部仕上がりそうです。
■PCの前にずっと座っていたので気分転換でブタ君の撮影。柵から出してやって、数歩園庭を歩くと、ルルは木立の方へ猛ダッシュ。ドングリ目当てです。ピーは私が持っているパンの匂いに気付いたのか一緒について来ます。園の畑に苺の可憐な花が咲いていたので、ブタ君の撮影前にシャッターを切りました。

 千歳空港(2021.12.11)
■8月の空港は閑散としていて、それに比べたら人出は多くなっていても、デパ地下波の混雑が常だった土産物売り場は、やはりまだ欠航便も多いし、それに何よりもインバウンド客が皆無の状態なので、混雑はなく搭乗。中型機も満席ではなかたです。北海道土産の紙袋を持った人はかなりいました。
■帰宅時、丁度工事の人が帰り支度。講堂、三階和室の全熱交換器は保育室と違って機器そのものは天井裏に隠れていてすっきり収まっていました。保育室は梁が邪魔をしていたので天井から吊り下げなくてはならなかっらのが残念。事務室にも小さなのを設置したので、園舎全体の換気対策は終了。
■描画の加工を続行。やはり自宅のPCはディスプレイも大きいので、ほぼ倍速で進めます。今夜中には年少は終われそうです。
■事務室の私の机に12月の発表会スケジュールが置かれていました。月曜日からは舞台とフロアーを繋ぐスロープで遊びながら、舞台裏での約束事なども伝えるようです。その後の日程では発表会の活動が入ります。でも、来週は今年最後の出張が入っているので、冬休み前までに各クラス1度ずつ見られるようにスケジュールを調整してくれています。千里敬愛幼稚園でも発表会の幕開けです。

 継続の力(2021.12.10)
■ 今日、伺った園には、副園長先生と主任先生が、当園の発表会活動に切り替えた頃からの経験をお持ちなので、夏の研修会で作った作品の重要点をしっかり押さえられ、満三歳児の作品は完璧に、しかも子ども達の表情も豊かで心から楽しんでいるのが伝わってきましたし、他の学年も大きな手直しは不要で、順調な仕上がりでした。昨夜から今朝にかけては、かなり緊張されていたようです。すみません、寝不足にさせて。今夜はぐっすりお休みなさい。
■全く雪がありません。研修後、連れて来ていただいた登別温泉にも雪がありません。ちょっとがっかり。でも、乳白色の泉質は雪見湯でなくても充分楽しめます。登別温泉には巨大な旅館もあります。泊まったこともあります。今回はこじんまりした旅館で、浴室は小さめで鄙びた趣があります。ワン・フロアーに10程の、いろんな泉質の湯船がある大規模旅館とはまた違った風情です。
■その温泉宿で何をしていると思われますか?テレビの演歌を聴きながら描画のデータ処理をシコシコ。何せ30作品です。シコシコ、処理しないと年内に終わらない可能性も?現在、8作品目。全部のデータを処理してから一挙公開を予定です。

 センスではなく技術(2021.12.9)
■苫小牧市内に2園ある幼稚園の1園に伺い、満三歳児から年長までの発表会を拝見しました。昨年度から先生方の顔ぶれがかなり変わったこともあり、8月にお邪魔して先生方だけの勉強会をさせてもらいましたが、充分に伝わらなかった点もありました。基本は伝わっていても、問題が生じた際の対処法がそれです。でも、換言すれば、それが分かっていただけたら私が伺う必要もなくなるでしょう。
■昨年度から園長先生に就任された方は元保護者さんで、その方の次男さんが年長のとき指導させてもらったことは今でも鮮明に覚えています。子ども達から表現を引き出すのに、かなり苦労しました。でも、今日は違っていました。午後から年長の1クラスを直接指導させてもらった際の子ども達の反応は大変鋭く、降園前の僅か20分ほどでも表現が変わりました。子ども達がこれまでの学年で発表会を充分楽しんでくれていた証でしょう。
■偶然ですが、昨夜のNHKで俳人、夏井いつきさんを取り上げていて、夏井さんは俳句を詠むのに、感性やセンスが必要なのではなく、技術だと言い切っておられました。正に私の保育理念と同じです。勿論、感性やセンスを無視するのではないものの、あまりにもそれらの重要性を強調する人がいることへの反感も匂います。そこにも同感です。描画だって、発表会だって、指導者も子ども達の表現能力も、技術がまず伴わなくてはなりません。あるクラシックの作曲家が「音楽は感情の虚構ではなく、知性の構築」と言っているのにも共通しています。先生方への指導にも心がけている点です。技術指導は抽象論では通じません。具体的なアドバイスこそ重要なのです。明日は姉妹園に伺います。この点を肝に銘じて先生方と接します。

 まだまだ分からないことが(2021.12.8)
■年少2日目の音楽参観で子ども達が示した反応は衝撃的でした。ティンパニーの楽器遊びは導入当初は年長で行ない、年中でも可能かと考えたのは、まだ2年保育だけでした。だから子ども達の経験値は今とは比べものになりません。今年の年少児の6割強が満三歳児や2歳児ポッケからの進級児です。それにしても今日の子ども達の反応は当時の年長児並みか、それ以上でした。考えられない。でも事実。だから衝撃的。子ども達の可能性をもっと見極めなくてはと子ども達から言われた思いです。
■描画展示で取り上げた作品の何作品かをクラス全員分撮影してもらったデータの加工作業を始めました。2歳児と満三歳児の作品を見ていると、あたかも言葉を発するタイミングに個人差があるように、形として対象物を捉える瞬間が見えて来るようです。今後の指導の参考になりそうです。教える対象から教わるのが保育でしょう。
■今夜は苫小牧市にいます。2日間、こちらの園の発表会を拝見します。勉強会仲間では一番早く本番を迎えられるので進捗も早いでしょう。

 年少・音楽参観1日目(2021.12.7)
■先月遊んだ際とは雰囲気がガラッと変わり、保護者の方と対面で座っている間に里心がついてしまった子もいました。それでも敢えて対面にしているのは子ども達の表情などをしっかりと見ていただきたいからです。また、参観慣れと言うか、保護者の方がおられても平気で活動に参加できるようになってもらいたいからでもあります。ボックスホンでは子ども達の動線の関係で背中からの参観になってしまいますが、参観の時間中、お母さんの姿を追いかけているのではなく、楽器にも集中して欲しいからです。実際、様子が変わった子も多くいました。
■参観後、一人のお父さんが挨拶に来て下さいました。その方も卒園生らしく、副園長時代の私のことを覚えて下さっているとか。そして今はプロのロックミュージッシャンとか。グループ名を聞いておけば良かった。私のことを覚えて下さっているのなら音楽繋がりでしょう。園に入って最初に手がけたのが音楽ですから。楽器遊びだけではなく、発表会にも深く関わっていたので、大胆にも「幼稚園時代のことと結びついていますか?」と尋ねると、「勿論。だから子どもも入園させました」と。幼稚園生活がその後の人生にどう関わるかは追跡調査をしていないので常に希望的推測にすぎないものの、こんな話を伺うと園長として嬉しくなります。
■一体、現役保護者の方で、千里敬愛幼稚園の卒園生はどれだけおられるのか知りたくなりました。もしかしたらアプリのアンケートで集計するかもしれません。その際は宜しく!

 店は大繁盛(2021.12.6)
■年中・造形遊び最終参観日。お母さん、お父さん等が大勢来て下さって、「いらっしゃい」のかけ声も賑やか。世相を反映して、入店前に消毒液と体温計も。
■参観が終わっても午後から年少や満三歳児の小さなお客様の対応にも大忙しだったようです。この訪問ごっこが来年に繋がるのです。年中児も年長の最終参観後に訪問します。室内に入っての参観が終わっても、製作も一応終わっても、ごっこ遊びはあと少し続きます。
■明日からの年少音楽参観を準備している教員から内線が入ったので見に行きました。するとドカーンと足場。業者さんからは木曜日から工事を始めたいが、その前に足場を組み立てたいとは聞いていたのを、てっきり屋外だと思っていたら講堂でした。ご心配なく、修繕ではなく、全熱交換器の設置です。あまりにも長いお付き合いの工務店さんなので、夏休みの設置時に講堂と三階和室が未施工だと分かり、この木曜日から日曜日の間に設置してもらいます。事務室にも換気扇を。事務室はガスストーブを使っているので閉め切ってきるとCO2濃度が警告域に達し、窓を開けると寒い!コロナ感染対策で窓を開けて冷気で風邪を引いては大変ですから。

 大接戦(2021.12.5)
■「園児達の今日」の写真を見て、どのチームが優勝したのか分かりましたが、まさか同点優勝とは!しかも3位との差は僅か2点!結果表を見ているだけで、園庭での歓声、悲鳴が聞こえて来ます。出張中も放課後、仕事の合間を縫って必ず電話を園に入れますが、こちらも仕事中なので、緊急に対応しないといけない事項があるかどうかの確認の電話ですから、大会結果まで聞けません。なので、帰宅後、SOMETIMESの原稿資料を見て、1日目の結果からは予想できなかった展開が2日目にあったのが分かります。みんなの頑張りに拍手!
■気持ちを切り替えて「よし! 月曜から いっぱい 縄跳びするぞ!」と意気込むつぶやきもありました。家庭に縄跳びを持って帰る子も増えるでしょう。冬休み中はお母さん、お父さんも一緒に縄跳びに挑戦して下さい!

 発表会シーズン到来(2021.12.4)
■昨日伺った幼稚園以外の勉強会仲間の先生方が午前と午後に別れて集まられて発表会活動のビデオを拝見しました。まずは1歳児から。昨年度当園で発表した「桃太郎」とオリジナル作品のごく一部を拝見しました。2歳児はブレーメンの音楽隊とオズの魔法使い。どちらも当園で満三歳児が発表した作品です。年少以上も、昨年度やそれ以前の作品です。年少は一寸法師、さるかに、宝島、シンドバッドの冒険、金太郎、年中はムーラン、ライト兄弟、くるみ割り人形、白雪姫、年長がフランダースの犬、ルパン三世、ヘラクレス、母を尋ねて、裸の大将。どの園も活動に取り組んでまだ日も浅いので、数分程度の試聴でしたが、大きな手直しが必要なものは殆どなく、順調な滑り出しでした。来月下旬にはほぼ出来上がった作品の最終チェックです。

 継続は力(2021.12.3)
■埼玉県春日部市の園で発表会を拝見しました。関東の園へ指導に伺い初めて10数年。「まず音楽が大事」と何度訴えたことでしょう。遅くまで研修を続けたことも。でも、今日は殆ど文句も必要ない発表でした。指導を始めた年から継続して勤務されている先生もおられます。継続は力の言葉通り、着実に実力をつけておられるのが鮮明です。
■空出張の疑惑はないでしょうが、今日、研修に行った園の今日のページに私が写っていたので証拠写真としてリンクを貼りました。
■熱戦だったようですね、年長のリレー。敬愛時々新聞のデータは園で待っているので来週発行します。全レースの結果も含めて。
■「頑張ったから トロフィーが 1位の 大きさに 見える!」のつぶやきには悔しさ以上の満足感が表れています。気持ちを切り替えて、次の縄跳び大会を目指すつぶやきも。それぞれの子ども達にそれぞれの思いが育った大会だったでしょう。

 制服と用品販売(2021.12.2)
■コロナ禍で、いろんな場面の混雑回避を試みました。感染予防の観点からだけではなく、待ち時間の短縮だったり、入園式のように、一人一人との対話時間に余裕が出たりのメリットがあることが分かりました。今日の用品販売も、誕生月によって時差登園。スムーズに済んだようです。
■初めての4年保育の子ども達も来てくれたからでしょうか、今の2歳児や満三歳児を見ているので、一層小さく見えます。昨日の1歳児と同じ年齢なのだから当然ですね。真新しいカバンを大事そうに自分で持っている子も、あと4ヶ月すると大きめの制服にこのカバンを肩から掛けてやって来るんですね。片手に玩具、もう一方にカバンを持っている子が階段を降りようとするも、手すりにつかまらないと降りられないようで、お母さんが玩具を受け取っておられました。そんなに小さい子もカバンだけは持って降りたいようでした。
■欠航になっていた最終便の1便早い便で羽田へ。今夜は千葉県柏市のホテルにいます。明日は春日部市の園に伺います。発表会を中心に拝見します。園の先生方、きっと緊張されているでしょう。
■そうなんです。明日の年長・リレーは見られません。この時期は各園とも千里敬愛幼稚園より一足早く造形遊びを終えられて、発表会に取りかかっておられ、その研修と年長のリレー大会と重なってしまうのです。残念ですが、水曜日の熱気はまだ耳に残っています。アップされる画像を楽しみにしています。フレー、フレー、年長!

 北風と太陽(2021.12.1)
■空の上で、まるで両者がせめぎ合いをしているような天気でしたが、北風が優勢だったときさえ、寒さも忘れるほどのドラマがいろいろあった年長・リレー大会1日目でした。
■深夜の雨も上がり、教員達が出勤したときには既に運転手さん達がグランドの整備をして下さっていたようで、水たまりはなく、朝礼後、すぐにライン引きなどの準備に取りかかっていました。金曜日も天気は良さそうです。今日以上に寒い年もありました。レース直前まで手袋をして、指先がかじかまないように擦り合わせたりもしていました。バトン渡しはリレーの見所。今日もいろんなドラマがありました。緊張もしているでしょう。気持ちも焦るでしょう。
■今日の結果がそのまま2日目の結果になるとは限りません。くれぐれも体調管理を!
■ジムから戻り、ブタ君達がどうしているか見るために、灯りを付けずに小屋へ近付くと、さすがに寝床からは出ていません。ところが「ブー」と一言のあと、ゴソゴソ音がしたので、そっと離れました。餌になるようなものは手にしていないのに私の忍び足に気付いたのでしょうか。ちょっと嬉しいような、ちょっと申し訳ないような気分になりました。

※このページは2ヶ月分だけ保存し、それ以前のものは削除します。