■活動時期:5月上旬
■ねらい:パスでの丁寧な線描
■材料:画用紙(白茶)、パス(茶)、設定絵具(緑+黄土、黄緑+黄土、白)
■導入:写真だけのクラスと、動画だけのクラスがあり、それぞれを見てから描く。
■神奈川県愛甲郡中津幼稚園の実践です。
 当園のヒツジの実践は2学期で、牧場の柵の中の動画を使ったためか、柵の中のヒツジを描いていましたが、今回の実践ではほとんど柵は描かれていません。空を描きたいとの声が多くあったのは地面を意識した構図の絵が多かったからでしょう。
■動物は意外と年少の方が味のある作品が多いですが、1学期と2学期の実践を見比べると、羊毛の表現は2学期の方がよく出ています。勿論、個人差もありますが、指導された先生の報告では、普段は苦手意識がある子ども達が「フワフワなところだよ」と楽しそうに教えてくれたそうで、描く対象としてはこの時期で良かったと言えるでしょう。
■活動時間: 線描:10分〜30分 彩色:10分〜40分

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。