■活動時期:10月下旬、11月上旬
■ねらい:水の量の調整
■画材:画用紙(ミルク)、パス(焦げ茶)、個人持ち絵の具(全色)、中筆、スポイト、他
■導入:ジャングルに住むオウムの動画と写真(後半のクラスは写真のみ)を見てから描く。
■昨年もオウムを紹介しました。あの作品を実践する前、教員から、カラフルな動物達が沢山登場する絵本を題材に描きたいのだが、どの動物に限定するか、子ども達に選んでもらうか悩んでいるとの相談を受け、オウムに絞った方が良いだろうと伝えました。今回の実践は絵本を用いずに動画と写真です。前回同様、背景になるジャングルも描くように伝えたところ、前回にはない、色の濃淡でジャングルの雰囲気を表現していて、偶然か子どもが意識していたのか分からないものの、遠近感すら表れている作品も数点あります。動画で感じたことをここまで表現できるようになっているのです。なお、描画が苦手な子も集中して描いていたそうです。
■アイキャッチ用の1枚を選ぶのに悩んだ実践です。
■活動時間:線描:10分〜60分 彩色:20分〜75分

■別のクラス

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。