■活動時期:10月中旬
■ねらい:パスでの線描
■画材:画用紙(ミルク)、パス(濃茶)、絵具(ペールオレンジ+橙)、太筆
■導入:ブタのイラストの写真を見せて、顔の特徴(特に鼻)について話たあと描く。
■昨年度、2月に行なった実践を子ども達の様子を見て早めたそうです。家庭でのお絵かきはフェルトペンなどの線描きが主でしょうし、園で10日に1度程度実施している「絵手紙」もフエルトペンなので、子ども達がどの程度線描ができるかを把握しつつ、線描に薄めの絵具の彩色にも可能性がありそうです。描き始めるのに躊躇する子はいなかったとのことなので、形を整えられない子も、それなりにブタを意識しているのかもしれません。いろんな材料用具を使いつつ、描く楽しさをを見失わないように工夫する必要はあります。
■活動時間:線描:3分〜12分 彩色:5分〜12分

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。