■活動時期:11月中旬
■ねらい:多色絵の具の使い分け
■画材:画用紙(しらちゃ)、絵の具(焦げ茶+茶+黒、赤+だいだい、黄、だいだい+黄緑)、太筆
■導入:園庭の紅葉した木を見に行き、葉っぱの色を確認したあと描く。
■これもほぼ点と線で表現しています。それにも関わらず、これだけの個性が見られるのは、結局子ども達が自分の能力を存分に発揮できるからでしょう。年齢毎の能力を指導する側が見極め必要を2歳児からも学べた貴重な実践です。このような活動を通して、形を描く能力を身につけると考えるのが自然でしょう。
 教員が準備した絵の具の色、濃度も申し分ないです。子ども達によりインパクトのある色合いから新しいテーマの発掘に努めたいです。
■活動時間:10分〜25分

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。