■1学期の活動の導入部分と線描。
■導入で、「カブト虫の部屋」と説明したため、かなりの子が飼育箱から描き出して担任は大慌て。飼育箱を描くと構成が似通ってしまいます。急遽、「カブト虫を広い場所で遊びたいんだって」と再度投げかけ、飼育箱をすでに書いている子にも、「広い所で遊ばせてやりたい人?」と尋ね、新しい画用紙を準備しました。
■実際に保育室で飼育しているカブト虫を見せるのは間違っていないですが、その後に動画を見せて上記のような投げかけをすると良いでしょう。

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。