■個人持ち教材を使ったもじあそびの初回です。(年中、年長で年間8単元ずつ)
■前日に教材を切り抜きます。
DSC01426
■黒板に向かってグループ毎に座ります。先頭は当番児。
■切り抜いた教材を座っている順番に重ねて、当番児に渡し、次の子に回します。このような小さな積み重ねが保育の中で意外と重要です。ややもすると担任が配ったり、当番児が配るとまだこの時期では混乱します。子どもの動線や成長を配慮して工夫しましょう。
■活動自体は20分ほど。同じ繰り返しで楽しみながら、子どもの様子を見て下さい。

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。