保育(動画) 体育 年中

年中・縄跳び①

■縄跳びは年中になってからプログラムに取り入れています。ただし、縄跳びは、①縄を回す、②ジャンプをするの2つの要素を同時にしなくてはならないので、年中児には決して容易ではありません。指導方法を間違えると「できない」から「したくない」になってしまいます。
■ビデオは年中になって初めての活動です。「跳ぶ」内容は今後の子ども達の様子から変えますが、運動会で行なう「エンドレスのリレー形式」だけは初回にも取り入れいます。
■お母さん方が持たれているロープまで行って、走って戻るだけでも子ども達は楽しんでくれていました。次に、両足跳びが意識できるようにお母さんの方を向いて跳ぶように指示を出しています。
■実際には約20分ほどの活動で、自由参観として通知し、来られたお母さんにも手伝ってもらっています。


■撮り直しました。
■また、昨日最終クラスから、お母さんに持ってもらう縄を「床から少し離して(高く)揺らしてもらうようにしたそうです。走り抜けるのではなく、「跳ぼう」とする意識は高まったようです。

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。