■活動時期:6月下旬
■ねらい:丁寧な線描、多色絵の具(教師が準備)の混色、スポイトを使っての水量の調整。
■画材:画用紙(アイスグレー)、パス(黄土)、絵の具(赤、黄、緑)、スポイト
■導入:①パイナップルとパイナップル畑の写真を見せる。
②準備した3色でオレンジ(赤+黄)、葉の色(黄+緑)で混色できることを知らせたあと、スポイトを使って水量を調整することを伝える。
■活動時間 線描:15分〜40分 彩色:20分〜60分
■東京都洗足うさぎ幼稚園の実践です。
パイナップルは製作のテーマで取り上げたことはあっても、描画のテーマは盲点でした。カメの甲羅は網状に描いてしまうケースが多いですが、同じような模様なのに、ゴツゴツした皮が描けています。
ただ、年中のこの時期ではスポイトでの水の調整はやや難しいと言えるでしょう。むしろ、赤、黄、水色の三色を混色しての色作りだけでも良かったかもしれません。

楽しいから好き!を合い言葉に、子ども達も保護者の方も通いたくなる幼稚園を目指して。