描画年少

年少・ヒョウ(パス+絵の具)

■活動時期:3月上旬
■ねらい:パスでの丁寧な線描と絵の具の彩色
■準備物:パス(黒)、絵の具(黄土色+黄色、緑+黒)、画用紙(ゆき)
■導入:動画と写真を見せてから、「ヒョウを描こう」と投げかける。写真は見せるだけで黒板には貼らない。
※模様はパスで塗るように事前に伝える。
■年少もこの時期になると形を整える能力がかなりついてきています。1ヶ月後は年中なので当然でしょう。別のページに他園の11月の実践を載せてあります。画材も違うので一概には比較できないものの、形を整える力は4ヶ月でかなり違うのが分かります。
■興味深いのは四つ足の動物の表現方法が年長と比較してもそれほど大きくない点です。胴体と頭部の関係を年長で実践する際は気付かせるようにしないと、同じような表現方法になってしまいます。
■動画にはおそらく何頭かのヒョウが群がっていたのでしょう。大きく描くよりも多くを丁寧に描くのは年少ではかなり進んだ段階と言えます。
■活動時間:線描 8分〜15分 彩色:10分〜18分
2019.0303ヒョウ012019.0303ヒョウ022019.0303ヒョウ032019.0303ヒョウ042019.0303ヒョウ052019.0303ヒョウ062019.0303ヒョウ072019.0303ヒョウ082019.0303ヒョウ092019.0303ヒョウ102019.0303ヒョウ112019.0303ヒョウ122019.0303ヒョウ132019.0303ヒョウ142019.0303ヒョウ152019.0303ヒョウ162019.0303ヒョウ172019.0303ヒョウ182019.0303ヒョウ192019.0303ヒョウ202019.0303ヒョウ212019.0303ヒョウ222019.0303ヒョウ232019.0303ヒョウ242019.0303ヒョウ252019.0303ヒョウ262019.0303ヒョウ272019.0303ヒョウ282019.0303ヒョウ29

楽しいから好き!が合い言葉。子ども達も保護者も通いたくなる幼稚園を目指して。