年長 描画

年長・さまよう帆船

■活動時期:10月下旬
■ねらい:丁寧な線描と個人持ち絵の具の水量調整
■画材:画用紙(灰色)、パス(こげ茶)、個人持ち絵の具
■導入:嵐の中を航海する帆船の写真を黒板にはって描く。波はパスでは描かないように伝える。
■これまでも何度か「嵐の中の帆船」での実践があり、そのうちの一枚で、波を描かないように伝えた実践の再挑戦です。活動時期が違うこと、また先の「嵐の中の帆船」では波をパスで描いた直後に実験的に波をパスで描かないように伝えての実践だったためか、高波の方に子ども達の視点があったようで、今回の実践ではむしろ帆船をしっかり描く方に目が向いたようです。
 海や空の絵の具が濃い子がいたので、薄めに溶くように再度全体に知らせた結果、にじみによる効果が嵐の表現に繋がっています。
■活動時間:線描 25分〜40分 彩色:35分〜90分

楽しいから好き!が合い言葉。子ども達も保護者も通いたくなる幼稚園を目指して。