年中 描画

年中・イルカショー

■活動時期:11月中旬
■ねらい:パスの線描、個人持ち絵の具の混色
■画材:画用紙(ゆき)、パス(黒)、個人持ち絵の具(青+黒、赤、黄)、教師の準備した絵の具(水色)
■導入:動画と写真を見たあと(写真は黒板に貼っておく)、「壁面製作で作ったイルカショーを描こうね」と投げかける。
■部屋の壁面製作で作ったイルカショーを描いているので、イルカが飛び跳ねる様子はとても良く描けています。ただ残念なのは、構図に個人の広がりがあまり見られません。これは、以前(多分多くの園では今でも)実践した「芋掘り」と同じ理由でしょう。水面(芋掘りの場合は地面)と空間の捉え方に個性が出ないからです。ではどうしたら良いのかとなると、年中の子ども達にはハードルが高くなるかもしれませんが、壁面製作で作らなかった曲芸、輪くぐりや一緒に泳ぐなどの場面からの選択でも良かったかもしれません。でも、選択肢を増やすと子ども達を惑わせることにもなりかねません。大変難しい課題です。
■活動時間:線描 20分〜40分 彩色 22分〜38分

楽しいから好き!が合い言葉。子ども達も保護者も通いたくなる幼稚園を目指して。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。