年中 描画

年中・ひつじ

■活動時期:10月下旬
■ねらい:パスでの丁寧な線描
■画材:画用紙(白茶)、設定絵の具(緑+黄土、黄緑+黄土、白)
■導入:動画と写真を見てから描く。写真は黒板に貼らない。
■年中のこの時期は個人持ち絵の具を使い始めている頃ですが、敢えて教師が溶いた絵の具での着色(混色もなし)で、パスによる丁寧な力強い線描をねらったのは子ども達の状態からの判断でしょう。
 指導案のコメントには一切描かれていないので、分からないのですが、この時期の子ども達の動物は身体と頭部が首の皮一枚で繋がっているように描く傾向があるのに、羊の毛を意識して描くことで、胴体と頭部が一体化した作品が多いのは興味深いです。
 柵を描いたり、群れを描いているのは牧場の動画による影響だと思われます。
■活動時間:線描 15分〜40分 彩色:20分〜45分



楽しいから好き!が合い言葉。子ども達も保護者も通いたくなる幼稚園を目指して。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。