ginga 残念ですが…(2017.12.13)
■天候に左右されるのが農作物。先に行ったクラスが抜いても生育が不十分で持ち帰られなかったものも多く、結局明日、明後日予定のクラスは中止。そのプリントを印刷した直後に講堂での保育に来ていた年中のクラスも該当していたので、その旨を伝えると残念そう。「折角大根のシチューを作ってくれると言っていたのに」と残念がる子もいました。中には泣く真似をする子も。
■でも、気分一新、ボックスホンとハーモニカ。ボックスホンは和音、ハーモニカも「ラ音」に挑戦しました。冬休みにはハーモニカを持って帰るので聴いてあげて下さい。綺麗な音が聴けますよ。
■明日はいよいよ年中の造形最終参観ですね。お客さんを迎えるために最後の追い込みに忙しそうな写真も多くありました。是非、子ども達の世界で童心に戻って遊んで下さい!
■午後からも年中。年長のリレーに初めて挑戦します。だって年長のリレー大会にあれだけ熱い視線を送っていたのですから、自分達もの思いは強いでしょうね。

ginga 年少・音楽参観、終わりました(2017.12.12)
■同じ学年で6〜7クラスを指導すると、そのクラスカラーが見られて、客観的にはとても興味深いです。あるクラスのティンパニーの活動では、何故か子ども達が一定のテンポで叩き始めました。私は何も言っていません。この活動は、かなり以前、年長から行ない、年中に下ろし、数年前から年少に組み入れました。その間、こんな叩き方をするケースは一度もなかったです。見ていないようで、聞こえてくる音に他の子が共鳴しているのです。
■とてもスムーズに音を小さくしたり、大きくしている子も多くいました。「小さな音で叩く」というと、全く手が止まってしまう子が殆どなのに、ディクレッシェンド、クレッシェンドを表現してくれていました。
■この活動の後遺症。太股が筋肉痛。2日間で何回スクワットをしたことでしょう?保育は体力勝負?

ginga 年少・音楽参観(2017.12.11)
■コンサートとして楽器演奏を披露すると、仕上がりが気になり、子どもによっては負担となるので、参観という形で見ていただいています。ただ、今日の子ども達の反応を見て、私自身の反省。今年、初めてボックスホンを1学期に取り入れました。10月に1度、そして今回と、ほぼ同じ曲だったからか、子ども達の集中力が前回よりなかったように思えます。あと1ステップ上げるべきか、悩んでいます。
■ティンパニーの活動も年々子ども達の反応が良くなっているように思えます。これは来年も続けて良いかなと考えていますが、ボックスホンの演奏は考えます。子どもの成長に私が置いてきぼりになったような…。
■明日は真冬並みの寒さとか。健康管理にご留意下さい。

ginga ズル休みしちゃいました(2017.12.10)
■夕方、床屋に行った後、ジムへ行くつもりが、急に空腹感に襲われて、食事処に方向転換。その後、ジムに行く時間もあったのですが、お腹が満たされると動きたくなくなるのは人の常。まあ、いいか、とズル休み。床屋に行く前も仕事をしていたからと言い訳。明日はテニスだからと二重の言い訳も。
■強烈な寒波が来るとか。大根、美味しく炊けそうですね。

ginga 寒い所から戻って来て(2017.12.9)
■苫小牧市の園長先生が宿へ迎えに来て下さるまでに時間があったので、温泉街を散策しました。日が差し、気持ち良いものの、日陰に入ると大阪では感じない冷気が肌を刺します。
■伊丹空港に降り立つと、刺すような冷たさはないものの、数日間暖房を一切入れていない室内は寒くて寒くて。なかなか温まりません。苫小牧のホテルの部屋の暖房はOFFだったものの、暫くそれすら気付かないほど、建物全体は温まっていました。寒い北国から戻って、震えていました。
■昨年は、突然の吹雪で、滑走路が閉鎖され、予定の便も運休。今日は晴れ渡り、冠雪の山々が待合所の窓ガラス越しに綺麗に連なっていました。明日は吹雪くような予報。
■発表会の挿入歌などの楽譜が待っていたので、早速チェック。以前のように使えそうもない曲を大量に候補として選ぶのではなく、各自がかなり自信を持って選曲しているようで、今回の提出分はすべてOK。残りはあと1クラスのエンディング曲だけ。いよいよ本格始動です。

ginga 楽しませてもらいました(2017.12.8)
■昨日の姉妹園へ伺いました。出迎えて下さった副園長先生は開口一番、「緊張してます。だって昨日の姉妹園の評価がとても高かったから」の主旨の発言。「1日目にさせてもらった方が良かった」とも。
■トップバッターは2歳児。あれよあれよと言う間に最後まで完璧な表現でした。文句なし。放課後の反省会にも来られなくて良いとも伝えました。大道具のコメントについて、ふたつ程度。
■次は年少児、2クラス。最初のクラスも最後の手前まで問題なし。嬉しかったのは2番目のクラス。最初のクラスと同じ所まで進んで、退室しようとしたとき、ある子が、「トラさんの所、しないの?」と担任の先生に尋ねたのを聞き洩らしません。時間はまだあったので、続きをするように促しました。最初のクラスの子ども達も見ていたので、じゃあ一緒にと、2クラス合同。表現は確かに少し甘いものの、ステップはバッチリ。結局エンディングの歌まで歌い終わってしまいました。なので、表現が終わっての退場を、急遽作り直しました。子ども達もしっかり反応してくれました。
■その後の年中は途中までですが、問題なく進みました。2クラス目に、やればできるのに、なかなか参加しない子がいるとのこと。確かに座り込んでしようとしません。一か八かの大勝負に出ました。その子の名前を呼びながら。「シンバル、してくれる?」と尋ねて、手を差し出すと握ってくれてシンバルも自ら持ってくれました。大成功!他に楽器を入れられる場所はないかと思案して、急遽加えて、援助しながらも鳴らしてくれました。私はその子の後ろに立っているので表情は分かりませんが、園長先生は「とても良い笑顔で鳴らしていた」と。放課後の反省会でも、「僕、シンバル」と嬉しそうに言っていたそうです。以前、千里敬愛幼稚園でもこの手で、参加しない年中児を誘った経験があります。きっとそのうち、皆と一緒に発表してくれるでしょう。
■最後は年長の2クラス。時間があったので、手直しをその場で行ないました。こちらからの問いかけに、とても良い反応を示してくれたのは、昨日の姉妹園の子ども達と同じでした。やはり表現力が育っている賜物です。
■担任の先生に、子ども達は発表会を楽しんでいるかと尋ねると、「一日、発表会をしなかった日は、どうしてしないのと尋ねられた」とか。また、「次の場面を早くしたい」とも。
■研修会で指導するというより、2日間、たっぷり楽しませていただきました。この活動を導入される園はどこも同じです。最初の数年はチグハグ。でも一度その真髄を感じてしまわれると、もう後戻りはできません。すでに来年度の研修会日程を押さえられてしまわれました。旅館の予約が取れなくなるからと。今夜も登別の温泉に浸からせていただいています。発表会を楽しみ、温泉に入り…。申し訳ないほどです。

ginga 発表会始動(2017.12.7)
■苫小牧市内の幼稚園に伺って、発表会を2歳児から全部で10クラスの発表会を拝見しました。数年前から先生方の理解が深まり、子ども達の表現にも変化が出て来ました。
■今日も、年長児のあるクラスで一部の表現に問題があったので、子ども達に投げかけたところ、一度でグンと表現が深まりました。以前なら、こちらが笛吹けども踊らずで、あの手、この手を使って、ようやく少し出て来た程度でした。年少時から発表会やクリエイティブムーブメントをしっかり経験しているからの反応だと、驚きすら覚えたほどです。
■最後に見せてくれた年長児達の個々の表現は既にほぼ完成していました。発表会は3学期です。北海道の冬休みは早いものの、この調子なら冬休み前に完成しそうです。
■活動を終えた子ども達に、「発表会はどう?」と尋ねると、「楽しい」と即答でした。劇の内容は戦争をテーマにした暗いのに、子ども達は演じること自体が楽しいと感じてくれているからこそ、素晴らしく、隙のない発表に繋がっているのでしょう。
■明日は姉妹園に伺います。

ginga サツマイモ(2017.12.6)
■一度、雨で延期になったサツマイモ掘りの最終日でした。農家の方が準備して下さった玉葱の植え付けは、子ども達にもお母さん方にも好評だったようです。玉葱の大産地の北海道の方も植え付けは初めてご覧になられたとか。年長児達は収穫できないものの、小さい子のためにと楽しんで植えてくれたようです。
■芋掘りの後に植え付けの畝に移動。すると、すでに植えられた苗を引き抜く子もいたそうです。まあ、自然な反応ですね。タマネギ掘りも同じ畑で経験しているのですから、尚更です。
■次は別の畑で大根抜きです。
■最終便で新千歳空港へ飛び、苫小牧へ移動しました。道路の脇には雪!気温マイナス12度!寒波に突入したようです。でも、室内は暖かだし、短時間ならマイナス12度の空気はクリアで心地よいです。まあ、今夜は風もなかったので。
■冬の北海道に来るときは、防寒服よりも靴の選びが大切です。路面はすぐにつるつる。滑らない靴は必須ですね。
■明日からこちらの姉妹園2園の発表会を拝見します。冬休みが早い北海道なので、私が指導に伺っている園でトップを切って発表会活動を始められています。いよいよ本格的な発表会シーズンの到来。

ginga 声、大丈夫ですか?(2017.12.5)
■子ども達の力走に一喜一憂で、声援も最高潮に達していました。バックグランドミュージックをかけても、多分、聞こえなかったでしょう。声嗄れされていませんか?
■レースの後、ホームページの写真を加工したり、明日発行のKI SOMETIMESの入力をしていても、なかなか興奮が醒めませんでした。一番冷静でいるべき立場の人間でそうなのですから、お母さん方の興奮度は数日続くのではないでしょうか?レースを見ているとご祖母のお一人が「血管が破裂しそう」と言われていました。「孫の姿はなかなか見つけられないのに」とも。子ども達の力走、お母さん方の興奮度に圧倒されたのでしょうか?
■楽しみにしていたことが終わると空虚感も漂います。でも、間もなく発表会!明日はピアノの先生に来ていただいて、この場面でこの曲と具体的な選曲を始めます。喜びや悔しさに止まっていられないですね。

ginga 2ヶ月の間に(2017.12.4)
■年長のリレーの勢力図が運動会やミニミニ運動会当時とかなり違ってきているようです。諦めずに何事にも挑戦しようとする姿勢の賜でしょう。結果よりも、内面の子ども達に拍手!
■残念ながら私は拝見できませんでした。3ヶ月に1度の病院通いをそのまま計算すると1月になってしまいます。1月は身体がふたつ欲しいほど。待合室で時間潰しはできません。なので、今日。蛋白尿の数値も改善されているとか。
■明日の雨の心配はないものの、気温が低く、風も強そうです。野外でのスポーツは天候にも左右されます。どんなドラマが待っているのでしょうか?本日拝見できなかった分も、しっかり見させていただきます。
■発表会のリンクが不十分でした。全て修正しました。挿入歌、エンディングの歌も順調に決まっています。

ginga 休日の昼下がりに(2017.12.3)
■部屋に鎮座している大型シュレッダーの前に陣取り、不要になった書類をジョリジョリ処理している滑稽さ。重要な個人情報が詰まった書類なので、リサイクルには出せません。必要な作業ながら、突如予定外の時間でした。
■そもそも世間を騒がせた忖度の幼稚園問題に絡んで、所轄部署から緊急監査報告が入り、必要書類を探しているときに、書棚から先の書類が出てきたのです。ついでだからと不要なものを整理。
■PC上での整理はフォルダーにファイルを入れるだけなので、しっかり整理できているのですが、紙ベースの整理は決して得意とは言えません。取り出したファイルに戻さなかったたり、すぐに綴らなかったり…。だから結構時間をかけてあちこち探していました。
■明日の雨は、どうか早まりませんように…。

ginga 改良(2017.12.2)
■昨夜、発表会のページに確定した挿入歌などのタイトルを入力しながら、ページ間のリンク(クラス名の上に表示される黄色い長方形ボタンを押して下さい)が不整備で、探すのに時間がかかりそう。スマホの良さはワンタッチでページがジャンプできることだし、このソフトはそのリンクが従来のものと比較にならないほど簡単なので、どのページにジャンプできるかが鍵のようです(㊟自身はスマホの操作はド素人で使いこなせているとは到底言えません)。
■で、早速、クラス毎のボタンページを作りました。そこから入ってからは、その日更新された他のクラスを覗いてもらったり、保育室での普段のページなどへも飛んでもらえるように改良しました。
■発表会のページは九州出張中の空き時間に作って、その後、クラス名だけだと学年が分からないと指摘され、手直し。この手直し作業も簡単。リンクを改良しながら、気になっている箇所もワープロ感覚で修正して、本人はご満悦。発表会のページの写真は講堂での活動を集中的に見ていただきます。器は出来上がりました。多分。
■同時に年長の作品の小道具(担任には伝えていません)もネットで注文。手作りよりも安価でしょう。

ginga 師走初日から(2017.12.1)
■走り回りました!リレー?まさか。何度、3階までの階段を上り下りしたでしょう?普通の集合住宅の5階分はありそうな高さです。ジムに通い始める前は、一度降りると上がるのに決断が必要だったのが、数段飛ばしはしなくなったものの、何往復でも可能です。午前中は誕生会だったので、スーツ姿で往来。
■放課後、発表会作品の挿入歌やエンディングの歌の候補曲がどっさり。かなりの重量。労ってくれて、二人の教員が分担して3階まで運んでくれました。体力の消耗で、脳味噌に疲労が蓄積しないようにとの配慮だったのでしょうか?その甲斐あってか、取りあえず今夕提出分のチェックを済ませ、ホームページにもアップしました。提出してホームページに題名がないクラスは再提出です。
■このページは私の「生存証明」のようなものなので、一応最大2ヶ月分のみ保存して、それ以降の分は随時削除します。なので、10月分は削除。このページの他、人には見せない日記もつけています。5年連用なので、一日分は数行。メモ程度ですが、一年前、二年前の今頃を読み返すとなかなか面白いです。その5年連用日記も今年が5年目なので、先日新しいのを買い求めました。古い分も暫く手元に残しています。「疲れた。寝る」で終わる日も。さて、今夜は何を書きましょうか?

kakipic 子どもの頃に戻って(2017.11.30)
■年少の造形参観は如何でしたか?子ども達の夢の世界にお邪魔して、一緒に童心に戻っていただければ幸いです。お母さん方を招待しようと、せっせと励んで製作した宝物との貴重な時間を過ごしていただけたのではないでしょうか?
■一転して午後からは年長のリレー。声援にも熱がこもりますね。リレー大会当日までは3クラスの対戦ですが、当日はすべて4クラスずつ。抜きつ抜かれつもそれだけ増えます。客観的な醒めた目で見ていても興奮してくるのですから、ご自分のお子さんの番のときは如何ほどか想像できます。いや、想像以上?
■オリジナルの年賀状図案をいくつか送って来てもらいました。明日は12月。もう正月の準備!

kakipic 意地悪な雨でしたね(2017.11.29)
■朝の小雨がなかったらサツマイモ掘りに出かけられたのにと恨み節。その分、畑の中で芋が生長してくれますように。
■大根の生長も収穫間もなく。只今日程調整中です。
■描画展示が終わって、すべての作品を片付ける際に、6作品の写真撮影を頼みました。今夜精を出して作業しましたが、200枚ほどあるので、あと1作品と少し残っています。この後、どれだけできるか。今週中にはアップできる予定です。
■新しいホームページにアップする際、最初の数作品の貼り付け方法に問題があったので貼り直しました。その作業中、ホームページ作成ソフトの新しい作業方法を偶然見つけました。それだけでも効率アップ。よく出来たソフトです。従来のソフトにはもう戻れません。

kakipic それぞれの思いで(2017.11.28)
■描画鑑賞ツアー2日目。多くのお母さんが展示された写真をご覧になられながら、「この絵を描いた日、帰宅したら『○○描いたよ。見に来てね』と報告を受けた」とのこと。上手に描けたとの満足感からの報告でしょう。そんな子ども達の言葉からも描いているときの姿が想像できそうです。
■少し前、このツアーに参加してお子さんの絵の見方が変わったとのメールをいただきました。2日間で説明したポイントで子ども達の絵を見ていただくと、また違った味わいになるはずです。
■放課後、数クラスの担任から発表会の挿入歌やエンディングの歌の楽譜を提出してきました。決定したらホームページで随時公開します。お楽しみに。

kakipic 描画ツアー1日目(2017.11.27)
■普段は挨拶程度しかできないお母さん方とゆっくりお話ができる描画鑑賞ツアーはとても貴重な時間です。ご自分のお子さんの絵の感想を聞く際、感極まって涙ぐまれた方も。こちらもつい、もらい泣きしそうになりました。感嘆の声は多くのお母さん方からもお聞きできました。玄関やリビングの一番目立つ場所に額に入れて是非飾ってあげて下さい。と言っても作品を持って帰るのは年度末ですが。
■教員から12月の予定を尋ねられ、対応している間に重大ミスに気付きました。来月の出張日程を間違っていたのです。飛行機の予約はすでに済ませていたましたが、その日では間に合いません。確認のため、園に電話をすると、やはり手帳に記入していたのが間違いと分かり、大慌てで予約の変更。何とか飛べそうです。気付かずにいたら、とんでもないことになっていました。園長先生からは、いつも事前に到着時間を尋ねて下さるのでポカにはならなかったでしょうが、便の変更がその時点で可能かどうかと思うとゾッとしました。ああ、良かった。

kakipic ご案内しました(2017.11.26)
■前回伺った際、この日に描画展に来たいと言われていたのを完全に失念していて、動物の世話に来ていた教員の内線電話で気付かされました。土曜日に教員免許更新講習会で大阪に来られるので立ち寄りたいとのことでした。宮﨑の先生が何故大阪まで?宮﨑でも講習会はあっても定員が限られていて、申し込み日初日でもすぐに締め切りになるそうで、わざわざ大阪の講習会に参加されたとか。この教員免許更新制度は、一部の体たらくの教員をあぶり出すためだったのですが、大勢の現場の教員達には迷惑千万な制度なのです。運転免許なんて不要な国さえあるほどで、免許更新制度となると一体全体何カ国で実施されているか。教員免許更新も同じです。
■と、ぼやきはここまで。同僚とお二人で来られたので、実践の際に役立つようなアドバイスをさせていただきながらご案内しました。
■トイレの改装は楽しい話ながら、今日は面倒な工事の話。どうも、どこかで水漏れが発生しているようで、金曜日に水道局から電話が入りました。確かにメーターの使用量が夏以上。早速業者の方に連絡して今日見に来て下さいました。水漏れを起こしている部分だけを直せたとしても、他の箇所がまた同じようになるので、古い管は殺して、新たに通す方が良いとのこと。建築当時の水道管はコンクリートの中に入れてしまうのが常とか。幸いにも1階部分のようで、室内の被害はないですが…。修理は必要でも、決して心躍る工事ではありません。

kakipic 独り占め(2017.11.25)
■真っ暗な講堂の電灯を全部つけると、沢山な名画が浮かび上がりました。ゆっくりと1時間ほどかけて見て回りました。多彩なテーマ、多彩な材料用具。本当は一人一枚なんてもったいないほど。学年末には全作品を持って帰るので、それまでお楽しみに。
■昨夜は、このページを書いてから、ちょっと見るだけと開けた他園から送っていただいた絵のデータに魅了されて、結局全部加工し、アップも終えました。同じテーマで別の園が1学期に描かれたのを参考に材料用具や画用紙の色を工夫されていました。同じ子ども達ではないものの、5ヶ月で描く力が急速についているのが分かります。参考のためにと同じページにアップしましたが、以前アップした際の編集方法が気に入らなくて、それらの作品も見やすくしました。
■なので、就寝時間は遅め。何度か目が覚めたのは加齢でしょうが、トータルの睡眠時間は若者並み!寝るのも体力勝負。

kakipic 芸術の秋とスポーツの秋(2017.11.24)
■描画展が始まりました。見終えられたお母さんに声をかけると「楽しかった」と答えられました。写真のお母さん方も笑顔。展示場には子ども達はいません(クラス単位で鑑賞には来ていますが)。楽しかったの言葉や笑顔は何を意味しているのでしょうか?描画一枚一枚の中に生き生きとした子ども達がいるからではないでしょうか?「○○ちゃんらしい絵」なんて会話も聞こえてきそうです。「年長になったら、あんな絵が描けるようになるでしょうか?」とも。鑑賞に来ていた子も、「この絵、すごい」と評価していました。私は明日、ゆっくり一人で鑑賞させてもらいます。
■昼からは年長のリレー。日差しはあっても木枯らしが寒い日でも、益々ヒートアップですね。描画のときの表情とは全く違います。その両方を一日で楽しめるなんて、保護者冥利に尽きますね。
■朝は建築業者さんとの初めての打ち合わせ、午後は新しいシステム開発業者さんとは二度目の打ち合わせと、普段とは違った一日でした。どちらも、今後が楽しみな打ち合わせでした。

kakipic 朝霧(2017.11.23)
■目覚めるとホテルからの風景は霧の中。高層ビルが霞んでいます。霞が関なんて地名もあるくらいだから東京は霧が多いのでしょうか?空港に向かう頃には雨になっていました。濡れた滑走路は氷面に太陽が当たったように輝いていました。大都会での大自然…。
■先週から続いた出張で暫く行けなかったマッサージに。施術をして下さる人は小さな筋肉をガンガン攻めます。声を上げると「痛かったでしょ」と淡泊な応答。これで朝までしっかり眠れたらと我慢の連続。施術中にウトウトなんでできるようなマッサージではありません。
■勤労感謝の日。搭乗した航空会社は一度倒産しているからか、着陸後のアナウンスで働けることへの感謝の挨拶。勤労者への感謝は無論でも、勤労できることへの感謝の方が重要だと思える年齢に。

kakipic 若手園長先生候補生(2017.11.22)
■若手の次期園長先生が目立った研修会では、その頃の私自身を思い出していました。それから30年ちょっと。いろんな経験から学んだことをお話ししました。人数は多くなかったですが、質問もしていただいたし、次期園長先生として現状打破を模索されているのが痛いほど伝わりました。今回のセミナーでヒントを掴んでくださったり、千里敬愛幼稚園の良さを持って帰っていただければ、きっと子ども達の笑顔に繋がるでしょう。

kakipic 子ども達以上に?(2017.11.21)
■無邪気?なんて言うと叱られますか?年長リレーの応援。寒さも吹っ飛ぶほどの熱気でしたね。全部のレースは見られなかったですが、3クラスのアンカーが同時にテープを切った瞬間のお母さん方の表情は、正に「青春ど真ん中」!そりゃ、そうですよね。可愛さの方が優っていた年少のリレーから、子ども達自身に、勝ちたい、速く走りたいとの思いがお母さん方の声援をヒートアップさせるのでしょう。
■スマホでクラスのチーム名の写真をチェックされていたお母さんもおられました。子ども達の手書きメモが黒板に貼ってあるのを撮影されたようです。少しでも子ども達に近づきたいとの思いでしょうか。
■ビデオによる教材等の研修が終わると、講堂の描画展示が終わったので最終確認をして欲しいと頼まれました。ゆっくり一枚ずつ見る時間がなく、展示方法に問題がないかをチェックしただけです。公開は来週から。その前に一人でゆっくり鑑賞させてもらいます。
■横浜にいます。明日はある会社から依頼を受けて、園長先生方の前で話をさせていただきます。

kakipic 白いサツマイモ(2017.11.20)
■新しい農家でのサツマイモ収穫は驚きの連続?まず、他では刈り取って下さっている蔓はそのままに敢えてされていました。子ども達と同じ年齢のお子さんがおられるので、自然の状態で体験させてやりたいとの親心だったようですが、一歩畑に踏み入った子ども達の様子をご覧になられて大慌てで蔓を切り出して下さったようです。主任達は一足早く畑に到着して多少は切り取っていましたが、年少児は蔓に足を取られたり、芋がどこに入っているのか分からず四苦八苦したようです。特に最初の便で行ったクラスのSOSのお母さん方には大変ご苦労をおかけしたようです。楽しかったとは言って下さいましたが…。
■初めての体験の玉葱の植え付けは好評だったようです。実際、私も植え付け用のネギの青い部分(葉でしょうね)があんなに長いとは知らなかったです。一見その辺の雑草のよう。「玉葱の赤ちゃんだよ」と言って、穴にひとつずつ丁寧に入れていたようです。
■もうひとつの驚きはサツマイモの色!白い種類もあるんですね。お味は如何でしたか?
■造形遊びの画像を加工していると、例年より大きな写真なので、活動の雰囲気がよりリアルに伝わってきます。外からはなかなか見られない部分をできるだけ撮影してもらうようにします。

kakipic ポロリ(2017.11.19)
■帰路の途中、前歯の仮歯がポロリ。前回の歯科衛生士さんの検査でその部分に汚れがついていたと指摘を受けたので(いつも前回の検査で指摘を受けた場所は検査前入念に磨いていますが、毎回、違う場所を指摘)出張中も時間をかけて磨いていたのが仇になったのでしょうか?元に戻してもすぐに外れます。前歯だからとても目立ちます。マスクでカモフラージュも可能でも、食事もしにくいので、以前も休日に応急処理をしてくれる豊中市の保健センターに飛び込みました。来週、また出張があります。途中でポロリでは恥ずかしいし…。かかりつけ医に行くべきかどうか、思案中です。
■帰宅後、新しい園内コンピュータのシステム導入について、会社の方と電話でいろいろ対応。その人も全国を飛び回っていて帰社は今日とかの連絡をメールでしておきました。1月からの導入を目指して動いて下さっているようです。このシステムに先日、教員達に自分のデータを打ち込んでもらっていて、管理画面を見ると、「今日の誕生日」の欄に、教員一人の氏名が。まだ園児のデータは入っていないものの、そんな付録もあるようです。
■その後、いつもより遅めでもジムへ。サボりたい気持ちに打ち勝ちました!

kakipic 関東の勉強会(2017.11.18)
■午前中はビデオを見ながらの保育研修。午後からは描画をホールいっぱいに広げての描画研修でした。来月は発表会のビデオ研修なので、今年度最後の描画でした。来年度挑戦してもらえるように、画用紙の色の選択、年長の2色のパスでの線描などを提案しました。大勢の先生方がいろいろ挑戦して下さるでしょう。
■他園の実践を見て、自園で工夫されているのが嬉しいです。3人寄ればどころか何十人もの先生方の知恵で活動内容が充実していきます。私だけではなく、参加の先生方も実感して下さるから、休みの日に朝早くから出かけて集まって下さるのでしょう。もう10年以上になります。

kakipic 千葉県(2017.11.17)
■市原市の園に伺いました。そこで発見した新しいアイディア。年長のクラスには当園から提案した月の予定表が貼られていました。今日の日付には「小谷先生が遊びに来るよ」と書き込まれていました。それが新アイディアではなく、明日の欄には「〇〇ちゃんの誕生日」とありました。なるほど、と感心。子どもにとっては誕生日は特別な日。多くの園では誕生日表を担任の手作りで年度当初に作って壁面に貼られています。それを止めて子ども達の作品で学期毎に作ってもらっています。担任が色画用紙で作った作品よりも、子供達が作ったものの方が保育室には似合います。それに加えて、折角予定表があるのだから、そこに誕生日の欄に名前があると、当番発表時などに誕生児を祝えます。長期休暇時でも終業式などにお祝いできます。早速、来年度から当園でも真似ます。
■このスケジュール表、大活躍です。年長児はそれを見ながら、担任から言われなくても準備などもしてくれるとか。
■いろんな園に伺うことで、いろんな先生方のアイディアを頂戴しています。
■今週のつぶやきは、やはり発表会に関してのものが多くありました。「やっと教えてくれたね」とか「ちょっとだけでいいからピアノを弾いて」なんてつぶやきも。お母さん方も早速勉強?
■明日は関東の先生方の勉強会です。

kakipic 福岡県(2017.11.16)
■北九州市も暖かな朝でした。隣接の水巻町の姉妹園に伺って、普段の保育と造形遊びを拝見しました。造形遊びでは、ダンボール箱や木材での製作がまだ十分でないのに、個人製作に進むと、ダンボール箱等を単に置いただけで子ども達は満足してしまいます。ある程度しっかり作れてから個人製作に進めるよう、材料用具を出すタイミングを図りましょう。
■放課後は間もなく始まる描画展示の絵を拝見しました。学年当初からの絵を一人ずつまとめられたのを見ると、8ヶ月ほどで描く力が随分育っているのが分かります。
■日没頃に福岡市内に移動し、羽田に飛びました。千葉木更津郊外のホテルに10時過ぎ到着。明日は市原市の幼稚園に伺います。
■ワインの新酒解禁日に、年長の新チームのリレー。午前中は造形遊び、午後からはリレーとお母さん方の参観も忙しくなりましたね。お披露目レースの感触は如何でしたか?
■そうそう、今朝、伺った園の主任先生から、発表会のテーマ発表はいつですか、と尋ねられたので、準備していたページを待ち時間中にアップしました。これまでのアプリだと、自宅で作ってもリモートサイトにアップし忘れると、対応できなかったのが、今のはどこからでも操作できます。しかもサクサク。ちょっとした空き時間を利用して完了。便利良いです。

kakipic もうそんな時期…(2017.11.15)
■宮崎の幼稚園では一足早く造形遊びを拝見しました。どの学年もとても集中して遊んでいました。造形遊びは、ある意味子ども達の「夢の実現」です。年少児の風呂屋さんにはドライヤーがあったり、年中の女の子達は自販機のジュース缶を作っていたり、電車には窓ガラスもハマっていました。自由参観にも大勢の方が来られていて、微笑ましく見守っておられたのが印象的でした。この活動に取り始めた頃は、参観の親御さんが手を出しておられたとか。子ども達の世界に土足で上がられるようなことはなくなりました。
■この園でも、ホームページをスマホ対応にされたいとのことだったので、研修後、園長先生に基本的なことをお教えしました。
■夕方の便で福岡へ。今夜は北九州泊です。
■園の写真を見ていると、年長児が卒園記念アルバム用のグループ写真撮影をしていました。もう、そんな時期なんですね。カウントダウンとは言いたくないですが…。

kakipic 明日、配布です。(2017.11.14)
■発表会のテーマ発表はいよいよ明日。他園の先生方も興味をお持ちなので、結局新しいホームページでも公開することにしました。午前中、そのページだけを作成しました。
■農園からサツマイモの収穫時期を知らせてくださったので、急遽、日程調整して「お知らせ」でも掲載しました。1クラスのSOSを8名ずつ募集します。時間があまりありませんが宜しくお願いします。お父さんの参加も大歓迎です!
■年長はリレー大会に向けて新しいチーム編成をしていたようです。そのデビュー戦の日程も公開しました。
■最終便で宮崎に。17度!さすが南国です。明日はこちらの園に伺います。

kakipic 訂正!(2017.11.13)
■まず、お詫びを!明日14日(火)の造形遊びは年少とにじ組だけです。年中、年長はありません!すみません。
■CCクラブの方からのメッセージも「園からのお知らせ」に載せました。アイロンビースのキーホルダーについてです。お心当たりの方は園にお越し下さい。
■年長、年中は描画展までの最後の絵に挑戦していました。絵を選んで、名札を書いて、展示用に吊す作業は年少の体育参観後にかかります。

kakipic ブタ君達(2017.11.12)
■天気も良かったので、ブタ君達を園庭で遊ばせようと、小屋を開けました。黒いルルちゃんは近くの落ち葉を食べ始めましたが、白いピーちゃんは私の後をついてきます。階段室の横の給食室に餌があるのを知っているためか、私と遊びたいためかは確認しないまま、3階まで上がりました。階段は上がれないので、姿が消えました。
■固くなった食パンを携えて降りると、ピーはすぐに足下に来て、土のついた鼻をズボンに押し当てて催促します。ルルも遠くから小走りでやって来ます。「犬は人間の言葉が分かるのに、人間はどうして犬の言葉が分からないの?」とは子どものつぶやき。多少は分かります。ブーブーにも感情があることを。餌をもらうときは嬉しそうなブーブー。誰もいない、のどかなひとときでした。
■食絡みで最近の話。
リングイネを注文しました。上に三つ葉のような緑の野菜が2センチ程度にカットしたのが乗っていました。何だろうと口に近づけるとパクチー!そんなの、メニューに書いてなかったか、見落としたのか。幸いにも日本のパクチーは本場東南アジア産と比べて匂いはきつくないので麺には移っていなかったし、みじん切りではなかったので、皿の横に簡単に取り除けました。それにしてもブームって恐ろしいです。アラビアータの上にパクチーとは!そのうち和食にもパクチーの胡麻和えなんてものが出てくるのかな?あるいはすでにあるのかな?
■発表会の発表号も出来上がり、同時に提出された作品の場面割(選曲時に重要です)にも目を通しました。同じ作品でも、違う切り込み方をしているのもあります。就寝前にもう一度目を通して、明日担任達に返却します。いよいよ本格的な準備が始まります。

kakipic 発表会のテーマ発表は(2017.11.11)
■間もなくです。昨日、担任達からKI SOMETIMESの原稿が提出されたのを入力しました。来週中にお伝えします。子ども達も今か今かと待っているようです。保護者の方も。
■KI SOMETIMESを作成中、各クラスのタイトルを作っていると、ホームページでも、これまでのように公開したくなりました。このタイトルはホームページでも使えます。多分、そんなに時間がかからないかな?

kakipic 美味しかったよ(2017.11.10)
■丁度、給食業者の方が食器類を片付けに来られていたとき、ある女児がその人に「今日のカレー、美味しかったよ」と、ごく自然に言っていました。カレーは誕生会に食べられる特別な献立で、子どもによればママのカレーより美味しいというほどの人気です。それにしても、帰りがけに何気なく、こんな素敵な一言をかけられたら業者の方も嬉しかったでしょう。もちろん、「ありがとう」と言われていました。
■夕方、名古屋まで。2ヶ月に1度の勉強会です。まず描画。勉強会で描画を初めて拝見した頃とは格段の進歩です。子ども達の描く力をどのようにもっと引き出せるかを少しアドバイスできたでしょうか…。
■その後は、主任の先生が、これまでの勉強会でアドバイスしてきた発表会を原稿に起こされたのを元に、いろいろ話をさせてもらいました。夏に受けられた研修会の作品を取り上げられる際、やはり各園でのホールの広さの違いもあるので、そのまま使うと無理が生じる箇所も出ます。その辺りの再確認をしました。

kakipic 久し振りの雄叫び(2017.11.9)
■園庭から可愛い雄叫びが聞こえてきました。年少児達が久し振りにリレー。参観でなくてすみません。理由は聞かなかったのですが、非公開で行ないたいとのことでした。来週の体育参観でもご覧いただけるからでしょうか?
■年中がドングリ拾いの園外保育。予報では北風が吹いて寒くなるとのことでしたが、穏やかに晴れました。ドングリのお土産、いっぱいじゃなかったですか?
■いつも行っている近くの公園でも、遊具もない単なる広場なのに、子ども達の笑顔、笑顔。季節の移り変わりも身体で感じ、ぐんと距離が近くなった友達同士なら、遊びはいくらでも見つけられるのが子どもの特権。昼食も美味しそうでしたね。

kakipic 描画活動(2017.11.8)
■毎日のように描いていた描画も、あと1,2枚描けば終わりです。最近の写真は画用紙に向かっているために俯いたのが多く、写真としては変わり映えしなくてすみませんでした。
■放課後、多くの作品を見ました。主任達といろんなことを話し合いました。一番は指導に伺っている園の先生方ほど冒険(新しいテーマにチャレンジ)していないということ。描く力を育てるために効果的なテーマや材料用具での活動には意味があります。でも、それだけでは教育は滞ってしまいます。そう言いながら、他園の指導は4月から毎月1回。必ず描画も拝見しています。灯台下暗し。猛省しました。
■白い画用紙よりも効果的な色画用紙が多くあることも再確認しました。ある園では同じ配色の絵の具をいろんな色画用紙でサンプル帳を作られていました。効果的な検証法でしょう。
■子ども達が思い存分、自分の思いを表現できるための準備に限界はありません。

kakipic することがなかったです!(2017.11.7)
■年長の園外保育に引率して下さったお母さんが園に戻っての一言でした。「大人の遠足だった」とも。いえいえ、弁当の入った通園カバン等をまとめて置いて子ども達は遊びます。その間の見張りとか、何かとお世話をして下さっているのですが、あまりにも子ども達の行動がスムーズで出番が少なかったのでしょう。大人の遠足もいいじゃないですか。天気も良かったし。ありがとうございました。
■放課後、クリエイティブ・ムーブメントとリズム・バリエーションの園内研修を行ないました。年少児は預かり保育が少ないので、降園バスの最終便の子ども達に参加してもらい、年中と年長児は預かり保育の子ども達と。年長のクリエイティブ・ムーブメントは、いろんな楽器の音を動きで表現するという、とても難しい活動です。園でも久し振りに取り上げます。楽器によれば表現しやすいものもありそうです。先月行なった「機械作り」での経験も生きているようでした。実は、「機械作り」と今日の活動を合体することも可能なのです。かなりモダンダンス的な表現になります。子ども達のクリエイティビティが楽しみです。

kakipic 動き回りました!(2017.11.6)
■学園祭後の翌平日には、売り上げを持って銀行に行くのが常です。昨年までは現金を持ち込むと機械で数えて、金額を教えてくれるのが、今年からは取りあえず入金伝票に金額を記入しなければなりません。違っていたら受け取ってくれないのではなく、入金伝票を書き換えるだけ。まあ、銀行側の言い分も分からないでもありません。でも、各部署のお母さん方には当日の売り上げを計算してもらわないといけません。ただ、各部署で数えてもらっているので、全額一括して機械に通してもらえるので(以前は、各部署毎)、私の待ち時間は半分以下に。誤差は子どものお小遣い程度でした。
■その後、市内に移動して、いろいろ仕事を片付けて、夕方に一旦帰宅。着替えて、テニス、文字通り動き回りました!
■そうそう、レッスンの最初はコーチが打ち出してくれるボールを反対側のコートに置かれた三角コーンを狙って打ち返します。なかなか当たりません。当たってもほんの小さな音を立てるだけでした。ところが今夜は、そのコーンを打ち倒せたのです!進歩?ただの偶然?どちらにしても気持ちよかったです!

kakipic 一日在宅(2017.11.5)
■昨日ジムに行ったのは、今日一日は家にいたかったからです。ホームページをあちこち触るのは閲覧者が少ない日が最適です。地図を挿入する方法をいろいろ試みるも、思うように行かず、四苦八苦。ただし、もしかしたら間違っていたのではなく、タイムラグの問題だけだったかもしれません。なにせ、情報のやりとりは海外とですから。
■ホームページ作成アプリにはなかったので、手をつけずにいた幼稚園宛てのメール一覧も、以前の知識を生かしてトップページの下に全部加えられました。ただし、将来的には違う方法になる予定です。
■数日前からブタ君のどちらかの異変を知らされていたので、昨日から何度か見舞いに行きましたが、いつも通りで、硬くなった食パンもいつものように貪っていました。ご心配、おかけしました。
■工務店の方が来られて、どのようにトイレを改築したいかを説明しました。全体の雰囲気、便器の位置なども変える予定です。粗方の希望を伝えて、後は設計士さんに図面を引いてもらってからの打ち合わせになります。
■明日は動き回る予定!

kakipic 3週間振りで(2017.11.4)
■基本、ジムには日曜日に行きます。2週間前は台風で、不要不急では出かけないように言うテレビに従って休み。この日曜日は所用で休み。筋トレマシーン(というほどの重さも回数もなくウォーミングアップ程度)も重く感じます。たった3週間なのに…。
■いつもの速度で早歩きを始めるも、就寝中によく攣る左足には鉄の重りがついているよう。10分ほど歩くと普段通りに歩けるようになったものの、また、テニスは休まずに行ってたのに、この体たらく。日常の行動ではジワジワ老いが寄せてくる…。
■もしかしたら、昨日の疲れが残っていただけ?片付けを手伝おうとすると、お母さん方が駆け寄って労って下さいました。本人は、年寄り扱いしないで下さいと言っても空しさのみ?
■そう言えば、コーヒーの業者さんが、「今年はおじいちゃん、おばあちゃんの姿が少ないようですね」と。私、「もう僕たちがその年齢なんですよ。我々が見るおじいちゃんはもっと高齢」と。同世代の業者さんも納得。
■いろいろホームページを触っていました。つぶやき「生きている心」の最新号もアップしました。ご覧下さい。

kakipic 無事終わりました(2017.11.3)
■学園祭りの準備を始めた9月頃に、これまで長年納品して下さっていたみたらし団子と大福餅の業者から、今年は両方とも配達も一切できないとの連絡が入りました。急遽、いろんな業者に当たったものの、芳しい返事はもらえず、それに代わるものはと知恵を絞って安倍川餅に落ち着き、大福餅も業者が配達してくれるとのことで一件落着。
■ところが次はポップコーン。前売りも終わった頃に、廃業するとの連絡が入りました。個人商店でオーナーが他界されていたとの通知は後日知りました。こちらもいろいろ当たると、ネット社会の便利さで、業務用のポップコーン製造機だけではなく、材料も一括して販売している店が東京にあると知り、性能や材料の何を買えば良いかを電話で何度も問い合わせ(注文はホームページからだけ)、学園祭りの10日ほど前に機械も材料も届きました。これまでの業者は2日ほど前に工場で作ったのを納品してくれていましたが、今年は初めて作りながらの販売です。時間がかかり過ぎて長蛇の列にならないか心配しましたが、業者のアドバイスを聞いて、かなりパワフルな機械を購入した甲斐があり、またスタッフの方も手際よくして下さったのでスムーズに行なえました。
■この三連休で一番の行楽日和。大勢の卒園生だけではなく、懐かしい保護者の方も集って下さいました。手芸のワークショップは祭りの終わる時間まで、とても賑わっていました。一人一人の方のご協力で無事終われたこと、感謝致します。ありがとうございました。
■夜は南千里の公園でキャンドルナイト。子ども達も見に行っていたようですね。

kakipic 天気の心配はなさそうです!(2017.11.2)
■園内が一番賑わう学園祭りを明日に控え、放課後、スタッフやお手伝いの方々が準備を進めて下さいました。3時頃には粗方終わっていました。天気も申し分なさそうです!
■夕方からホームページの大引っ越しを始めました。子ども達のつぶやき集「生きている心」の抜粋ページです。この小冊子は私にとって思い入れの強いもので、どのように移行しようか思いを巡らしていました。今までのように1冊、1ページずつだと膨大なページにまたがります。それで、約5集ずつをまとめて、スライド形式にしてみました。保護者の方に描いていただいた表紙のアイコンも小さくて不鮮明ながらも紹介できました!全体像が見えないと最新号の加工もできません。今夜は50冊分まで引っ越ししました。残りの分と最新号の加工は数日内に終わる予定です。
■学園祭りが楽しみで眠れないなんてつぶやきもありました。でも、今頃は夢の中でしょうね。

kakipic 描画一色(2017.11.1)
■各学年、毎日のように描画活動を行なっています。それでも子ども達は飽きるどころか、「今日は何を描くの?」と聞いてくれるそうです。使用する材料用具も違うこともありますが、何よりも千里敬愛幼稚園の描画は各自の思いを表現できるからこそ楽しいのです。言葉で充分表現できなくても、描画も自己表現の大切な手段のひとつなのです。言われた通りに描かされたり、急にとてつない想像力を要求されたのでは子どもの筆は進みません。身近で感動的な1シーンを切り抜いてこそ、各自の表現が可能になります。
■主任達が撮影してくれた写真にも、すでに名作が写っています。ある担任は「私より上手に描いている」と驚いたとか。走るのが速い子がいるように、描く才能がある子も大勢います。そんな子ども達にとっては自分の力を発揮できる時間となります。年少児に担任が「良く描けたね」と褒めると、「絵描きさんになるんだ」と返したとか。その夢が実現するかより、描画活動を堪能しているのが嬉しいです。
■あるお母さんから、バスの変更などのメールができなくなったと言われてしまいました。確かに古い携帯サイトには、用件毎のメールアドレスを載せていて、それをクリックすると自動的に用件別にメールが送れるようにしていました。今年度も半分が過ぎたので、それらを保存されているか、経歴から探してもらえるだろうと思って削除しましたが、不便を感じられている方もおられるようなので、携帯サイト上に再公開しました。そう言えば、弁当投稿もピタッと止まったのはその所為でしょうか?スポーツの秋から芸術の秋、そして食欲の秋。グレードアップした弁当投稿ページへの写メ、宜しく!