描画 描画・年少

年少・柿の木(2種類の画材)

■活動時期:10月下旬
■画材:絵の具(橙、茶、緑、黄緑)、画用紙(白)
■ねらい:多色絵の具の使い分け
■導入:園庭の柿の木を見に行った後、「今日は柿の木を描いてね」と投げかける。
■園長のコメント
3色の絵の具は同時に準備し、絵の具の色が木のどの部分に使うかの話もなかったようです。
年長になるとよく見られる電信柱のような幹も殆ど見られず、柿の木独自の枝ぶりも表現しようと試みているのが読み取れます。
殆どの子が幹、枝を描いてから、葉っぱや柿の実を描いていたようです。
形になりにくい子も、3色を何とか使い分けて木を描こうしている姿が微笑ましいです。
また、どの子も絵の具の使い方をしっかり身につけていて、掠れたまま描いている子はいないし、このような経験値は年中になっても生かされます。同様に、絵の具の濃度、色合いも申し分ありません。指導者が絵の具を準備する際は、この2点がとても重要です。
■活動時間:10分〜20分

g20121103kaki01g20121103kaki34g20121103kaki33g20121103kaki32g20121103kaki31g20121103kaki30g20121103kaki29g20121103kaki28g20121103kaki27g20121103kaki26g20121103kaki25g20121103kaki24g20121103kaki23g20121103kaki22g20121103kaki21g20121103kaki20g20121103kaki19g20121103kaki18g20121103kaki17g20121103kaki16g20121103kaki15g20121103kaki14g20121103kaki13g20121103kaki12g20121103kaki11g20121103kaki10g20121103kaki09g20121103kaki08g20121103kaki07g20121103kaki06g20121103kaki05g20121103kaki04g20121103kaki03g20121103kaki02

■活動時期:11月上旬
■画材:墨、コンテ(赤、黄、緑、茶、こげ茶)、画用紙(白)
■ねらい:墨及びコンテの使い方
■導入:園庭の柿の木を見に行った後、「美味しそうな柿がたくさんあったね。今日は柿がたくさんなっている木を描こう
■園長のコメント
指導者は、墨で木を描く際、後で色を塗ると伝えたものの、塗ってしまう子が多かったと評価していますが、墨で幹や枝を表現するのは子どもにとって自然だと考えるべきでしょう。むしろ、墨の筆一本でこれだけ太さを描き分けている方が驚異的だと言えるでしょうコンテの彩色も墨ととてもマッチしています。特にねらいにしていなかったものの、混色を発見したり、墨の上から彩色して、コンテの特性も子どもなりに使いこなしているようです。
■活動時間:15分〜25分
g20121103kaki0201g20121103kaki0202g20121103kaki0203g20121103kaki0204g20121103kaki0205g20121103kaki0206g20121103kaki0207g20121103kaki0208g20121103kaki0209g20121103kaki0210g20121103kaki0211g20121103kaki0212g20121103kaki0213g20121103kaki0214g20121103kaki0215g20121103kaki0216g20121103kaki0217g20121103kaki0218g20121103kaki0219g20121103kaki0220g20121103kaki0221g20121103kaki0222g20121103kaki0223g20121103kaki0224g20121103kaki0225g20121103kaki0226g20121103kaki0227g20121103kaki0228g20121103kaki0229g20121103kaki0230

楽しいから好き!が合い言葉。子ども達も保護者も通いたくなる幼稚園を目指して。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。