園長のこぼれ話

novtitle 描画作品アップ(2018.11.17)
■先日伺った宮﨑の幼稚園の描画作品を2,3,4児各1作品ずつアップしました。慣れないフォトショップの操作も、これだけ集中的に行なうと、何となく分かってきて、作業効率もはかどります。どんどん、各園の実践を紹介しながら、勉強会仲間の先生方から新しいアイディアが出るのを期待します。
■出張以外は革靴を履かないし、歩くこともそれほど多くありません。まあ、3階の仕事場から1階への階段は普通の集合住宅なら5階分ははるほどなので、そこを日に何往復もしているのでカロリー消費はそこそこだろうし、足腰の訓練にはなっているはず。実際、普段身体をあまり動かしていない人には、あの階段、かなりきついはずです。呼吸の乱れは起こらないものの、足への負担は感じていました。ところが、先週あたりからどうも改善されたようで、楽にはなっていました。それを実感したのが、空港で降機してからの移動です。以前は人に追い越されることなどなかったのが、左足に違和感を覚えてからは、次々と抜かされても(帰路を急ぐ人が多いので早足)ただ見送るだけ。ところが今回の出張時では、抜かれることなく、人の波に乗って動けました。若返ったような不思議な感覚。こんなに無意識に歩けるのは1年以上振りでしょうか?あまり年寄り染みた話はしたくなかったのですが、歩行速度はかなり落ちていました。颯爽と歩けるって気持ちがいいです。明日は現場実証。

novtitle 造形遊び(2018.11.16)
■本日の園も造形遊びが真っ盛りで、普段の保育はホールなどでされているのを拝見しました。
■「さあ、今から造形!」と年中児。幼稚園なら、「工作」でも十分なのに、どれだけ意味が分かっているかは定かではないものの、極自然に、楽しそうに発した一言が印象的でした。
■放課後は描画展示用の作品を拝見しました。この園は展示スペースがあるので、一人、2,3枚。千里敬愛幼稚園より一足早く描画展示です。
■出張中、年長のお母さんから、リレー大会と造形遊び最終参観の日程を早く教えて欲しいとのメールが届いたので、電話で主任に伝え、最終調整をしてくれました。今年は台風等でマックプールの日程がずれ込んでいたのに気付かず、私の素案とは違った日程が今夜帰宅したら提出されていました。12月は私の出張もかなり入っているものの、現場から出された日程で問題なかったので、早速、「園からのお知らせ」にアップしました。お母さん方の熱い思いが伝わります。「最後なんだから」と。
■帰路の機内での話。
搭乗口から飛行機まではバス。車内でもパソコンを操作していた人が偶然隣席。機内でも継続。私はウツラウツラ。目覚めると、機内販売のチューハイのカップを両手で握りしめて、その人も疲れが出たのか、搭乗前にも飲まれていたのか、膝の上にパソコン、マウス、書類。その上にキャップのついていないカップにかなりの残量。ところが、片手が突如緩みました。落ちはしなかったものの、明らかに眠られています。心配になって声をかけると、カップを握り直して「考え事をしていました」と。でも、次の瞬間、すでにコックリ。寸暇を惜しんでの残業でしょうか。降機時、軽く会釈して下さいました。お節介ではなかったようです。

novtitle 子どもの優しさ(2018.11.15)
■今日、伺った園には年中の2学期から転入してきた園児が2名います。一人の話は先月お話ししました。もう一人は多動で、他の子達とのコミュニケーションも十分取れなかった子で、先月伺ったときも、なかなか保育室に入れずにいました。入園手続き時よりは、それでも落ち着きが見られるようになり、同じクラスの子ども達も徐々に受け入れられるようになっていました。
■それから一ヶ月。園庭で一人で遊んでいても、クラスメイトが呼ぶと、戻ってきていました。保育室では造形遊び。その子が筒のようなものを私の方に放りました。元に戻すと、近くにいた女の子が「ありがとう」と言ってくれました。でも、それだけではありません。少し離れたところから別の女の子が「すみませんでした」と謝るではありませんか!年中児です!一緒に生活し始めてまだ3ヶ月足らず。十分にコミュニケーションが取れないその子をクラスメイトみんなが温かく包み込んでいるのです。
■しかも、放課後、描画作品を拝見して驚きました。形は十分でないものの、構成、色合いなど、とても味のある作品がその子のものでした。まだ言葉でのやり取りはできないのにと驚きです。
■北九州にいます、明日はこちらの園です。

novtitle 偶然にも(2018.11.14)
■発表会のテーマ発表と、国営放送の歌番組の出演歌手の発表が重なりました。家庭では、どちらの発表に関心が高かったでしょうか?子ども達は勿論発表会ですね。年中、年長は、「明日から発表会をするんだ!」と意気込んでいるでしょうか?
■早速、ホームページを作成しました。出来上がりまでの様子を随時お知らせします。
■放課後は各保育室で描画展示の準備をしていました。一人一枚しか選べません。クラス全体のバランスを考慮したりの下準備です。この後、名札をつけて、紙テープで止め、来週から講堂に展示します。
■そして、明日から年長や年中の造形遊びも始まります。年長組では、グループに分かれて何を作るかを話し合って書き出していました。さて、どんな子ども達の理想郷が生まれるのでしょうか?
■宮崎へ飛びました。明日はこちらの園に伺います。

novtitle 超満員(2018.11.13)
■3歳児のにじ組の前は年少組の前より遥かに多いギャラリー。ポッケの頃は参観も殆どなかったし、にじ組からの入園児もいるので、やはり園生活の様子が気になられるのでしょう。ホームページの写真だけでは不十分ですね。実際にたっぷりご覧になって下さい。
■昨日担任達に返した発表会の場面割りの修正が、特に今日、締め切りと言っていなかったのに、終礼時に再提出。この場面割りを基準に、ピアノ曲を決めたり、挿入歌やエンディングの歌の選曲をするので、それぞれに、少しでも早く現時点での最終版を入手したいのでしょう。先日の誕生会で、「描画の次は何?」と尋ねたとき年長児が「発表会!」と答えていましたが、担任達にとっては確かに「造形遊び」より、発表会かもしれません。そう言えば、昨夕も保育室から「ありがとう拍手を」のピアノが流れていました。年中も発表会の最後に歌う歌を弾き合っていました。もう発表会の準備も本格的!
■さあ、そのテーマが明日発表です。保育室でも担任達から子ども達に伝えます。どんな反応を示してくれるでしょうか?緊張の瞬間です。

novtitle 一足先に(2018.11.12)
■年少の造形遊び参観が始まりました。と言うことは、描画は一旦終了でしょう。まあ、あれだけよく散らかしてと思われるほど、保育室内は段ボール箱でいっぱい。
■ホームページで時間をチェックして、買い物ついでにでも是非覗いてあげて下さい。2週間ほどでかなり変化が見られます。
■年中は3日間で体育遊び参観。指導者が途中、「運動会をするよ」と声を掛けると、その反応のすさましさ。「待ってました!」と言わんばかりの歓声でしたね。ミニミニのようにクラス対抗ではないものの、紅白に分かれるだけで興奮するのですね。体育遊びだけではありません。かずやことばのゲームでも、紅白対抗でよく行ないます。ジャンケンが好きなのと同じ心理です。
■発表会のテーマ発表は水曜日に配付します。原稿のチェックも済んだので、明日プリントして明後日配付。乞うご期待!

novtitle 間欠性跛行(かんけつせいはこう)(2018.11.11)
■最初の症状は昨年末の雲隠れ先で起きました。買い物途中で急に左足全体に痺れがきて、歩けなくなりました。新しく買った靴が合わないのかと思い、それ以降は以前のを履いていましたが、時折同じ症状。道端で暫く休んでいると痺れは殆どなくなり、歩けるようになるものの、違和感はずっと残っていました。
■園の行事がすべて一段落した春休みに、以前から世話になっている鍼灸院に出かけて、症状を説明すると椎間板ヘルニアによる間欠性跛行だとのこと。最初の頃は詰めて行き、最近は症状も出なくなったので予防の意味で、月に一回の通院に。
■歩けなくなるほどの症状は出ないものの、ジムのトレッドミルでの歩行は以前の速度では無理でした。でも、今日は復活!時折、補助バーを掴むも、回数は激変。嬉しくなって、その後の水泳も普段より2往復(80メートル)余分に。

novtitle 公開間近(2018.11.10)
■昨日、担任達から提出された「敬愛時々新聞」の原稿を入力しました。この時期の特集はもちろん「発表会」。校正などをしてもらって、来週中には配付できます。お楽しみに!と同時に、いよいよこの時期になったんだたと感慨。
■年長は新作揃い。年中、年少にも新作。ああ、言いたい!でも、フライングになるので、じっと我慢。
■新聞のタイトルはホームページでも使えるように作成。ホームページ上での公開は来週末の予定です。
■各作品の場面割り表も提出されています。長い話のどの部分を取り上げるか、この作業の最大のポイント。それが煮詰まると、それぞれの場面の音楽を決めていきます。ただし、この段階が最終形ではありません。実際に子ども達と活動しながら修正も勿論必要です。

novtitle 描画の次は?(2018.11.9)
■誕生会で、年長児に、描画展示の後は何があるか尋ねると、あちこちから「発表会!」何をするのかまだ発表していないのに、その意気込みは凄い!年長に進級後の会話に、年中で行なった発表会のテーマ名が出ていました。進級しても、もう1度したいようです。年長の発表時間は年中時より長いんだよ!どんなテーマかな?もうすぐ発表です!
■名古屋に行きました。愛知県3園の研修会です。最近は主に描画。画用紙の色を工夫することで作品としての違いがあることも理解していただけたようです。
■壁面製作も画像で拝見しました。担任の先生のセンスの良さがあっても、子ども達の姿が見られないとアドバイスさせてもらった作品も。子ども達が下請けにならないように。

novtitle すべてを満喫!(2018.11.8)
■芸術の秋、スポーツの秋、行楽の秋、そして食欲の秋も満喫!描画だけではなく、造形遊びを始めた年少のクラスもちらほら。年少とにじ組(満三歳)は久し振りのリレー。年中は園外保育でドングリ拾い。もちろん、とっておきのお母さんの手作り弁当。気温も高めで、園に帰ってからお茶の補給をしているクラスもありました。
■覚えておられますか?年少最初のリレー?人数の関係で、例年より1レースの人数を多めにすると大混乱。結局例年通りの人数で運動会、ミニミニ運動会を実施。今日はその大混乱の人数に再挑戦。結果は、何の問題もなく、バトン回しも、タイヤの移動もできていました。参観にすれば良かった!
■屋上ではにじ組(満三歳)もバトンを使ってのリレー。こちらは写真だけですが、一人前!

novtitle タブレットが大活躍(2018.11.7)
■描画導入時に動画をよく使います。写真だけだと撮影者の視線に左右されるケースがあるので、写真と動画を併用する場合が多いです。これまでは職員室のパソコンの前に集まって見ていましたが、現在は園児達の出欠管理等で使っているタブレットがWifiにもつながっているので、保育室で見られます。ディスプレイは小さいですが、何度か繰り返して見られるので、近くに集まって見ているようです。
■担任達は描画展で展示する作品を選び始めています。まだ何枚か描けそうでも、各自の作品毎に並べて、その子らしい作品を選び始めています。

novtitle 毎日が楽しすぎる!(2018.11.6)
■子どもの表現を借りれば、こうなるでしょう。土曜日の学園祭りで存分に楽しんだ直後に今度は園外保育。枯れ葉を取り除き、地面を食い入るように見つめ、黙々とドングリを集める年長児達にとってはUSJより楽しいかな?お土産はドッサリでしたか?先日の万博公園ではドングリが少なかったので、リベンジは?
■年少の保育室では早々と造形遊びに取り組んでいるクラスもあったようです。園外保育でなくても、園内でも、新しい活動にも挑戦!しかし、欲張りな子ども達は、そろそろ「運動会、何故しないの?」と聞き始める頃です。

novtitle 嬉しいメール(2018.11.5)
■ほぼ毎月伺っている幼稚園の園長先生から、ある卒園生についてのメールをいただきました。年中から入園の女の子は自力での歩行が全くできなく、歩行器が欠かせません。それでも何事にもとても前向きで、お母さんも健常児達と一緒の生活を望まれ、いろんな園に問い合わせられた結果、この園の入園を決められたと記憶しています。今は5年生。メールの一部を紹介します。
■……… 話をしているうち、M子ちゃんが泣き出してしまいました。
「どうしたの?」とお母さんが訪ねると、楽しかった幼稚園の頃をあれこれ思い出したら涙が出たのだそうです。
いつも「幼稚園に行きたい(通いたいの意味も含め)」と言っているそうです。
私も、顔を見ていると当時のことを思い出し、また、園への想いがこんなに深く残っているんだなと、ついうれし泣きをしてしまいました。
お母さんが「この幼稚園に通わせて本当によかったです。こんな幼稚園があって本当によかったです」とおっしゃいました。
「幼稚園の同窓生がいなくて、一人だけの入学だったので心配していましたが、この幼稚園での経験があったお陰で、すぐ友達がたくさん出来ました」とも。
また、運動会も、今までは、徒競走(だったと思います)は、ハンディで短い距離を歩行器で走っていましたが、みんなと同じ距離を走りたいという思いをクラスのみんなに伝えたそうで、当日は、ゴール前でクラスのみんなが応援をしてくれたのだそうです。
お姉ちゃんになっても、健気なところはあの頃のままのようです。
自分の想いを素直に伝えたり、いつも意欲的であったり、自信に満ちあふれていたり、「それらもみんなこの幼稚園のお陰です」とおっしゃて下さいました。
■皆と同じ距離を走りたいと、クラスメイトに伝え、そのゴールの瞬間を皆が迎えている光景が目に浮かびます。これこそが教育ではないでしょうか?
■そして、幼稚園の楽しかった日々を思い出して涙を流したこの子の感性をいつまでも周囲の人が見守って下さることを念じています。

novtitle テニス観戦(2018.11.4)
■今シーズ最後のツアーマッチをテレビ観戦。また、新しい世代のチャンピオンが誕生しました。それにしても、テニスプレイヤーのスケジュールは本当に過密です。故障者も続出。1年間フルに活躍する体力と気力は尋常ではないでしょう。週に一度のレッスンだけで私には充分な運動量です。
■今年の最終戦はトップ選手8名だけの大会。錦織選手が出られるかどうかは、故障者の一人が出場を辞退したときのみ。発表は間もなく。

novtitle 楽しんでいただけたでしょうか?(2018.11.3)
■予報では晴天でも気温は低めでしたが、小春日和で、正にお祭り日和でした。園児達だけではなく、入園予定の子ども達や、卒園生も大勢来て下さいました。皆様のご協力の下、盛会のうちに終われました。片付けにも園児、卒園生、そしてお父さん方に手伝っていただき、4時頃には教員達の終礼ができました。ありがとうございました。
■ある5年生の卒園生が、わざわざ私に話しかけてくれました。「トイレが綺麗になってますね。幼稚園児達にピッタリ」と大人びた口調で誉めてくれました。卒園生や保護者の方には初お目見え。如何でしたか?
■メニューバーをコロコロ変えてすみません。どうしたらより的確に見たいページに行けるか試行錯誤です。ご意見があれば是非お知らせ下さい。

novtitle いよいよ明日(2018.11.2)
■一年で一番人口密度が高くなるのが学園祭り。園児用のチケットを準備する段階から、子ども達も楽しみにしていたようで、週末のつぶやきからも読み取れます。午前保育の後、スタッフやお手伝いの方のために園児達を講堂に集めて賑やかな昼食会。ぎっしり満員でした。それだけお母さん方が協力して下さっている証です。
■3時前後には家路に急がれ始め、最後の方も4時には帰っていただきました。教員達も明日に備えて早めに退勤。天気は大丈夫そうです。盛況なお祭りになるでしょう。

novtitle 11月(2018.11.1)
■このページのイラストを探しに、旧サイトのデータ(パソコン上には残してあります)を見ていると、まだ引っ越ししていない作品があったので、急遽作業開始。貼り付け方法も、引っ越し時はいろいろ手間取りましたが、今はベストの形式も分かったので、比較的順調に。ただ、1学期の実践も多くありました。多分、昨年の引っ越し時がこの時期だったので、見逃していたようです。1学年下のクラスで今後(3学期頃)実践されると良いものもあります。
■時間があったので、12月の予定表に着手。そんなに慌てなくても…。気ぜわしくなるだけ…。

Oct2018 寒い!(2018.10.31)
■いやはや、子ども達はまだ体操服だけで動き回っていますが、堪えます。先日、ジムで血圧を測ると高め。スタッフが過去のデータを見比べてくれると、春とこの時期に上がる傾向があるとか。別の日、テニスで一緒の看護士さんに尋ねると、やはり季節の変わり目は誰でも上昇傾向になるとか。身体が気候の変化についていけないかららしいです。体調を崩している子どもも、教員もいます。気をつけましょう。
■描画、花盛りです。飽きるどころか、「今日は何の絵を描くの?」と聞いてくれるらしいです。運動会までは体育中心、描画展までは描画中心。どちらも、楽しくなければ、こんなに続きません。続けることで技術もアップします。あと何枚描くのでしょうか?

Oct2018 CCCLUB(2018.10.30)
■年中との楽器遊びは午後からだったので、午前中、3階広間を覗くとCCCLUBのお母さん方が集まっておられました。出来上がった作品を持ち寄られながら、ワークショップ用の小さなビーズを色毎に一人分を数えておられます。見ているだけで肩が凝りそうな作業。数年前から始められたこのコーナーは毎年盛況なのでお母さん方も熱が入るのでしょう。サンプルもホームページで見ていただけます。
■出来上がった作品も撮影しました。手芸がお好きなお母さん方は本当に細かい作業を得意とされているようです。寝る時間も惜しんで作られていたのではないでしょうか?こちらも新作を同じページで展示しています。
■ホームページの画像はPHOTOSHOPで処理しています。余裕ができると、いろいろ試したくなるもの。手芸好きなお母さん方と少し共通点があるかもしれません。ホームページのトップページの画像もいろいろできそうです。

Oct2018 年中と楽器遊び(2018.10.29)
■今日、明日で年中と楽器遊びをします。私がステップを踏むのに合わせて小さな打楽器を鳴らした後、子ども達にしてもらいます。ただ、走り回ったり、歩く子が例年多いのですが、それぞれのクラスでいろんなステップを踏んでくれました。
■その後はボックスホン。音盤を見るなり、「ソが増えている」と気付いていました。ドレミファソで私の真似っこも、とても集中して叩いてました。ゲリラ参観にしたいほどです。写真だけでは伝わらないですから。
■明日、クラス便りを配付しますが、これまで手書き原稿をOBのお母さん二人にお願いしてパソコン入力をしてもらったのを、こちらで一度チェックします。でも、教員達からの要望があり、メールで送るように先月から部分的に改めました。今月は全クラス。しかも事務宛てではなく、私のパソコンに直接送ってもらいました。昨夜のうちに送ってくれた分もかなりあり、残りも保育が始まる前に、それぞれのページに貼り付けも終わりました。これまでのように、OBのお母さんに頼んでいると、保育の後、ホームページの写真加工も重なり、かなりバタバタしていたでしょう。創立51年目の今年、いろいろ見直しをしていますが、クラス便りのデータ送付も、教員達にとっても私にとっても大きな改善になりました。

Oct2018 好天に誘われて(2018.10.28)
■ドライブに出かけました。行きはよいよいだったのが、帰りは大渋滞に。他府県のナンバーがずらり。思いは皆、同じだったのでしょうか?初めての一般道だったので、抜け道も分からず(ナビによれば他の道路も案内してくれますが、私のはそこまで性能が良くありません)、ただ、渋滞を抜けるのを辛抱強く待つだけでした。でも、10月最後の日曜日、秋の気持ち良い一日、概ね楽しいドライブでした。

Oct2018 キャンドル・ナイト(2018.10.27)
■今は「キャンドル・ロード」と呼ばれ、ニュータウンのビッグイベントになっていますが、最初は場所も時期も違っていました。場所は桃山台駅のバス発着場に隣接した小さな公園と、その公園に続く階段あたりでした。クリスマス・イブに点灯されていました。しかも、今のように紙コップに絵を描くのではなく、家庭から小瓶を持って来てもらい、その中に紙を仕込むものでした。もう何年前のことでしょうか?キャンドルロードになってから7年目だから、多分10年以上になるでしょう。千里敬愛幼稚園は初回が桃山台駅での開催だったので最初から協力させていただいています。
■初期の頃のクリスマス・イブ開催時は、丁度図書室もお休みの時期になるので、暗幕を張って自分のシェードに懐中電灯を入れて効果を楽しみました。年長は黒い紙で切り絵にしたり、いろんな工夫も試みました。
■つぶやき集の最新版からセレクトしたのをアップしました。このページのレイアウトが思い通りになりません。かなり時間をかけましたが…、何が問題なのか…。

Oct2018 私のために(2018.10.26)
■北九州市の隣町、水巻町の幼稚園に伺いました。2歳児が絵カードで「種類集め」を行なっていました。この活動は年少でも行ないます。言語に関しては個人差もあるし、早い時期からの刺激は絶対に必要なので、昨年から始まった2歳児のクラスでも積極的に取り組んでもらうようにしています。でも、いろんな対応は年少と同じではうまくいかないのも分かっています。でも、どうすれば良いか、私自身、2歳児との接点は多くないので、途中から保育を代わりました。100%私のために。いろいろ子ども達から教わりました。
■「子どもから学べ」とはよく言われることでも、活動自体が指導者からの一方的な指導では「学ぶ機会」もありません。「子どもから学べる保育」こそが、「子どもにとって有効な保育」だとも言えるでしょう。
■帰宅後、水曜日に撮影してもらった年中の描画を加工してアップしました。

Oct2018 花盛り(2018.10.25)
■年少の園外保育先の万博公園では、今が盛りのコスモスが迎えてくれたようです。撮影アングルもあるでしょうが、この週末が一番の見頃なのでしょうか?秋を堪能してくれたでしょう。
■宮崎の幼稚園に伺いました。年中に施設からの転入児がいました。その子、登園初日、「ここの幼稚園の方が良い」と言ってくれたそうです。他の園の入園を断られて、施設に通っていたのを、園長先生のご友人から、この園のことを聞かれたご両親が決断されたようです。入園2ヶ月、時々、自由な行動をしても、日に日に幼稚園の一員として活躍されています。今後どんなふうに成長してくれるのか、訪問が楽しくなりました。
■夕方の便で福岡に飛び、新幹線で小倉に。明日はこちらの園に伺います。

Oct2018 描画(2018.10.24)
■描画展までに、かなり多くの絵を描きます。各クラス、すでに描き上げた作品を持って来て、学年毎に検討しました。他園の実践を試みたクラスもあります。テーマの選択方法、材料の使い方などの再チェックをしたり、子ども達の表現方法に感嘆したり、2時間ほど、あっという間に過ぎました。描かせるのではなく、描きたくなる方法を、これからも探し続けます。次の作品のアドバスを求める教員もいました。
■明日配布する「せっせっせ」では、当園の過去の描画指導法を紹介しています。千里敬愛幼稚園では過去の遺産ですが、未だにこのような「描かせ方」をしている園も少なくありません。描画展までに是非お読み下さい。
■久し振りに午前中時間があったのと、子ども達のつぶやき集の最新版が印刷業者から届いたので、ホームページの「セレクト版」を見直しました。以前、大急ぎで作ったので不備も見つかりました。過去の分も見やすくなったはずです!一度、訪問して下さい。
■宮崎にいます。6月以来です。明日はこちらの幼稚園に伺います。

Oct2018 あれっ?(2018.10.23)
■昨日更新したのに、何故か消えてしまっていました。ご心配なく、元気でした!
■クラス単位では最後のボックスホンを年長と行ないました。ゲリラ参観の告知は昨日でしたが、ほぼどのクラスも10名ほどのギャラリー。如何でしたか?お約束通り、1オクターブの音盤を使っての合奏。保育室にもボックスホンと楽譜を準備しておきます。今日はメロディー全体を叩かなかったですが、探り弾きで奏でる子も出てくるでしょう。
■活動が終わって、お母さんの方に近寄った子が「今日はしないの?」と尋ねていました。参観時にはお母さんの演奏もあったからです。来年はギャラリー席前に準備しておきましょうか…。

Oct2018 育てる(2018.10.21)
■一年前から勤務して下さっている運転手さんは、以前信州で野菜を育てるアルバイトをされていたとかで、土いじりがお好きです。週末もよく園に来て、普段園児がいるとできないのでと、いろいろ手入れをして下さっています。ヒマワリが終わった頃、どんな花を花壇に植えようかと相談を受けましたが、私の知識より遥かにご存知なのがすでに分かっていたのでお任せしました。
■苗を植えられたときは、ちょっと寂しそうでした。苗の間隔が以前の花壇より広く取られていました。でも、きっと「育てる」ための考慮だと見ていました。少し日数が経つと、ぐんぐん大きく育ってきました。植物は水、土、それに太陽が必要な程度の知識があっても、実際に育った後を想像して花壇を飾るなど私にはできません。

■ガーデニングがお好きな方は、一番若い運転手さんにお声をかけられたら、いろいろ話にも花が咲くでしょう。

Oct2018 1歳児の発表会研修(2018.10.20)
■姫路市の隣り町、たつの市のこども園に伺って、1歳児の発表会の作品を作りました。千里敬愛幼稚園の1歳児は週1回、しかもお母さんと一緒なので、こども園の子ども達とは経験差は明白なので、千里敬愛幼稚園の作品はそのままでは使えません。毎年、オリジナルで作っています。
■先生方で作られたのを拝見しながら、1歳児のこの時期ならどんな動きができるかを聞きつつ、また、作品としての見栄えも考慮しながら、1時間半ほどで作り上げました。先生方の理解度も進まれていて、とても順調に仕上がりました。
■帰路は、快晴に誘われてドライブ。川沿いの細い道を走っていると、狭い道を横転した車が塞いでいました。歩道の道路標識が倒れていたのを見ると、歩道に乗り上げ、そのまま横転したのでしょうか?
■中国道を走行していると、例の渋滞箇所で事故の表示。新名神経由も考えたのですが、4㎞の渋滞とあったので、それほど時間がかからないと思いきや、通過に1時間ほど。3台の玉突き事故。明日も行楽日和とか。くれぐれもご注意を。

Oct2018 ちびちゃん達のミニミニ運動会(2018.10.19)
■驚かれたのではないでしょうか?運動会本番から半月あまりで、新たに2つの種目!それらをこなしているのも驚きですが、にじ組の子ども達が勝敗に歓喜している写真は運動会当日とは全く違っていました。運動会当日は自分達のプログラムが終わったら解散で、他の学年のは見ていなかったはずなのに、この変化!当日の雰囲気を感じ取り、その後クラスで行なって行くうちに理解したのでしょう。進歩が早い!
■園庭でする運動会の方が楽しいとか、年少児もミニミニ運動会をもう一度したいなど、運動会熱はまだまだ冷めないようですね。年長は綱引きを楽しんでいました。年中も縄跳びそのうちするのでしょうか?

Oct2018 コスモスは咲いていた!(2018.10.18)
■年長の園外保育の写真では、あまり咲いていないように見えたコスモスはいつものように咲いていたようですね。秋のほのかな甘い匂いを嗅ぐ姿が可愛いですね。この週末、家族で出かけられては如何ですか?
■朝の迎えのバスが戻って来ると、学園祭りのスタッフさんを乗せて大阪市内の問屋街へ。送りの時間ギリギリに、大量の景品を仕入れて戻られました。学園祭りの準備も本格的。
■満三歳のにじ組に入園した頃の毎朝、泣いていた子のためにキャラ弁を作られていたのが、元気に登園するようになっても、お母さん自身がキャラ弁作りに興味を持たれたとかで、これまでの作品を一気に送って下さいました。
■関東の勉強会で頼んでいた描画作品のデータも送っていただきました。同じテーマのページにアップしました。2作品とも年少です。

Oct2018 CCCLUB(2018.10.17)
■年中音楽参観の最後のクラスを終えた後、3階に上がると、CCCLUBのお母さん方が作業をされていました。学園祭りで好評の手芸教室の細かい材料を1セットずつ手作業で分けておられました。私の根気と老眼では1セットすら数えられないでしょう。
■この時期になると学園祭りで即売される作品をホームページで紹介し始めます。是非お気に入りの作品をチェックしておいて下さい。
■あるお母さん、他のお母さん方の作品を見ると俄然意欲が湧いてくるとか。あまり根を詰めすぎて肩こりになられませんように。
■あれっ?ミニミニ運動会も終わったのに、年長児達はまた綱引き!ホント、好きですね!園庭の活気を感じて、年少児達も「今日は運動会しないの?」ときっと尋ねるでしょう。

Oct2018 気付きませんでした(2018.10.16)
■写真を見るまで。年長の園外保育だったことを。今日も一日中、年中の音楽参観でしたから。先月、万博公園に尋ねると、そのときは、台風被害のため、休園中。コスモスが咲く頃までには再開したいと。間に合ったようです。でも、コスモスの数は例年よりかなり少なめ。いえ、記憶では昨年も?繊細な草花なんですね。
■音楽参観の合間に2階廊下から、満三歳児と二歳児が一緒になって、ミニミニ運動会の種目に初挑戦。チョコチョコ歩きが何とも可愛い!写真を見て驚き。すごい投球フォームで投げている子も。勿論、その横で、両手いっぱいの紅白玉を抱えている子も。
■いろんな姿を見せてくれるのは年中も同じ。子どもって、それぞれのペースで成長しているのだから当たり前です。同じように見せようとするから歪みが生じてしまうのです。
■年少の残り2作品もアップできました。

Oct2018 年中音楽参観(2018.10.15)
■千里敬愛幼稚園の参観はぶっつけ本番です。意外に思われるでしょうが、他園の参観は準備周到で、参観のリハーサルのようなことすらされます。それでは子ども本来の姿を見ていただけません。もちろん、ぶっつけ本番ならどうなるか、本来なら指導者がハラハラドキドキなのですが、私は自然な子どもの姿を見るのが好きだし、だから感動的だと考えているので、ハラハラドキドキではなく、楽しみなのです。お母さんの方が緊張されるかもしれませんが。
■サウンドプレイ(楽器遊び)とザイロホンやハーモニカでの子どもの様子の違いもご覧いただけたのではないでしょうか?
■夕方、先日の東京での研修会で頼んでいた描画のデータが大量に届きました。年長は蜘蛛の巣、年中はジンベイザメ、年少はクレーン車、消防自動車だけアップ完了!残り2作品は明日中にアップします。お楽しみに!

Oct2018 小さなレストラン(2018.10.14)
■かなり以前にも、ここで紹介した、ジム近くの小さなレストランの話。オーナーシェフは以前繁華街で大きなイタリアンを従業員も沢山使って経営されていたそうですが、高齢を理由に閉められたとか。ところが、その後、時間を弄ばれ、家族だけでできる小さな店を、敢えて人通りの少ない場所に、以前の馴染み客にも通知しないでオープンされたとか。直後に偶然見つけて、ちょくちょく通うようになりました。イタリアのどこにでもあるシンプルなメニューが気に入りました。ところが開店数年は、いつ行っても殆ど開店休業状態で、この店を開けられるまでは専業主婦だったのが丸わかりの奥さんが入り口で人の流れをぼんやり見てられることも。応援するつもりで(オーナーシェフが私の世代)、定期的に行っていたのが、いつの頃からか賑わうようになりました。インバウンドの影響、SNSの効果もあるようで、20席に満たない店のノブに[FULL]と掛けられていることも。和食もいいけど、ときには馴じんだ味を求めるのは旅行者の常。「街の食堂」として、これからも続けて下さい。私ごときがもう応援する必要もなさそうです。

Oct2018 収穫の多い出張でした(2018.10.13)
■講師という立場で園に伺ったり、研修会に参加していますが、一人の個人だけでは見えないこと、考えつかないことを逆に教えてもらえる良い機会です、勿論私自身も色々具体的なアドバイスもさせていただいていますが、いろんな情報交換もしてもらっています。共通の教育観がベースにあるから、役立つ情報も沢山あります。
■情報だけではありません。各地の勉強会での先生方の良い実践を紹介しています。今日の研修会では、新しい描画の実践が沢山ありました。画像データをお願いしたので、出来るだけ早くアップします。運動会も終わり、本格的な描画活動が始まるので参考になさって下さい。特に年少に新しい実践が花咲きそうです。

Oct2018 できたようですね(2018.10.12)
■年少のミニミニ運動会。残念ながら私は出張で応援できなかったですが、写真からも子ども達の熱気が伝わります。楽しんでいただけたでしょうか?
■ミニミニ運動会が終わった年長児の発表会への関心が高まっているようで、テーマを担任に聞いているようですが、子ども達の予想が微笑ましいですね。年中時に行なったテーマ名を言っています。年中時の発表会を再演したいようです。半年以上経ってもその楽しさを覚えているのです。年長では新しいテーマだよ!
■神奈川県海老名市から新しい高速道路で30分ほどの愛川町にある幼稚園に伺い、10時から1時30分まで、かなり過密な日程で、3学年の活動を色々拝見しました。放課後、描画を拝見しました。年長で、楽しい実践があったのでデータをいただきました。残念ながらノートには加工用のデータが入っていないので、帰宅後アップします。
■明日は関東の先生方の勉強会です。どんな実践を拝見できるのか楽しみです。

Oct2018 よく降りますね(2018.10.11)
■吹田の予報を見ると今日は雨が降っていません。でも降っていました!園庭にも水が浮いていました。市内でも降ったところと、そうでないところがあったのでしょうか?でも明日は大丈夫そうですね。
■年長の残り3クラスと楽器遊び。楽器遊びは何故か子ども達の笑顔に包まれます。声を出して笑うのです。不思議な活動です。
■同じ楽器遊びでも、ザイロホン(木琴の一種)演奏になると、真剣な顔に変ります。今回はザイロホンよりハーモニカの方が難しかったですが、クラスでの成果が見られました。曲はリレーの歌「涙と勝利と」でした。
■学園祭の前売り券販売も終わりました。本格的な準備も来週から始まります。
■神奈川県海老名にいます。明日はこちらの園に伺います。年に一度の訪問です。

Oct2018 待ってくれました!(2018.10.10)
■雨が。予報より早めでしたが、年中のミニミニ運動会には影響なくて何よりでした。私はずっと講堂で年長児と楽器遊びをしていたので、クラスの入れ替え時に2階廊下から眺めるだけでしたが、声援はしっかり聞こえていました。それぞれの種目の得点方法が必ずしも公平ではないものの、勝敗よりも、皆で頑張る喜びを知ってもらえたらと願います。
■さて、年長の楽器遊び。普段なかなか触れられない大きな楽器に挑戦です。見ている子達の反応が楽しいです。耳を塞いでいるのは、銅鑼やティンパニー。かなり迫力のある音を出している子もいました。
■その後、リレーの歌「涙と勝利」をボックスホンとハーモニカで。ハーモニカは各クラス保育室で行なっていましたが、今日の3クラスとも、とても綺麗な音を出していました。発表会の曲も問題なさそうです。
■寒かったですね。体調管理に気をつけて下さい。

Oct2018 あつかったですね!(2018.10.9)
■晴天から降り注ぐ日差しも、お母さん方の声援も!年中、ミニミニ運動会初日。
■最初は縄跳び。ギャラリーも比較的静か。子ども達の頑張りを見守るようでした。でも、次のタイヤ取りになると、声援もヒートアップ!一度、かなり引っ張られても盛り返すと、声援にも力が入って当然ですね。
■明日のリレーは各クラス4チームで走るので、総合得点はどうなるのか予断が許されません。明日は曇り空のようですが、あつさは今日以上になること間違いなし!

Oct2018 テニス(2018.10.8)
■二日続けてテニス観戦。準決勝はとても安定していたのに、昨日の決勝はミスも多くて完敗。錦織選手の話です。
■そして、今日は私のテニス日。コーチの球出しでストロークの練習では三角コーンを目掛けます。たまに当たることはあっても、これまで一度もコーンを倒したことはありません。基本的に非力だから。でも、今日、初めて倒せました!ストロークにちょっと威力が出てきたのかな?
■別のクラスに85歳の方がおられるとか。それだけでも凄いのに、まだ上達されているとか。コーチからの心優しいアドバイスとして聞きました。
■明日は運動会日和のようですね。そうそう、保護者の送迎バスが出るかどうかの質問メールがありました。はい、運行します。

Oct2018 ミニブタピーちゃん(2018.10.7)
■工務店の方が、あちこちの排水口の蓋の取り替えに来て下さっていました。ちょっと依頼したいこともあったので、階下に下りると、「ブタ小屋に入れるか?」と尋ねられました。その方ではなく、私が。勿論、入れます。ブタ小屋の排水口の蓋も取り替えようとされると。ピーちゃんに咬まれたとのこと。厚手のジーンズの上からなのに、負傷。
■ピーちゃんとルルちゃんはかなり性格が違っていて、おっとりタイプのルルに比べるとピーは赤ちゃんのときから積極的でした。私を咬むことは一切なく、むしろ、濡れた鼻を足下にすり寄せるので、ズボンが汚れて困るほどなついています。ただ、男性職員にはどうも攻撃的になるようです。
■排水口の蓋を取り替える際も、寝室から顔を覗かせるだけ。ミニブタは犬並みの知能があるとか。飼い主が誰だかはっきり認識しています。子ども達にも決して攻撃的な態度は見せません。こんな点も犬によく似ています。
■友人に頼んでいる「もじ遊び」の新しいページができました。

Oct2018 久し振りにトイレの話(2018.10.6)
■先週の台風で足止めされていたときにネットで見つけたトイレの話。
■兵庫県下の小学校数校で、トイレの内壁の塗装を従来のベージュ系やグレー系から、赤系、青系、緑系に塗り替えたところ、いずれも臭わなくなったとの意見が15%20数%の生徒から返ったそうです。塗装以外は何も変えていません。視覚的なもので臭いが軽減されたように感じただけです・そして、赤、青、緑系で、一番臭わなくなったと言ったのが、緑系だったそうです。そんな色彩心理学からトイレの色を決定したのではなく、他の園の写真をネットで見て、最も清潔感があったのが緑系だったからです。ただ、その画像の便器の一部には黄色が使われていましたが、あくまで緑と白で統一しました。

Oct2018 誕生会(2018.10.5)
■誕生会の感想をメールでお寄せいただいたので紹介します。
■幼稚園最後の誕生日会。とても楽しく過ごさせていただきました。大人しかった我が子も3年間ですっかり敬愛っ子です。ここ最近色んな出来事があり、少し情緒不安定な部分もあって毎日心配する毎日でしたが、今日は「こうしてみるとやっぱり成長したなー」と実感した1日でした。誕生日は生まれた本人が主役ですが、敬愛のお誕生日ではいつも私が「ありがとう」と言ってもらい、嬉しい限りです。今日の歌なんて、特に感動でした。
それに今日、保育室の前で待っていると「おめでとうございます」と声をかけて下さった事務の先生や、講堂でのお誕生日会の後「今日はおめでとうございます」と保護者に言って下さった先生。子どもの誕生日会なのに、嬉しいというか、なんというか。。。子どもの誕生日で親が「おめでとう」と言ってもらうことはまずないですし、ウルっときました。
運動会が終わった時から、全てが卒園に向かってるようでひとつひとつの行事が終わる度に寂しい気分になる私ですが、子ども自身には思いっきり楽しんでもらいたいと思っています。3年間素敵なお誕生日会をありがとうございました。
■子どもが主役でも、誕生日を迎えられたのは周囲の人のお陰です。その立役者の一人がお母さんなのですから、子ども達には、お母さん方に対しても感謝の気持ちを持ってもらいいたし、子ども達の成長を共にお祝いし、喜びを分かち合う意味も込められた「おめでとう」なのです。

Oct2018 またまた(2018.10.4)
■職員朝礼時はまだ降っていなかったものの、いつ降り出してもおかしくないような雲。年中のミニミニ運動会は順延した方が良さそうでも、10月はいろんな行事が目白押し。明日も誕生会。週明けは個人面談のため12時30分降園。一度12時30分降園日に年長がミニミニ運動会をした際は昼食時間がとても慌ただしかったとの報告。しかも今年の年中は7クラス。午後保育のある日でも保護者の種目も出来ない算段。だったら、種目を減らそうかと提案するも、すぐに却下されてしまいました。縄跳びだって運動会当日以降に跳べるようになった子もいるから見てもらいたいと。だったら、2日に分けるしかありません。もちろん、クラスの得点は2日間で合算。長く楽しめるから、それもいいかな?少なくとも、もし今日実施していたら、終わり頃には冷たい雨に当たっていたでしょうし。
■とてもショックな話。
放課後、預かり保育の子ども達との研修会で、年長のリズム・バリエーションでスキップをしながら障害物を飛び越えるデモを見せようとすると、両足ジャンプができない!よろけてしまって子どもの失笑をかってしまいました。そう言えば何年もこの活動、自分でしていなく、週に1度のジムもテニスの甲斐もなく、そこまで身体のバネがなくなっていたのかと愕然。子どもの前で行なうのは久し振りだったので、身体も緊張で硬直したのかもしれません。密かに先ほど再挑戦すると出来ました!やっぱり緊張からの失敗!そうか、縄跳びだって、跳べる子もこんなふうに緊張感から失敗するんだと妙に納得。
■久し振りに、というか、2学期になって初めての弁当投稿をいただきました。こちらからどうぞ。

Oct2018 入園手続き(2018.10.3)
■午後からは来年度入園園児達の手続きでした。午前中は3階和室に学園祭りスタッフさんが集まって準備を始められていました。私も負けじと、来月の予定表を作成。時計が凄いスピードで回っているようです。
■年中の一部のクラスと年少、満三歳児は歯科検診。友達の乳歯が抜けたのに、自分のはまだ抜けない。丈夫なのかな?と心配しているつぶやきがありましたが、丈夫な方が良いじゃないですか。
■明日の天気予報も見る毎に変わり、今は朝から雨…。年中のミニミニ運動会は来週になる公算大です。最終的には明朝決定します。

Oct2018 年長・ミニミニ運動会(2018.10.2)
■100%中立で応援している私でも、疲れてしまうほどの熱戦の連続でした。お母さん方は比較にならないほど緊張と興奮されたでしょう。トップページの写真はリレーを応援されている姿です。リレーは4コース、4クラス。声援を送られているお母さん方と、レースに出ていないお母さんの表情の対照が微笑ましいですね。手に持たれているビデオカメラのレンズは下向き。園庭しか写っていないのではと心配。
■体育活動はすぐに結果は出ません。速く走れるようになりたい、縄跳びが跳べるようになりたいとの動機付けが重要です。最初から恐怖心や否定的になってしまっては逆効果。遠投やサッカーも、「やりたい」のきっかけになってくれればと願っています。結果は後からついて来るのは、力走する子ども達からも見えます。
■満三歳児と2歳児のピンクポッケが一緒に近くの公園まで園外保育。笑顔がはち切れていましたね。

Oct2018 台風一過(2018.10.1)
■大阪は秋晴れの清々しい一日でした。台風も身構えたほどではなかったと安堵しましたが、進路の東側では、かなりの強風で被害も出ていたようです。
■全部の種目のある運動会が終わると早速学年毎の運動会。年長は保護者競技の綱引きに挑戦。年中、年少は、それぞれ上の学年の種目を単純化したものに挑戦。見ているから自分達も挑戦したいとの思いがあるはずだから、早速取り入れています。もう来年度の運動会が始まっているのです。明日は早速年長のミニミニ運動会。リレーは新チームでのぶっつけ本番です。気合いも充分でしょう。
■先週の火曜日から続いていた早起きの最終日。来年度の願書の受付です。もう10年以上も並んでいただくなくても入園できると伝えていても、やはり早く来られる方がおられます。保育室で待っていただくための案内役が私の勤め。後は早めに出勤してくれた事務員とバトンタッチ。そして、今年度の後半のスタートです。