園長のこぼれ話

ga-bera 老老介護(2018.5.20)
■なんて安易に使うべきではないでしょうが、昨年の夏、肺疾患で3ヶ月入院していた名古屋の友人が仕事を再開し始めての新幹線移動で、周囲が心配し、付添人として新大阪まで迎えに行った様は正に老々。友人は常に酸素を鼻から吸引しなくてはならず(最近はボンベではなく、電源を用いて酸素を発生させる比較的コンパクトなのがあって、それを肩から掛けていました)、新幹線なら電源が使えても在来線だと予備のバッテリーを交換する必要があるとかで、車での移動なら時短にもなるし、シュガーソケットが使えるので、西宮までの送迎をしました。
■それで気付いたこと。新大阪駅には障害者用の駐車スペースが全くないんですね。友人は歩行ができても、そうでない人はどうされているのでしょうか?特に到着場所には降車レーンがあっても無断駐車が全てのスペースを占領していますした。やっとゼブラゾーンに空きがあったし、降車にそれほど時間がかからないとは言いながらも、車椅子の人はどうするのだろうかと今まで考えもしなかったことに気付かされました。

ga-bera ふらっと(2018.5.19)
■雨も上がり、塊の雲が青空に白く浮かんでいたので、ちょっと出かけました。有馬温泉。最近、近くにも天然温泉を謳ったスーパー銭湯があちこちに出来ていますが、座骨神経痛の効用は疑わしいので、少し足を伸ばしてでもと思い立ちました。ただ、有馬温泉の公衆風呂へは一度行った際、芋の子を洗うほど混雑していて再訪を躊躇っていたのが、数日来の暑さから解放された爽やかな冷気の所為でか、以前一度立ち寄った茶寮を急に思い出しました。そこは温泉街から少し離れた旅館が経営していて、食事を摂ると無料の入浴券がついてきます。食事代に入浴料が含まれているかの詮索よりも、昼ご飯も食べられて、源泉にも入れ、しかも前回行ったときも昼時の旅館の湯だからでしょう、ゆっくりのんびり入れ、予約も必要なし。何故、長い間、思い出せなかったのか不思議なほどの穴場。前回入れなかった風呂にも入れました。神経痛に効果があるなら、週末のメニューに加えましょう。穴場ってどこ?教えません!穴場じゃなくならから。

ga-bera 年中の縄跳び(2018.5.18)
■昨日の年中縄跳びは、昨年の指導案を基に実践しましたが、朝礼後、担当者から片手で縄を回すのをなくし、最初から両手で回す活動を入れたいのだがとの相談がありました。片手回しは2年目に始めたものですが、昨日の子どもの様子から判断したようです。縄跳びは両手で縄を回します。その最終形のための前段階として片手回しを導入していましたが、果たして必要かどうかを判断したようです。なので今日は両手回しから。今日の子ども達の様子を見ていると、片手から始める必要はないようです。
■昨日の3クラスでは跳べる子が殆どいなかったそうですが、今日の1クラスでは数人跳べていました。でも現時点の結果ではなく、これからの新しい楽しみになってくれればと願っています。その願い通り、これから毎日でも縄跳びができると担任が言うと、喜んでいたり、実際、昨日の経験だけでも縄を回すタイミングが良くなっていた子も多かったとか。
■放課後、遅めの新任歓迎コンパ。テーブル毎のゲームでは私のテーブルが最下位でしたが、罰ゲームは勝手に回避しました。職権濫用?

ga-bera 初めての活動、目白押し(2018.5.17)
■写真でしか見られなかったですが、年中は今週火曜日のハーモニカに続いて、新たに縄跳びに挑戦していましたね。現時点で何人ぐらい跳べているかの報告は明日聞くとして、今日の活動は縄跳びに繋がる縄を回す感覚を知らせるもので、今、跳べているかは重要ではありません。少しずつ展開して、運動会の頃には感覚が掴める子も増えるように指導します。お楽しみに。家庭でも今日のような遊びを子ども達となさって下さい。
■宮﨑は朝からかなり温度が上がっていました。真夏の蒸し暑さほどでもなかったのでジャケットを脱ぐほどでもなかったものの、来月伺う頃はどうでしょうか?
■体育遊び、数遊び、リズム・バリエーションなどいろんな活動を拝見しました。この園でも事前の研修はしっかりなさっていたので、私はほぼ参観者でした。
■年長児の一人がとても記憶力の良いとのこと。その子、何故が私の前で「お風呂ジャブジャブ」を正確な音程で歌いながら手を洗っていました。「この歌、3番まであるんだよ」と言うので、「お母さんには内緒なんだ…」と歌って見せると、「それは3番」と即答。その後、今の子ども達にはとても難しい数遊びの教材だったので、その子を注意して見ていると、何の躊躇もなく素早く正答。好きなことの記憶力だけではなく、認知発達も桁外れの秀才君。放課後、その子の話が再度出たので、2歳児で入園した頃の話題に。先生が弾くピアノの側で鍵盤を鳴らす悪戯をするので、私がピアノの前に座って膝に座らせ、メロディーを一度弾いてやってから左手の伴奏だけを弾くと、何とその子はメロディーを正確に弾き始めたのです。そのときの子と今日の年長児とは記憶で繋がってはいなかったのですが、このエピソードは覚えています。特別な才能を持った子のようです。良い面を壊さないように、いろんな活動を経験しながら、卒園時にはどんな子になっているのか、この園に伺う楽しみがまたひとつ増えました。

ga-bera 夏?(2018.5.16)
■昨夜、北九州のホテルの部屋に入ると冷房が効いていました。昼間は暑かったのでしょう。そのまま今日も蒸し暑い1日でしたね。札幌でも夏日。
■北九州市の隣町の姉妹園2園に伺って、いろんな活動を拝見しました。新任の先生も数名おられましたが、事前の園内研修をしっかりされていたようで、小さなアドバイスだけ。
■放課後、描画を拝見しました。多いクラスはすでに4枚の作品を描かれていました。テーマと材料用具がうまく合致すると、この時期でもとても良い作品ができていました。逆に子どもの描く能力を見間違えてテーマや材料用具を設定すると、子ども達も十分に描けません。良い結果が出なくても次の描画活動に活かすのが重要です。
■福岡から宮崎に飛びました。明日はこちらの園に伺います。

ga-bera 笑顔の量(2018.5.15)
■年少児が多分日本で一番早い時期の園外保育に出かけた写真には沢山の笑顔が写っていましたね。1ヶ月ほど前の入園直後では、まだどこなく硬い表情だったのが、と思いつつ、2歳児の写真を加工していると、黙々と遊んでいるものの笑顔がありません。この子達もすぐに笑顔を見せてくれるでしょう。
■登園時間にポッケの部屋に入ると、お姉ちゃん達がポッケの子ども用に準備した玩具で遊んでいました。勿論、お世話もしてくれています。そのためか、単独登園2日目にしてピンクポッケもかなり落ち着いたらしいです。
■年長児と楽器遊び。前半は音楽に合わせて手拍子、膝叩き、足踏みなど。どうしてあんなに笑ってくれるのでしょうか?勿論楽しいから。音楽で笑えるなんて不思議でしょうが、心が繋がっているからでしょう。
■その後のボックスホンやハーモニカでは真剣な表情を見せてくれました。ゲリラ参観にしたいほど!
■北九州市にいます。明日はこちらの園に伺います。

ga-bera 年少の母の日参観(2018.5.14)
■子ども達の普段の様子を見ていただいたり、一緒に遊んだり、手作りのプレゼントまで贈られて、ほんの1ヶ月ちょっと前に入園した子ども達の様子の変化に驚かれたのではないでしょうか?
■私の感覚では、ほんのつい数年前まで教員として勤務してくれていた元教員の子ども達が2名年少として入園しての初めての大きな行事に、母親として参加して「楽しかった」との感想を言ってくれました。勤務した年も年少の担任。当時もオーバーラップしたことでしょう。
■一日、講堂で年中児と主にハーモニカの指導をしていました。子ども達に指導しつつ、教員達に今後保育室で指導する際のポイントが分かるように進めました。殆どの子は今日が初めて。その反応に年少らしいものも混在していて心が和みました。
■放課後3学年のことば遊びや教材の研修をした際、年中の担任達にそんな話をしました。今年は過去に例を見ないほど、年少から年中へ子ども達と一緒に進級した担任達です。年少時に担任した子もクラスに何人もいます。年少らしさから年長への成長過程を身近で見守られるのは教員として貴重な体験です。子ども達の成長に負けないように!

ga-bera ここはどこ?(2018.5.13)
■東京行きの搭乗口付近も新たに工事箇所が増えていたものの、全体的には旧来のもで、いつもの伊丹空港。ところが、今日到着すると、ボーディングブリッジが真新しく、まだペンキの匂いさえ漂っていました。ターミナルビルに入ると、すべてが新しく、ここはどこ?とお上りさん。空港だから全面閉鎖していません。完全に建て替えられたようでした。今、の搭乗口も工事が続くのでしょうか?
■福岡空港も改装中。行く度にいろいろ変わっていて覚えるのが大変。今回はどうなっているやら?来週は5ヶ月振りです。

ga-bera 研修会(2018.5.12)
■関東一円の先生方が暑mられての研修会。今年度からビデオ撮影されたものに、反省のコメントも書き添えてもらいました。
■教育は生き物です。ちょっと気を抜くとあらぬ方向に進んでしまいます。活動前に前年度までの記録をしっかり読むことが肝要です。変えるべきこと、変えてはいけないことの基準は子どもの成長にあることも、新年度当初に再確認しましょう。
■ある園では昨年度から認定こども園に移行され、2歳児の活動を拝見すると、1歳児の経験が身についていました。保育園でも拝見していますが、この園の子ども達の様子は研修会で定期的に拝見しているので、その成長振りが継続的に見えて来ました。驚きです。2歳児の5月です。このまま成長したら、年少時が大変!認定子ども園なので、保育園と違い、年少からの入園もあり、年少は複数クラス。園のカリキュラムを大幅に見直す必要も出てくるのではと贅沢な悩みが生まれました。新しい課題です。
■ある園長先生の紹介で、若い先生が参加されました。3代目になられる予定だそうです。ご自園の保育に疑問を感じておられ、現園長のお父さんからも参加されるようにと勧められて来られました・研修会後の食事会にも参加され、次回の研修会もお勧めしました。

ga-bera つぶやき(2018.5.11)
■年長のつぶやきは天王寺動物園に関すもの。たくさん歩いて、昼寝がしたいなんて実感のあるつぶやきもありました。
■年中の母の日参観後に、ママと一緒に帰りたかった、と。お母さんと一緒の楽しい時間をそのまま継続したかったのか、父の日参観ではお父さんと一緒に帰った記憶に重なったのかは定かではありませんが、年中児でもそう思うのですから、年少児の母の日参観後は、ホームシックでママを追いかける子も毎年います。ご心配な方はそっとお帰り下さい。
■東京も暖かでした、昨日の姉妹園に伺いました。2年前、保育室から飛び出したり、発表会では好き勝手にしていた子も、今では年長。みんなと一緒に楽しそうに活動していました。園を出るとき、預かり保育で残っていたその子が、私の名前を呼んで近付いて来て、綺麗な若葉を一枚プレゼントしてくれました。
■明日は関東の園の先生方が集まられての研修会です。

ga-bera 東京は(2018.5.10)
■朝から曇り空。ホテルを出ると、おお寒!12度でした。しかも、昼前から本降りの雨。予報では確か全国的に晴れだったのに。大阪が気になります。でも、良い天気だったようですね!年長は天王寺動物園まで電車で出かけました。たくさんの動物を見て、たくさん歩いて、帰りの電車の中では恒例のうたた寝姿。楽しかったようですね。
■年中も園外保育。今回は昼食も摂って、ゆっくり遊べたようです。
■品川区内の幼稚園に伺いました。年長児は「お風呂じゃぶじゃぶ」や「動物園へ連れてって」など、私の歌を歌ってくれていました。明日は姉妹園に伺います。

ga-bera 園内研修(2018.5.9)
■放課後、クリエイティブ・ムーブメントとリズム・バリエーションの研修会を行ないました。年少児はバス3便の子にも加わってもらい、年中、年長は預かり保育の子ども達に実際に動いてもらいます。それを各学年の担任達が見ます。
■年長の時間に年少児が一人保育室に入って来て一緒にしていました。100%課題を理解してはいないですが、なかなかユニークな表現を見せてくれました。活動内容もできるだけ文章で説明します。
■今夜は東京です。伊丹空港が新しくなったとのことなので、早めに行ってウロウロ。搭乗口周辺はまだ工事中ですが、到着後の動線はスムーズになりそうです。明日、明後日は品川区内の2園に伺います。土曜日は関東地区の合同研修会です。

ga-bera 気象予報士(2018.5.8)
■では当然ありません。私は。ただ、何度も予報サイトを見ていて、予報がコロコロ変わるので大気が不安定なのだろうとの予測。それとかなり信頼しているアメリカの予報サイトでは朝から雨。出勤時には日も差すほどだったので、昨日の決断は早計だったかもと素人予報士。でも時間が経つと雲行きが怪しくなり、ポツリポツリ。公園での昼食時。もし行っていたら混乱するでしょうし、今日の予報は南から崩れるとのことだったので、園周辺より天王寺の方が先に降り出していたかもしれません。降園時間には傘を差して迎えに来られていたので、早めに順延にして良かったのではと胸をなで下ろした次第。雨が降って安堵するなんて!
■子ども達にとっては恵みの雨?だっておやつパーティが2度もあるのですから。
■予定に余裕がなかったら強行していたかもしれませんが、何度予報を見ても(アメリカのサイトも)木曜日は晴。気温が低めでも子ども達には良いかも。かなりの距離を歩きますから。
■2歳児で月齢の低い子ども達の入園式。昨日は4月生まれで、すでに3歳になった子もいます。今日は3月生まれで2ヶ月前に2歳になったばかりの子も。この年齢の11ヶ月は大きいですね。将来的に幼稚園での2歳児教育が正式に認められても、月齢別のクラス編成は絶対導入するつもりです。
■明日は1歳児達の親子登園。年少児が大きく見え始めます。

ga-bera 年長・母の日参観(2018.5.7)
■楽しんでいただけたでしょうか?今年度から2種類のゲームを準備しました。どちらも子ども達だけでも行なっているものですが、新しいゲームは「ことば遊び」の要素が強いものです。私は覗けなかったので主任に後から尋ねると、お母さん方もかなり盛り上がっておられたとか。来年以降の継続決定です。家庭でも簡単に遊べます。絵カードがなくても親が前もってことばをひとつ書いておくだけで遊べますし、今日の遊びとは逆に、親が選んだ言葉が入っているとNGなんていうルールも楽しいですよ。
■4月は無人で、時折隣りのクラスの年少児が入って来るだけだったポッケ組も1ヶ月遅れでスタートしました。涙を見せていた子もいましたが、予想以上に落ち着いていたように思えます。木曜日は単独登園。どんな姿を見せてくれるのでしょうか?
■明日の天気予報は猫の目のように変化して、夕方の予報では昼過ぎから小雨。木曜日の予報は晴。急遽順延に決めました。それをHPに載せてもらった後、急遽、連絡アプリを試みようと。すみません。まだ使い方があまり分からず、全員に届いてしまったようです。学年別、クラス別などの設定も可能なようです。ただし、ゲリラ参観やSOSの不足分などの連絡は今まで通りHP一本で行ないます。重要なときは2本立ても。

ga-bera 春眠(2018.5.6)
■暁どころか、目覚めたときはお天道様はもう真上。昨夜の就寝時間はほぼ普段通りだったので寝る体力は青年並み?連休中一番長い睡眠時間でした。
■座骨神経痛にも水泳は効果がありそうです。神経周辺の筋肉が解されるからだろうとのこと。時間があれば週の半ばにも行きたいけど、出張が続くので無理。歩行中に足が痺れるのは「間欠跛行(かんけつはこう)」と呼ばれる症状らしいです。原因疾患名はかなり重大そうな名称が並んでいますが、血管系は定期検査を受けているし、今日だって6.2k/hで20分間早足で歩いても痺れは出なかったし、一日に何往復も1階から3階まで上り下りしているし、昨日だってスーパーで買った2㍑ボトル24本を運び上げても痛みは以前に比べてかなり緩和されているので、鍼治療によってかなり改善されているようです。
■先月の支払い日前は、立て替え分の領収書合計金額が何度しても合わなかったので、今夜ゆっくり、老眼鏡をかけて、ゆっくり電卓を叩くと、1回目と2回目の数字が合致!気持ち良かったです。
■明日は年長の母の日参観と、2歳児ブルーポッケの入園式。賑やかさがまた戻ってきます!

ga-bera 6月の予定表(2018.5.5)
■5月になったばかりですが、6月の予定表を作りました。と言っても、6月は農園体験、年長はプラネタリウム見学、水泳指導参観など、年によって日程が変わる活動が多いので、固定の行事だけを組み込んだだけです。6月と10月が一番行事が多いのです。
■ブタ君達は鳥が食べ尽くしたサクランボの種をポリポリ。何が食べられて、何が食べられないのか、誰に聞かなくても知っているのです。でも、今のブタ君達は三色スミレの花には興味がなさそうです。以前いたミニブタ君は、花壇に植える前のスミレの花をスッカリ食べてしまったのに、今のブタ君達のお目当ては葉ボタンだけ。雑食のブタ君達にも好みはあるのでしょうか?
■8日(火)の予報から傘マークが消えて、お日様が出ています!今年の子ども達も天気運が強そう!どうぞ、これ以上変わりませんように!

ga-bera お掃除隊第二弾(2018.5.4)
■昨夜も風が強かったので、サクランボはかなり落ちていました。枝には僅かしか残っていません。ブタ君達は今日も出陣。暫く3階で時間を過ごして下りると、綺麗に掃除をしてくれました。枝のサクランボも完全に鳥に啄まれて、赤い実は見えません。
■研修会の案内状の封筒詰めは全部終わりました。連休明けに発送します。
■今夜は男子卓球の応援のため、このあたりで。

ga-bera お掃除隊参上(2018.5.3)
■昨夜の風雨の影響と野鳥達の悪いマナーのために地面に散らばったサクランボの掃除はブタ君達に任せます。ブタ君達は雑食でも、柑橘系は食べませんが、サクランボは好物のひとつのようで、種までポリポリ音を立てて食べ尽くし、桜木の下は綺麗になりました。
■その後、ブタ君達、木工用具や木材を覆うブルーシートを引きずり下ろし、その中で二頭仲良く隠れん坊。単独行動が主でも、こうして仲良く二頭並んで休んでいることも多いです。但し、食事時は争います。
■卓球も面白いですね。BS,CSでいろんなスポーツを放送してくれるので、野球一辺倒でなくなり、あのスローテンポについて行けなくなりました。卓球のスピードにもついて行けないですが…。

ga-bera 連休の谷間の早帰り日でも(2018.5.2)
■盛り沢山の活動でした。年少と年中は木工遊び。トンカチやノコギリを使うなんてと思われるでしょうけど、とても集中しているので大きな怪我は今まで30年間ありません。と、言っても細心の注意で子ども達を見守っているし、約束事はしっかり伝えます。
■昨日のこのコラムを読まれた年少のお母さんから、「子どものつぶやき(クラス)」が表示されないので改善して欲しいとのメールがありました。このページ、昨年9月分から一挙に掲載していました。文字データだけだから大丈夫と考えていましたが、やはり重かったようです。なので、今年度の分は新しいページに引っ越しさせました。ホームページの生命線は見やすさなので、改善点があればご遠慮なく園長宛にメールを下さい。対応はアマゾンよりも速いつもりです!
■年中児のつぶやき
えっ! 4日間も 休みなの〜
体操も 絵 描くのも 面白いのに…
■GWよりも幼稚園で遊びたいんだね。休み中はパパとも一緒に遊んであげてね。

ga-bera 期待外れ?(2018.5.1)
■土粘土遊びのSOSに来て下さったお母さんの弁。「思っていたほど汚れていませんでした」と。もっとドロドロになるのを期待されていたのでしょうか?無理矢理泥んこにさせるのではなく、子ども達のペースで汚れていても、次に待っている「塗たくり」ではタガが外れるのではないでしょうか?子ども達よりも教員達の方が汚れていたとか。
■さて、「園児達の日々」のページを学年毎に変えました。実は昨夜、あるお父さんから「仕事帰りにホームページを見るのが楽しみなのだけど、全学年が1ページになったのでデータ量が多く、4月のデータ量制限を超えてしまった」とのメールがありました。その懸念はなくはなかったです。PCでなら全く問題ないでしょうが、スマホには契約データ量があります。
■丁度、月が変わるので、今までのように学年毎にページを作りました。ただし、月毎のタグもつけましたので、古いページにも飛びやすいでしょう。アーカーブから飛ぶと「園児達の日々」だけではなく、雑多なページが表示されます。
■このお父さんのように、是非ご意見をお聞かせ下さい。見やすいホームページを目指します!

tree発送完了(2018.4.30)
■2月の発表会のDVDを全巻購入いただいた園に、7月の研修会で取り上げる11作品の楽譜を本日発送しました。宅配便業者に電話をすると、集荷は2時間の幅で来てくれるとのことだったので頼みました。その間、研修会案内状の袋詰めができます。予定時間の前半に来てくれました。北海道以外は明日届くようです。
■集荷には若い人。左指には指輪。小さな子どもがいるような年齢です。折角の休日なのに出勤。このような人達によって社会は支えられているんだなと、誰もいない職員室で伝票を整理されている姿を見ながら、ふとこんなことを思いました。私もと、その後、袋詰めを1時間ほど。全体の約1/3が終わりました。連休後半には、それほどピッチを上げなくても済みそうです。
■4月も今日で終わり。明日は早速土粘土遊び。

treeまだ4月だのに(2018.4.29)
■車内の温度とは言え、昼前に29度!まだ4月なのにと、心地良い五月晴れにも夏を思うと一抹の不安。この時期に完全な夏服になってしまうのが怖くて、無理矢理でも薄手のセーター。ジムに行った後、食事のために外気に当たると薄手なら丁度良かったです。
■ネットで野鳥からの襲撃を免れているサクランボは赤く熟しています。後半のGWを待っていたら収穫時期を逃しそうです。いつも見慣れない野鳥も飛来しています。ネットがなかったら子ども達より先に食べられてしまいそう。
■2本ある夏みかんの木が、そろそろ寿命のようです。トイレの改修工事でその辺りを掘削する可能性もあるので、思い切って子ども達も食べられるミカンの木に変えようかなとも。植木屋さんに相談してみます。

tree印刷完了(2018.4.28)
■7月の研修会で担当する教員達から楽譜の版下が提出されたので、早速印刷にかかり、ホッチキス止めも完了。火曜日には発送できる予定なので、場所によれば連休後半前には届くでしょう。機械類は駄々をこねることもなく、機嫌良く動いてくれたので効率よく作業できました。
■その間、研修会の案内状の封筒詰め。事務員に手伝ってもらってもいいのですが、新しいシステム導入でテンヤワンヤしているのを見ると言い出せず、できるだけこちらで済まそうとシコシコ。多分、明日にはこちらも終われそうです。ただ、口ののり付けはどの程度できるか。あと2日。
■禅寺の修行のひとつは掃除。単純作業は意外と邪念を晴らすのに役立つようで、時間を決めたり、量を決めたりしながら無心に、しかも失敗のないようにするのは嫌いではありません。まあ、時間がなくなれば教員達に頼めば短時間で終わってしまうのも分かっているので、焦らずに精神修養のつもりで。

tree初めての誕生会(2018.4.27)
■3月に卒園した上のお子さんの誕生日は3月で、年少の下のお子さんは4月生まれなので、僅か1ヶ月ほどの間に続けて誕生会。しかも、3月は年長の、今回は年少の最初の。楽しみですと言い残して講堂に向かわれました。
■入園してまだ3週間も過ぎていません。大勢の子ども達が一堂に会し、しかもお母さんらしい方が園内にちらほら。4月の仏参はさすがに簡素化していますが、他は年少形式。どんな反応を示してくれるのか、期待半分、不安半分。でも、写真のように、とても落ち着いていました。満三歳クラスは誕生日を迎えてからの入園なので、誕生会は一切行ないませんが、それでも講堂での誕生会には9月からずっと同席していたし、保育室での仏参はお手の物。この落ち着きに一役買っているのは明白です。
■年中の仏参からはクラスから1名ずつ出て献灯をしてもらっています。もちろんぶっつけ本番。園長と一緒に舞台に上がって行くところも初めて見るので、緊張もあるだろうし、戸惑いもありますが、全体の空気を感じながら滞りなく行なえました。見ている子ども達も、自分の番になったらそつなくしてくれるでしょう。「誕生会が楽しみ」と今から自分の誕生会を心待ちにしてくれている呟きもありました。
■年中児が体育遊びで講堂に行くと知らせると、「もしかして発表会?」との声も。年少時の発表会を再演したいと思っての発言か、年中の発表会がもう始まるとの期待かは定かではないですが、快い思い出として残っているのは確かなようです。

tree今日も体育遊び(2018.4.26)
■雨で順延になった年長のリレーをベテラン体育教員が担当し、新任体育教育だけで年中の体育遊びを指導していたので、見ながらいろいろアドバイスをしました。効率よく活動できるために1クラスを紅白に分けてマット上でのいろんなケンケンをしていたので、活動前に「紅組頑張るぞ!」と一言声をかけてやるだけで、大好きな「エイエイオー!」の雄叫びが聞け、子ども達の意欲も高まるし、紅白左右に分かれて集まる際も、「どっちが早いかな?」と聞くだけで動きが変わることを伝えました。単に指示ではなく、ゲーム性を持たせると意識が変わります。実際、元の場所に戻らなずに用具を続ける子の名前を呼んでいる同じチームの子もいました。競争心や仲間意識を高めるちょっとした工夫です。
■子どもの待機時間を少しでも減らす工夫は保育でとても重要です。集中力が持続しない子はそんな時間にうろうろし始めます。それを叱って押さえるのではなく、保育の流れに淀みがないかの検証が必要です。もちろんそのためにはダラダラと説明はしないこと。
■同時に体育活動は体育用具の準備がとても重要です。当園で使っている鉄棒は4種類の高低差があります。今の時期の子どもにはどの高さのものが一番使いやすいかは子ども達の反応から学びます。勿論、身重差も、運動能力差もあります。クラス全体を見て判断します。
■昨夕、鍼灸治療院へ3度目。以前、腰痛でお世話になっていた治療院です。臀部や足の痺れなどの症状を話すと、いくつかの可能性を言われた後、多分軽い座骨神経痛とのこと。痺れも痛みも大分緩和されました。日常生活には殆ど支障がないものの、今日も立ったまま明日の誕生会の準備をしていると、片足に鈍痛が走ります。椅子に座っているだけは怠けていると思われるので、あまり重要でないデスクワークっぽいことをして痛みが消えるのを待ちました。通院の効果は実感しているので、暫く通います。体育遊びに興じている子ども達とは雲泥の差。トホホ。

tree 年中体育遊び(2018.4.25)
■引き続き年中の体育遊び。クッション性の高いマットの上でケンケン。マットの色が変わるとケンケンの足を変えたり、回転しながらのケンケンや、横向きのケンケンなど、片足跳びは幼い子ども達にとっては意外と難しいです(私の年齢になると別の意味で難しい)。昨日までの年少でも一番単純なケンケンをしましたが、殆どできていなかったです。
■これはウォーミングアップ。次から今日の目的の、腕を曲げて鉄棒にぶら下がる活動と前転。腕を曲げて鉄棒にぶら下がるのは逆上がりの第一ステップです。補助をしてあげると回れそうな子もちらほら。
■放課後はトイレ改修の打ち合わせ。水回りのリフォームは家庭内で一番厄介。築後50年なので、いろんな業者が大勢入れ替わり立ち替わり来て工事前の打ち合わせ。そこには私は殆ど関わらず、初めて持って来てもらった図面での話し合い。ほぼ同じ図面で可能なトイレもあれば、増築で無理矢理詰め込んだ場所も。7パターンの図面。すべてのトイレに大人用も設置し、収納スペースも可能な限り作ってもらってと希望はてんこ盛り。再度図面を引き直してもらいます。
■どうも、夏休み中にすべてのトイレの改装は難しいらしく、今年は1階の古いトイレだけで終わりそうです。

tree 少しのけじめ(2018.4.24)
■この時期の年少の体育活動は昨年度、従来のものから大幅に変更しました。いろんな体育用具を順番に回る「サーキット」と呼ばれているものに変えました。子ども達の活動量そのものを大幅に増やしたいからでした。でも懸念もありました。この時期の子ども達が果たして規則通りに体育用具を回ってくれるかどうかです。結論は、順番通りに回れなくても良い、でした。でも、実際に行なうと、ポイントさえ押さえれば可能であることが分かりました。中には逆走したり、気に入った用具(高い跳び箱から飛び降りる活動)を何度も回る子もいます。でも、個別に伝えれば良いし、何度かに1回は別の鉄棒に行ったりもしていました。
■昨日2クラスを指導した新任教諭も活動の流れに少しメリハリをつけるだけで、子ども達の状態が変わるのを実感してくれたようです。それに、ほんの僅かな時間でも、子ども達が「面白い先生」と思える瞬間(それは私の経験から、指導者としての振るまいより、子ども達と同じ目線に立つ瞬間)があれば、子ども達は指導者にグンと惹きつけられます。私の場合は、自園ではあまり使わない大阪弁も武器になります。「なんでやねん先生」なんて言われる園もあります。「なんでやねん」とは言わないですが、「大阪弁=なんでやねん」と見る子がいるようです。
■さて、入園後、初めての雨。深夜の今、徐々に雨脚が強くなっているようです。

tree 新人デビュー(2018.4.23)
■体育の新任教諭がこの日初めて年少児の体育活動を指導しました。先輩の体育教諭や各クラス3名の保育者達、それに私も見ていたからか、かなり緊張したと話していました。
■先輩体育教諭と同じ大学の出身で、元々が幼児教育専門の短大と同じ学園だからでしょうか、在学中も積極的にボランティアとして幼稚園や保育園児との関わる機会を設けています。彼も在学中には経験しているのですが、年少児とは全くなかったとか。年少も年少、つい2週間ほど前に入園してきた園児達です。採用内定後に実習に来ていた時期は12月。その頃の年少児とは全く違います。しかも、初めて講堂で、初めての体育用具。子ども達がどんな反応を示したかは想像通りです。
■前日は先輩教諭が見本を見せる意味で2クラス担当。指導案もきちんと作成して、シュミレーションをしていても、予想外の反応を示すのは当たり前。そのときの子ども達の心理を察して、どう対応すべきかは経験から学んでいくしかないです。その学習度は、指導者の持つ感覚、資質と言えるでしょう。活動中も直接いろいろと子どもの心を掴むためのアドバイスをしました。明日も2クラス。今日の反省をどう活かしてくれるか楽しみです。
■と、書けば活動が、とんでもない方向に行ったと思われるのは心外です。初めて年少児と対面しての話し方はとても鮮明で子ども達にもよく伝わっていました。先輩教諭曰く。「自分の一年目より遙かに良かった」と。
■さて、今日の2クラスの1クラスは、入園直後2週間とは思えないほどの落ち着きよう。入園式当日はかなり泣いていたそうなのに、抱かれたり、勝手な行動をする子が一人もいませんでした。細い平均台も平気でスタコラ。
■いえ、このクラスだけではないです。25日配付のクラス便りでも、昨日出来なかったことが今日出来るようになり、出来るようになったときの笑顔の素晴らしさが書かれていました。登園時泣いていても、活動が始まると楽しそうに遊んでくれています。もしかしたら、一生で一番伸びしろ幅の広い2週間だったかもしれません。

tree 今も見ながら(2018.4.22)
■昨夜、気付くと深夜で、観戦途中に一言書いて終わりました。今も第一セットを落とした時点でキーを叩いています。勝敗も気になりますが、考えられないようなショットに一喜一憂。今夜も短めで失礼します。

tree ごめんなさい(2018.4.21)
■今、錦織選手の試合を見ています。セットカウント1-1。応援に戻ります。

tree 早速年少の体育遊び(2018.4.20)
■午後保育も始まり、講堂での記念撮影も終わったので、早速午前中に年少2クラスが体育遊びをしていました。まだまだ集団行動が身についていないというか、マットに座って挨拶の後、我先にと飛び出していました。充分身についていないと言いながらも、途中で用具の説明をする際にはみんなで集まっていました。参観?それはちょっとまだ早いですね。
■放課後、年中と年長のビデオによる研修会。春休み中にポッケ組で再生できるように準備したつもりが、上手くいきません。説明書を見ても分からず、結局販売店に電話。納得。ビデオカメラで録画する際の形式には対応していないとか。カメラの設定をし直さないと。できるかな?
■新入園児達は新しい生活で体力を消耗しているでしょう。今週末はゆっくりお休み下さい。

tree 初夏のような(2018.4.19)
■暖かさを通り越して汗ばむような陽気でした。年中は近くの公園へ園外保育、年長はリレー、どちらも楽しそうでしたね。
■年長のリレーには大勢のギャラリーがあった割には、声援が控えめ?昨年は、新しいクラスメイトの名前が分からなくても、クラス名での声援も多く聞かれていたのに、今年の年長児の保護者さんは、おしとやか?それとも単なる人見知り?
■子ども達の走りは相当なもの。年長の雰囲気を出している子も。かなり接戦だったので、これからますます盛り上がるでしょう。子ども達も保護者の方も。
■7月の研修会に向けて準備を開始。案内状と封筒を印刷しました。発送は連休明けになるでしょうが、一足先にPDFで公開します。

tree 図書委員会合(2018.4.18)
■エプロンママに続いて、図書委員の会合がありました。プリントでお申し出の人数は例年より少なめだったので、委員の経験のあるお母さん方がネットワークを使って声を掛けて下さるとぐんと増えました。用紙で申し込もうか躊躇っておられても、声をかけるだけで大勢集まっていただけて感謝します。図書委員はクラス役員解体の原動力でした。クラス役員が集まらなくて苦労していた頃でも図書委員はすぐに応募人数に達していました。図書委員をするとクラス役員をしなくて済むからとの消極的発言も中にありましたが、大勢のお母さん方は、やはり子ども達と直接接するのが楽しいからとの意見が大半でした。
■昨日、委員長さんに告白。昨年度までの図書貸し出しシステムの運用が不可能だと。図書システムの園児管理は古いシステム管理下にあるので、新しいシステムの情報をそちらで移築する困難さと、いつになるかは定かではないものの、完全に新しい貸出システムが出来上がった暁には古いシステムのデータは完全に無駄になってしまいます。なので、お詫びをして、当分の間、手作業をお願いしました。年少の貸出が始まるまでに新システムが完成するのを待ち侘びながら頑張って下さるとのこと。宜しくお願いします!
■放課後は教員達にピアノ指導をして下さっている先生にお越しいただいて、ピアノの個人レッスンと新人達、2年目、3年目を対象に楽典の基礎講座。3/4、6/8が何を意味しているか等、大学でピアノレッスンは必修なので教えてもらっているはずなのに、初めて聞くような反応だったとか。ちなみに楽譜は算数です。全音符を「◯」として、半分に切るから「◐」二分音符、4つに切るから四分音符、八等分に分けると八分音符。今度、ピザを食べるとき、「十六分音符で切ってね」と頼みましょう。16ピースに分けられます。小学校の分数ですね。余談ですが、幼児に音符を教えようとしても、この分数の概念がないので理解できません。ただ、感覚的には分かるので、指導者の正確な演奏が必要です。
■多分、少人数の方だけでしょう、当ホームページが何度かコロコロ変わったのに出会われたのは。サポートセンターとメールでやりとりして、少し変えたい所があったので、テンプレートを変更しました。でも気に入らない箇所も多くあったので、結局元のテンプレートに。

tree 準備、整いつつあります(2018.4.17)
■個人面談、エプロンママの会合も終わりました。明日からは通常保育です。
■でも保育室では、本格的な活動がすでにスタート。年長児は母の日参観のプレゼントの製作に取りかかったクラスもあります。年中も壁面製作やことば遊びやファーストの教材なども。年少も初めての絵手紙やクリエイティブ・ムーブメント。楽しさ満載の敬愛生活を堪能してくれるでしょう。
■年長のゲリラ参観も開始!新しいクラスでのリレー。さてその実力は?

tree 泣いていても(2018.4.16)
■登園時間にガレージへ行くと、バスの中から大きな泣き声。乗務員さんに抱きかかえられて降りて来て、担当教員に手を引かれるも泣き声は続きます。でも、足はしっかり保育室に向いています。抱かれないで自分の足で。ある種の葛藤でしょう。泣き方にもいろんな変化が見られます。
■年長児は初めての園外保育。降園時間が早いので、遊ぶ時間は短いですが、初めて顔を合わせて1週間。今日を機に談笑が広がるでしょう。
■弁当投稿が少ないです。園長、暇してます!

tree 足し算(2018.4.15)
■高校時代に電卓はあったものの、高価な品なので、計算の主流はソロバン。当時、ソロバンが入れられなかったら電卓も無理だと言う人がいました。数字に関する感覚でしょうか。
■さて、本題。先週、業者支払いと同時に、立て替え分の領収書を電卓で計算していました。いつも一回では正しいか分からないので、2度行ない、一致したら正答としています。まあ、そんなことは希で、3回、4回電卓を叩き、合致する数字が合計として処理します(後は税理士事務所で確認してもらっています)。ところが今月は5回してもバラバラ。大きな桁は同じなので、最後は適当なのはひとつ選びました。お分かりですね、前振り。そうソロバンは全く弾けなかったのです。
■でもそれだけはなさそうです。数字です。老眼には数字は視力検査をやらされているようなもの。実際、最初にメガネ屋に駆け込んだのは、手帳の電話番号がどうしても読めなくなったから。レシートの小さな数字をその都度見間違えているかもしれません。それにレシートの表示形式ってバラバラだから、支払った額なのか、手渡した額なのか、お釣りなのかも混乱させます。統一規格にしてくれれば良いのに。
■請求書も時々間違って振り込んでしまいます。給与も。でもこれは税理士事務所で総計を出してもらっているし、ネットバンキングに数字をテンキーで打ち込んだあと、合致しなかったら、再度見直すので、違っていたとのクレームは今のところありません。でも請求書はそれがないので、再確認していても、間違うことも。嗚呼、理数系云々よりも、読み書きソロバンのレベルでふるい落とされてしまいそう!

tree 天気が良かったので(2018.4.14)
■下り坂の予報ながら、目覚めると良い天気だったので、最近開通したばかりの高速道路を走って来ました。新しい商業施設が出来ても、すぐに立ち寄るタイプではありません。梅北の大型商業施設には未だに足を入れていないほどです。その近くの家電量販店はすぐに行きました。だってそれまでは日本橋まで行かなければならなかったし、店舗を探すだけでも大変でしたから。でもそこに隣接している商業施設に行っても何を売っているのかさえ知らないから時間のロス?
■なんて言いながら、目的もなく高速道路を走るなんて全く時間のロス。でも、基本、ドライブが好きだし、新しい道は走り心地が良いし、それよりナビも知らない道を走るなんて、いつもの依存心を打破できるようで痛快。防音壁も真っさら。山間では遅咲きの桜もチラホラ。快適なドライブでした。ちなみに人気のあるサービスエリアには立ち寄らなかったのは梅北の店と同じ。横目で見た駐車場はかなり混雑してました。そこを目的に来る人も多いとか。

tree エプロンママの会合と個人面談(2018.4.13)
■月曜日にスタートした今年度も少しずつ本格始動。年長・エプロンママの会合にも大勢お越し下さいました。年度初めては、全国的にPTA役員選出に躍起になられているのに、千里敬愛幼稚園はこの盛況ぶり。取材があれば、そのノウハウをお教えできるのに…。でも初年度からお母さん方の反応が今日のようなものではありませんでした。成功の秘訣はやはり内容でしょうか。
■個人面談では担任がタブレットで園児情報をチェックしてもらっています。従来の紙ベースだと間違いがあれば担任が事務に報告して、修正しますが、タブレットを使うことで修正後の手間が一切不要です。これも新しいシステムを導入したからこその、なせるワザです。遅ればせながら私も新システムをいろいろ使って活用方法をいろいろ考えて、IT化の先進園にしたいです。勿論、教育は人と人。これは譲れません。
■ガラケー自体がまだ珍しかった大昔、2台の携帯を購入して園外保育に持たせると、同じ公園に来ていた他の園の先生から「それ、何?」と聞かれたそうです。本人が携帯し始めたのはほんの十数年前なのに。今だって殆ど非携帯なのに。

tree 初めての弁当(2018.4.12)
■小学一年生は連休明けまで下校時間が早いので、下の子を迎えに来てくれていました。「今までは下の子と一緒に迎えに来ていたけど、今日は逆です」とお母さん。兄弟関係って、こんな小さな積み重ねからも構築されるのでしょう。
■さて、初めての弁当を子ども達は喜んでくれたでしょうか?当然、喜んでくれたでしょう。4日連続になりますが、お母さんの愛情パワーは子ども達を勇気づけます。どうぞ宜しく!
■明日からは給食の手伝いのエプロンママ会合が始まります。ひとつずつ新年度体制が整い、本格始動も間もなくです。

tree 単独登園初日(2018.4.11)
■入園式でも2歳児から上がる子の話をしましたが、今朝も正にそのような光景を2度見ました。バスから降りて来たら一人でポッケの部屋の前まで行き、靴も脱がずにガラス越しに中を見ています。「あれっ?誰もいない。靴箱のシールもない」と戸惑い気味。昨日の入園式ではそれぞれのクラスに行っていたのに、1年間通い慣れたポッケで自然と足が止まったのでしょう。一人は教師に促されて新しいクラスに行きましたが、もう一人は担任が来ても暫く頑として動きませんでした。明日はどうかな?
■天気が持って良かったです。朝の自由時間が終わって一度部屋に戻り、それぞれのクラスが分かるように黄色、赤色、白色の帽子をかぶって砂場、動物小屋、汽車に分かれて遊んでいました。中には単独行動をする子もいますが、誘って集団に入れながら、「僕は○○組」と意識し始めます。先のポッケの子も新しい居場所を発見してくれたかな?
■にじ組からの進級児はすでに経験のある当番バッチを颯爽とつけてリーダー格。幼稚園ではお兄ちゃん、お姉ちゃんだよとの意識を持ってくれるでしょう。なお、当番バッチは今年度からCCCLUBの方に頼んで作っておきました。
■明日は人生最初の「弁当」?お母さんにとっても記念になるので、是非、写メをメールで送って下さい!

tree 入園式(2018.4.10)
■昨日までの寒の戻りから解放され、春の陽気に恵まれた入園式でした。私は講堂で保護者の方に挨拶をしていたので保育室の様子は写真でしか見られなかったですが、主任達の話によると、とても静かだったそうです。クラスによれば泣く子が一人もいないとか。写真でも2歳児から園に来ている子ども達が生き生きと得意気に、敬愛名物「海賊体操」を見せてくれていましたね。明日からも皆の前に出て見本になってもらいます。
■幼稚園に携わった40年ほど前は、不埒にも入園式直後は雨が降れば良いと考えていました。子ども達が保育室に入って混乱が少ないからと。今は逆です。入園直後から外遊びでエネルギーを使うことで幼稚園の楽しさを感じ取ってもらう方が早く落ち着くことが分かりました。明日の天気は…。曇りながら夕方までは雨の心配なし!園庭でたっぷり遊ぼうね!
■一年半振りぐらいに、以前お世話になっていた鍼灸院へ。臀部の痛みが出たり治まったりで、マッサージを受けていても思わしくないからです。症状を伝えると、筋肉が硬くなっていて神経を圧迫している可能性が高いとか。そう言えば、テニスも最初の頃は痺れを感じますが、途中で忘れてしまいます。筋肉が柔らかくなるからだろうとのこと。暫くこちらに通います。身体も資本ですから!

tree 始まりました!(2018.4.9)
■新年度。新年中児達は最初緊張気味だったのような写真がありましたが、いつも遊んでいるゲームでリラックスできたのではないでしょうか?今年度の年中の担任のほぼ全員が子ども達と一緒に進級したので、同じ担任に安堵している子も多かったのでは推測できます。
■年長は最初からリラックスして楽しそうな表情がたくさん見られましたね。
■春休み中にこのサイト内をウロウロしていて、もっと見やすくなるようにと、新年度に大幅に切り替えました。旧ホームページのように、一日毎にページを作り、全学年を貼り付けます。こうすると年間のページ数も減るし、月毎にジャンプしやすいのではと考えいます。実は旧ホームページの写真より一枚ずつのデータ量は半端じゃないほど多いので、1ページに大量の画像を貼ったら重くなりすぎるのではとは懸念したため、毎日学年毎にページを作っていました。ところが、「休日写真館」の1ヶ月分を貼っても問題ないことが分かりました。そうですよね、動画やゲームなど、かなりのデータ量もこなせるのですから。
■降園時のお迎えでも新しいシステムを始めました。タブレットにタッチして帰っていただきます。
■さあ、明日は入園式。ワクワクドキドキも最高潮!

tree 心地良い目覚め(2018.4.8)
■春休み中とは違った目覚め方でした。昨年度は創立50周年で、今年から次の50年の初年度です。創立時、私は学生で、前園長の後を継ぐ気持ちなどどこにもなかったので、記念すべき第一回目の入園式にはオブザーバーとしてさえも参加せず、全くの他人事でした。
■今年は、偶然ですが、事務処理を刷新したものの、私はハード面に専念していたため、ソフトの使い方に遅れてしまい、ただただ進行具合を尋ねるだけでした。実務は実際に運用しないと分からない面も多くありますが、取り敢えず何とか準備が整った安堵感が心地良い目覚めに繋がったのでしょう。
■数種類の印刷物を数時間かけて終わらせ、他園から依頼のあった発表会用楽譜をコピーし、卒園記念文集原稿をメールで下さった方に入稿作業の完了通知メールを送ったりと、できるだけ一人で済ませられる仕事も順調に終了。
■子ども達は夢路で新しいクラスを見ているでしょうね。教員達は寝付けたかな?これから一年一緒に過ごす子ども達と担任としての初対面です。子ども以上に緊張しているかもしれません。子ども達は違う学年の教員も意外と知っていて、「前、○○組の先生だ」と親しく近づいてくれる子が殆どのようです。
■平成30年度の幕開き!このサイトの訪問者も一気に増えるでしょう。

tree いよいよ(2018.4.7)
■最後の準備も終え、月曜日には進級に胸躍らせる在園児達を迎えます。私はもっぱら印刷担当。ところが、昨日、よく使うサイズの用紙が残り僅か。とても足りません。すぐにネットで注文するも、翌日配達が信条の会社でも翌朝配達までは保証してくれません。別のサイズのを印刷しつつ、昼過ぎまで待って、最後の2種類、1,300枚ほどもようやく刷れて一安心。
■新しい園内業務のアプリでいろいろ加工してくれているのを側で見ながらも、使いこなせないでいる自分がシャクだったので、無謀にも試みると、意外とすんなり出来ました。良く考えられたソフトです。でも当園の実情とは少し合わない点もいくつか見られます。この会社の売りは「オーダーメイド」。でも、考え方によればそのように、あちこちの園のニーズに応えながら、ノウハウを吸収してより良いソフトにしているのでしょう。実際、当園が30年も前に開発業者に頼んで開発したソフトのデータをごっそり持って帰りました。もちろん許可しました。give and takeでこちらもより使いやすいものにしてもらえれば御の字です。
■教職員紹介の園内新聞「KI SOMETIMES」の打ち込みも終わりました。月曜日にチェックしてもらい(実は殆どのプリント類は現場でチェックしてもらうのですが、1枚、簡単なものをチェックなしで大丈夫だろうと印刷すると、すぐに誤植を発見されてしまいました。手書きで直してもらう羽目に)、水曜日には配付できます。
■昨年度の卒園記念文集の版下も出来上がりました。10日までにはその旨のメールをお送りすると約束していたので、こちらも何とかセーフ。万一、届かなかったらご連絡下さい。明朝、プリントアウトし、確認してからメールを送付します。

tree 何組?(2018.4.6)
■卒園児を送り出した教員、年長主任と私の5名で卒園児の多い小学校限定ながら式典に参列させていただきました。とても緊張している表情が、かえって可愛かったです。
■昼頃にクラス名簿が完成。兄弟同時在籍の子ども達が多いので、発表会を同じ日にする調整や男女比、誕生月も新しいシステムで対応できました。この作業中は誰が何組の担任になるのかは一切知らせません。完成後、クラス発表。保護者の方同様に緊張する瞬間?月曜日までのお楽しみ!
■バスの時刻表も新しいシステムを駆使して完成。明日は土曜日ですが、始業式、入園式の最終準備にかかります。
■4月の予定表も出来上がったのでアップしました。

tree 新年度の準備スタート(2018.4.5)
■新年度の準備でお忙しいでしょうね、と尋ねられても私ができることなどほんの僅か。むしろ、休み中は呑気にしていた仕事に多少エンジンがかかった程度。電話対応や現場からの依頼なども挟みつつ、普段の平日並み。
■新年度からメガバンクの名称が変わったので、ネットバンキングの訂正を促すメールが先月来ていたので、マニュアル通りに行おうとすると、とんでもない件数だったので、業を煮やしてコールセンターに問い合わせると、なな何と一括変更できる方法があるとか。それならそうどこかで書いておいてくれれば良いのに。口頭での指示通りで簡単にできる程度でした。
■自室のパソコンを操作する際は老眼鏡をかけています。いつもは遠近両用ながら、近くは見づらく、事務室でタブレットを操作するのが辛いため、以前作った老眼鏡があるはずと探して見つかり、1本を事務所の引き出しに忍ばせました。目も歯も…も弱い、弱い。
■明日は入学式。初々しく眩しい新一年生を羨ましく眺めさせていただきます。

tree トイレ(2018.4.4)
■夏休みに予定しているトイレの改装工事関係者が8名ほど来られました。内装イメージ担当、パーティション担当、設計図担当の方々です。現在大人用トイレは数カ所にしかありませんが、すべてのトイレにひとつずつ設置する予定です。また講堂横は参観で来られるので2ブースに増やします。スペースに限りがあるので、園児達の数は減らさないで可能か検討してもらっています。大丈夫そうです。収納場所もできるだけ確保したいしと、かなり欲張っています。
■園に迎えに来られて帰られる際にはタブレットで入力してもらうようにするためや、明日から入園手続きに来られる際にバス停の位置をお知らせするためにタブレットの設定をしたり、不要なものを処分したりで、すでに新年度モードです。教員達には今年度どの学年を担任するかは年度末に通知しているので、短い春休みはあまりゆっくりできません。春休みが始まると同時に新年度モードでしょう。

tree 新年度(2018.4.3)
■3年前の今頃、緊急搬送されてすぐに心臓血管に新しいステントを挿入されて、18時間後には病院を追い出されたときの担当医による検診日でした。と、言っても半年毎の検診は挨拶程度で聴診器さえ使われなかったです。その担当医が年度末に退職されたとかで、新しい担当医と文字通りの挨拶。この方は聴診器で胸の音を聞かれましたが、先週は血栓の担当医によるいろんな検査もあったので、その方の検診だけでも良いのではと言われてしまいました。半年に一度の検診は緊急時のためなので、私もどちらか一方でも充分だと思っています。
■午後からは歯医者。何度も外れた仮歯は、根元の治療のためにすぐに外せる程度につけられていたからで、前回はしっかりつけてもらって、それ以来外れていません。仮歯を外して歯の中心に開けた穴に薬を注入する治療では充分な効果が得られないからか、今日は歯茎から直接外科的治療。麻酔はかけても痛みが走りました。インプラント治療より痛かったし、夕食時の咀嚼は厄介でした。今回の治療で完治したら、セラミックの歯をつけてもらえそうです。好きな餅がようやく食べられそうかな?
■教職員の春休みはあと1日。5日から新年度の準備に取りかかります。

tree 吉野山(2018.4.2)
■昨春、出かけるも全体的に開花が遅く(園庭の早咲きの桜も卒園式にはまだ蕾でした)、それもで天気だけは良かったのでドライブのつもりで出かけた吉野山は茶店の側の山桜が1本だけ花を付けているだけだったので、山歩きだけをして戻ってきたのが、今年は丁度見頃だったので再挑戦。とても風情がありました。
■高速道路が近くまで開通していなかった頃は片道だけでも5時間は覚悟しなくてはならない道のりが、1時間半ほどに短縮。朝食後、思い立って出かけられても充分満喫できます。週末はどうだか分かりませんが、渋滞もなかったです。ただひとつ車で行かれる際のアドバイス。駐車場は確かにいっぱいですが、途中で誘導される臨時駐車場には入られないこと。料金の問題ではなく、かなり山道を歩かされます。今日はその臨時駐車場に誘導されて、山道をエッチラオッチラ。まあ、これも楽しいですが、その近辺を見終わってから、ドライブがてら山道を登ると「中千本公園」という広い駐車場があります。ここからなら、それほど険しい登り坂もなく、絶景スポットに到着できます。ただし、今回は途中で得た情報を元に奥千本まで走らせました。途中で迂回して、観光客が歩いている狭くて急勾配の下り坂の運転は腕に自信があれば殆ど歩く必要もなく、車窓からは絶景が眺められます。観光地での写真撮影は一切しない主義なので、他の人の写真を
■一日だけの春休み気分を堪能しました。

tree 続々と(2018.4.1)
■昨夜はメールで続々と卒園記念文集の原稿が届きました。園長という立場ではなかなか知られないそれぞれの園児のエピソードが拝読できました。ありがとうございました。4月10日までに版下完成のお知らせメールをお届けしますので必ずご確認下さい。
■開花が早かった分、もう散り始めています。その脇の銀杏に新芽が出ていました。そこで、今月のカットは年長児が4月に描いた木の絵を使いました。